長浜市 単語

108件

ナガハマシ

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

長浜市とは、滋賀県の北東部に位置するである。

基本データ

概要

琵琶湖北部に位置する

浅井長政お市の方との悲劇の舞台としてられる小谷や、後に下人となる羽柴秀吉が最初に築いた居長浜下町として栄え、長浜後も、大通寺の門前町や北街道が通る琵琶湖運の要所として歴史的に長く発展してきた。

内の友は安土桃山時代よりの生産が盛んで、戦国時代の史跡が多数残ることから「戦国聖地」と呼ばれる。

現在機械工業や繊維業、プラスチック工業が盛ん。

農産物では小麦大豆が栽培されている。

長浜タワービルなどがある旧地は観光エリアへの再開発に成功し、多くの観光客で賑わう。旧地と新地が共存する稀有な例。

長浜は「観音の里」としても知られ、中世寺院絶後もその迫を逃れた観音像が大きな寺社の中ではなく、地域の暮らしに根付き、今なお住民たちによって大切に守られている。

特に有名な行事は4月長浜八幡宮で行われる奢な山子供歌舞伎などが見どころの「長浜まつり」と、9月伎多神社で行われる浦安の舞とモロコを奉納する「モロコ祭」。

ガラスショップ工房カフェなどが集積したクエアと呼ばれるエリア長浜観光玉の一つ。元銀行漆喰を塗り直したガラス館がその中心。

琵琶湖の北部にある、周囲約2kmの々が住まうとして古くから信仰の対となってきた。の中には都久夫須麻神社や宝厳寺などがあり、の史跡と名勝に定されている。

長浜バイオ大学ドームに開催される「びわ湖環境ビジネスメッセ」は、西日本で開催される環境系展示会としては最大規模の見本で、環境への負荷を考えた製品や技術が多数展示され、多くの人が足を運んでいたが、近年は出展企業が減り魅が落ちてしまい赤字記録するなどしたため、現在は休止中。

使い古された製の漁網を織物に作り直したことから生まれた「網織」や、農家の副業として作られてきた糸「特殊生糸」などの伝統工芸品がある。

カズとして食べられる「焼き鯖そうめん」や、打ち豆という大豆保存食を入れた「打ち豆汁」、とろみのあるあんが特徴の「のっぺいうどん」、の皮で包んだ「丁稚羊羹」、マガモを使用した「」などが代表的な郷土料理。それ以外にも「ずし」や「サラダパン」、「イタリアン焼きそば」など、大変名物が多い。

地の整備に成功した数少ないで、郊外も大手の商業施設が多く、歴史的な魅を損なうことなく利便性を高めた住みよいだと言える。

関連動画

関連静画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/21(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/21(日) 10:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP