今注目のニュース
自転車移動のイライラを解消?最新「電動キックボード」に乗ったら驚いた
石田ゆり子が“今年の漢字”発表「目覚めた」
ホントに浮いてるみたい! 「スター・ウォーズ」ルークの愛車「ランドスピーダー」を再現した猛者がすごい 鏡を使って本物っぽく魅せるスゴ技も

長期金利単語

チョウキキンリ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

長期金利とは、融業界の用で、償還期限までの期間が長い利の総称をさす。

1年以内の利を短期金利、1年をえる利を長期金利、といった具合に区別することが多い。

日本においては、日本政府が発行する10年物の日本国債の利回りが、長期金利の代表格とされる。
 

概要

日本政府国債を発行しているのだが、その中で最も発行量が多く中心的な存在とされているのが、10年物の固定利付債である。

10年物の固定利付債として発行された日本国債の利回りが、長期金利の代表格となる。

また、10年物日本国債の利回りが、民間銀行にとって長期の融資利を決めるときの基準になっている。最長で10年となっている自動車ローンを組むときや、25年~30年といった長期にわたる住宅ローンを組むときは、10年物日本国債の利回りを参考にして決めることになる。また、民間銀行は5年~10年といった長期の定期預を利用者に紹介しているが、そういう定期預利も10年物日本国債の利回りを参考にして決めている。

アメリカ合衆国においても事情は大体同じで、10年物の固定利付債として発行された米国債の利回りが、長期金利の代表格とされている。
 

長期金利の上昇という現象の意味

長期金利が上昇するという現の意味は、どういう意味か。

そのことを理解するには、固定利付債の項の『利回りの計算』という項を参考にしたい。国債が売られて価格が下がると、利回りが上昇するのである。
 

長期金利(国債の利回り)の上昇 長期金利(国債の利回り)の下落
国債の売買 国債が売られる 国債が買われる
現在か、将来か 現時点での利益を確定しようとする潮がある 将来の利益を信用・期待される潮がある
国債の価格 国債の価格が下がる 国債の価格が上がる
通貨に対する信用 「長期にわたってインフレが進みそうだ、通貨価値が下落し続けそうだ」と思われ、通貨の信用が弱い 「長期にわたってデフレが続きそうだ、通貨価値が上昇していく」と思われ、通貨の信用が強い
インフレの程度 インフレの進行が急で、10以上のギャロッピングインフレに突入するだろう」と思われている インフレの進行は緩やかで、2~3クリーピングインフレに収まるだろう」と思われている

 

日本国債は自通貨建て国債なので、債務不履行デフォルト)することなく、100%確実に返済される。そのため、『債券発行者に対する信用』はあまり重要にならない。

日本国債の利回りを決める最も大きな要因は、通貨に対する信用になる。インフレが進みそうだと市場関係者に思われたら利回りが上昇するし、デフレが続きそうだと思われたら利回りが下落する。しいインフレ(ギャロッピングインフレ)が続くと思われれば売りが殺到して利回りが上昇し、緩やかなインフレクリーピングインフレ)に収まると思われれば買いが入って利回りが下落する。
 

名目長期金利と実質長期金利

インフレ率を考慮しなければならない

長期金利はどれも年率に換算して表示されている。3利なら、年率3利という意味になり、100万貸し出しに対して3万円の利子が付くということになる。

ところが、通貨というのは価値が変動している。インフレ5で預貯1年利が3なら、これは預者が大損することになる。100万を預けた預者が1年後に103万円を手に入れても、インフレの影100万円から105万円に値上がりしてしまった。預者にとっては「1年前はを1台買えたのに、1年経ったらを買えなくなった」ということになる。

それゆえ、長期金利を考えるときは、名利だけではなく、実質利を考えねばならない。
  

実質長期金利の計算方法

実質長期金利は、次の式で計算できる。

実質長期金利()=名長期金利()-期待インフレ率(

 
長期金利が5だとする。現在から10年後までの10年間にわたってインフレ率が3で続くと期待されれば、実質長期金利は2%になる。

期待インフレ率を計算する標は、ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)exitとされる。
 

長短金利の逆転

長期金利は短期金利よりも高くなることが多い

ある銀行が、1年間の融資と、10年間の融資をするとする。その場合、利を高くすべきなのはどちらの融資になるだろうか。

答えは、当然ながら、10年間の融資のほうである。10年間の中で、どんなリスクが発生するか分からない。債務者が倒産するかもしれない。貸し出しの期間が長い方が、利を高く設定するのは当然である。

自動車ローン半年から10年まで様々なものがあるが、半年ローンの方が利が安く、10年ローンの方が利が高くなる。

短期金利と長期金利にも同じ関係が成り立つ。ほとんどの場合で、短期金利の方が長期金利よりも利が安くなる。
 

長短金利の逆転

ところが、ごくまれに、短期金利の方が長期金利よりも高くなる現が発生する。これを長短利の逆転とか逆イールドと呼ぶ。

アメリカ合衆国市場関係者の間では「長短利の逆転が起こった数年後に、大きな不況が訪れる」とり継がれている。2007年に長短利の逆転が発生したら、そのにはサブライムローン問題が発生し、2008年リーマンショックに発展した。

2019年8月に長短利の逆転が発生し、話題となった。NHKexitITMediaexitで特集が組まれている。
 

関連項目

関連コトバンク記事

関連Wikipedia記事

その他

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/13(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/13(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP