今注目のニュース
犬だって寒かろう。靴と一体化して脚全体を覆う「犬用レギンス」が誕生していた(アメリカ)
香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例素案」、1日60分の制限対象が「スマホ等」から「コンピュータゲーム」に
コンビニコスメ「雪肌粋」に「ドラえもん」デザインが登場! ちょっとすまし顔のドラちゃんがキュート

長尾為景単語

ナガオタメカゲ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

長尾為景(?~1543)とは、越後の戦国大名であり、長尾晴景長尾景虎上杉謙信)のである。

越後守護代・弾正左衛門尉・六郎

概要

越後守護代(越後長尾氏府中長尾氏)の長尾の子として生まれる。

1506年、越中般若野での一向一との戦いで敗死したため、その後を継ぐ。の頃から越後守護である上杉氏と守護代である長尾氏は割と険悪な関係であったが、為景が督を継いだ翌年(1507年)、越後守護上杉との武衝突に及び、房は自。房の養子上杉定実を守護の地位に付けるが、これは為景による傀儡に過ぎなかった。

これで越後の実験を握ってヒャッハーする間もなく、自した上杉の実である関東管領上杉顕定リベンジにより為景は敗走。上杉定実と共に佐渡越中との説も)に逃亡し、潜む事になる。これで万事解決とは到底いかず、あれやこれやのゲリラ戦や内扇動など、謀略を尽くして顕定を翻弄。更に、当時は伊勢宗端(北条早雲)が伊豆下克上の烽火を挙げたのと同時期であり、関東にも火種を抱えていた顕定は越後も定できずにストレスマッハ徐々にそのを弱め、そのようなゴタゴタに乗じて為景は反撃を開始。得意の奇襲・伏兵によるゲリラ戦で顕定を破り、最後は北信濃人で為景の伯父高梨政盛が越後長原で敗死させた。

為景は前代未聞のダブルアサルト(守護と管領)を成し遂げ、ここに越後の下克上が成立したのある。その後も定実を擁立して自身は守護代として実験を握り、越後を支配した。が、戦国の常というか反為景の勢や、傀儡にされ続けるのを良しとしない定実の反抗や北越人揚北衆の対立などにより内情勢は芳しくなく、1536年に嫡子督を譲り隠居。その後も実権は握り続けていたが内を安定させることはできず、1542年ごろに病死した。

越後支配と中央権力

以上、ざっくりした経歴でわかるとおり、戦国時代における下克上を成し遂げたまさに筆頭であるが、その後も表向きは上杉定実を守護として擁立し、朝廷室町幕府にしばしば献等を行い、その権威を利用した。この辺りは大抵の戦国大名と同じとも思われるが、為景の場合は自身が(名上とはいえ)とならず、更に幕府だけでなく朝廷とも深く誼を通じていたのが他と少し違う。子の虎も同じように朝廷・幕府を(少なくとも表上は)敬っていた事を考えると、割と本気で忠義心、あるいは勤皇の志があったとも思える。

『天と地と』の被害者?

さて、この記事を見るぐらいの戦国時代マニアなら知っているかもしれないが、為景は音寺潮五郎小説と地と』の中で、末子の虎をいびりぬく酷い父親として書かれてしまっている。挙句に越中般若野で戦死扱いにまでされ(戦死したのはである)、ダーティーどころかな役となっている。まぁ、史実でもダブルアサルトを決めたわけだし、謀略にも長けていたからそういうイメージを持つのももっともではあるのだが。ちなみに、同小説では同じような被害者として脳筋強欲・好色・節操し・傲慢と、個人的な恨みでもあるのかと思うぐらい酷い扱いをされた柿崎景家がいる。

その他

信長の野望シリーズにおける長尾為景の力一覧。「信長の~」だと年代がすぎるからか、登場作品はかなりばらついている。

軍事 内政
戦国群雄伝 戦闘 政治 野望
武将風雲 戦闘 政治 野望 教養
覇王伝(PK) 采配 80 戦闘 97 智謀 46 政治 54 野望 78
天翔記 戦才 184(A) 智才 96(B) 政才 120(C) 84 野望 90
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 103 智謀 49 政治 65 野望 97
蒼天 統率 88 知略 33 政治 45
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 99 武勇 104 知略 37 政治 51
統率 99 武勇 104 知略 37 政治 51
創造(PK) 統率 86 武勇 86 知略 84 政治 66

上杉謙信父親という事も考慮されているのか、さすがの戦闘である。ただ、全体的に脳筋に近い数値となってしまっている。史実の動きを見る限り、猛将というよりは謀将っぽい気もするが…中央権と結んだ政治もあるし。

戦国大戦

「屍を乗り越え、進む先に勝利あり!」

Ver2.2の上杉にて参戦。武闘スペックの騎隊である。
計略は「二の奸雄」。撤退している上杉の味方の総コストが高い程上杉の味方の武を上げ、更に一定以上だと移動速度も上げる大名采配。ただし撤退している味方の復活までの時間が大幅に加算される。計略の性質上、部隊数も少なくなるため残す部隊を撤退させない運用が特に大事になる。 

同時期に登場した宇佐美定満の荘厳麗や、妻である虎御前の女虎の気品等を重ねるとある程度カバーできる。

なお1コストのみ撤退でも武上昇は均以上あるので理に速度上昇を狙わなくともいい。

関連項目

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2015/03/31(火) 20:40:43 ID: O8RtxJ1298

    戦国大戦ストーリーデビューおめでとう

  • 15ななしのよっしん

    2019/03/07(木) 09:24:28 ID: XcbmrWy9A8

    ノブヤボ大志ではまさかの知略90
    本作の知略は戦闘に関わる(合戦の防御)なので従来とは扱いが大きく違う
    それでも軍といわれる息子を上回り大台の90に届いたのは、彼の謀将としての評価かな

  • 16ななしのよっしん

    2019/04/04(木) 04:41:29 ID: P3lX+5JJNY

    が思う一番戦国武将っぽいのがこの人

    ・人を殺したり、利用する事を何とも思っていない
    ・しかし名誉欲が強く、尊王精も見え隠れする
    島津などをえる好戦さで、まるで日本人離れしている
    ・猛将ではあるが脳筋ではなく、ずるがしこい

    まさに

急上昇ワード

最終更新:2020/01/21(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/21(火) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP