長渕剛単語

ナガブチツヨシ

4.3千文字の記事
掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

長渕剛とは、日本歌手俳優である。

概要

1956年昭和31)9月7日生まれ、鹿児島県出身、Office REN所属。

妻は志穂美悦子exit

1977年シングル雨の嵐山exit』で歌手としてデビュー(※一般的には再デビュー1978年巡恋歌exit』を本格デビューとしている)『順子』、『杯』、『とんぼ』、『しゃぼん玉』、『しあわせになろうよ』などのヒット曲を持ち、また、俳優としては、『親子ゲームexit』、『とんぼexit』、『しゃぼん玉』、『オルゴールexit』、『ウォータームーン』、『英二』などのドラマ映画に出演。 ソロアーティストとしてアルバム初登場一位獲得数12作品、トータル売り上げ2000万枚を突破している。

代表曲の中でも特に有名なのが、披露宴などで歌われることの多い「杯」や、元プロ野球選手清原和博の登場テーマとしても使われていた「とんぼ」。清原引退試合ではゲスト出演し、生歌唱を披露した。

2011年4月16日東日本大震災被災地宮城県に訪れライブをした。航空自衛隊松島基地は被災地であり、自らが被災者である隊員もいた。

長女の長渕文音は女優として活動している。

【90年紅白事件について】

紅白で時間をオーバーしたと伝えられているが、実際には長渕剛はちゃんと定時ニュース前に歌い終わっており、時間をオーバーしていない。拠の動画も某サイトにはあがっている。

大物演歌歌手の圧マスコミも同調していたが、めて言おう。長渕剛は時間オーバーなどしてはいなかった。

人物

シンガーソングライターとしてのを歩むきっかけとなったのは、高校時代に生で観覧した吉田拓郎コンサートであった。これを吉田拓郎、更には加良や友部正人といった、当時売れっ子だったフォークシンガーexitの歌に傾倒していく事になる。大学進学後は洋楽も聴くが、基本的には1960~70年代の、日本フォークシンガーからのを強く受けている様である。

デビュー当初は痩身で長フォークシンガーというイメージで、長渕のデビュー当時はすでにフォークブームが過ぎた後であったため「遅れてきたフォーク青年」と呼ばれたりもした。透明と繊細なラブソングフィンガーピッキングによるアコースティックギターで、今とは違いかなり透き通った発で歌っていたが、自分自身の作りたい楽曲のイメージとの乖離に悩まされ、1980年代の半ばから発方法を変え、ロック色が強くなりサウンドにも現れたが、1980年代後半からは原点であるアコースティックに戻り、歌を披露する際には必ずガムを噛みながら歌っていた時期もあった。ボブ・ディランexitの歌への憧憬から、焼酎ルゴールexitの原液で何度もうがいをし、歌手の命でもある喉を焼き切った。しかし、それでも簡単には質は変わらなかった。長いライブ活動を続けていくうちに、透き通ったは消えうせ、しわがれたへと変わる歌唱法と楽曲のスタイルが培われた。そうした荒療治や歌唱法により、喉にポリープexitが出来ていることをインタビュー告白している。しかし、ポリープを除去すると質が変わると医師に宣告され、質を変えたくない長渕は、悩んだ末そのポリープを除去せぬまま今の質を保っているとっている。

使用ギターレコーディングではギブソンexit製(J-45J-200等)、ライブではタカミネexit製(NTP-012、TDP-512、TDP-515-6等)のエレアコをに使用する。エレクトリックギターは楽曲によってはライブでたまに使用する。「アコースティックギターは弾くものじゃなく、くもの」という持論を持っている。「く」といってもそれはあくまで「ギターを弾く強さ」を「く」と表現しているのであって、例えばニール・ヤングが見られる奏法の「家族」、ライブバージョンの「逆流」や「シリアス」等で、ギターの弦を弾(はじ)いた直後に、手の部分でブリッジ付近をくように弾く奏法の事を言っているわけではない。スタジオ録音作品はもちろんだが、ライブではいっそう、強いピッキングでかきむしるようなしいコードストロークが聴ける。使用ハーモニカブルースハープ)はTOMBOの「メジャーボーイ」。現在一般的なハーモニカホルダーの形(テンホールハーモニカ専用で、ハーモニカセットする部分が狭くなっている)は彼が考案したものとのこと。「特許をとっておけば良かった」と雑誌のインタビューった。

近年のライブにおいては、ほぼ全編を通して間奏部分での拳上げが行われる。また、サビの部分の歌唱を観客側にめられることも多い。「勇次」の曲中でクラッカーを鳴らすのが長渕ライブ風物詩でもある。ただし、基本的には火物でもあるクラッカーライブ会場に持ち込み禁止の場合が多く、見つかると会場スタッフに没収される。

-wikipediaより参照

不祥事

1995年大麻取締法違反容疑で逮捕されている。

これは警察覚せい剤取締法違反の容疑で長渕を宅捜索した際に大麻が発見されたことによるものであるが、このとき長渕は大麻の吸引を認めた一方で覚せい剤の使用については否定し、尿でも覚せい剤の反応は出なかった。

代表曲

ディスコグラフィー

シングル

  1. 嵐山(1977年2月25日)
  2. 歌(1978年10月5日)
  3. 俺らまで(1979年3月5日)
  4. 祈り(1979年7月5日)
  5. 待気流(1980年3月20日)
  6. 順子/セレナーデ(1980年6月5日)
  7. ヒロイン(1980年10月5日)
  8. 人(1981年5月5日)
  9. 二人歩記(1981年10月21日)
  10. いちもんめ(1982年4月21日)
  11. 人時代(1983年4月1日)
  12. GOOD-BYE青春(1983年9月1日)
  13. 孤独ハート(1984年3月21日)
  14. 久しぶりに泣いたんだ(1985年3月30日)
  15. 勇次(1985年7月22日)
  16. SUPER STAR(1986年7月2日)
  17. ろくなもんじゃねえ(1987年5月25日)
  18. 泣いてチンピラ(1987年9月16日)
  19. 杯(1988年2月5日)
  20. NEVER CHANGE(1988年5月25日)
  21. とんぼ(1988年10月26日)
  22. (1989年2月8日)
  23. しょっぱい三日月(1989年12月08日)
  24. JEEP(1990年7月25日)
  25. しゃぼん玉(1991年10月25日)
  26. 歌'92(1992年10月28日)
  27. RUN(1993年9月22日)
  28. 人間(1994年8月10日)
  29. 友よ(1995年10月4日)
  30. 傷まみれの青春(1996年4月30日)
  31. ひまわり(1997年7月2日)
  32. 指切りげんまん(1998年9月23日)
  33. 一匹、唄えば(1998年11月26日)
  34. セレナーデ(1999年12月22日)
  35. /SORA(2001年6月27日)
  36. 静かなるアフガン(2002年5月9日)
  37. しあわせになろうよ(2003年5月1日)
  38. 長渕剛 & All Cast feat. ZEEBRA/しあわせになろうよ'04(2004年5月12日)
  39. 色のライオン(2004年12月4日)
  40. CLOSE YOUR EYES/YAMATO(2005年8月24日)
  41. 太陽2006年11月15日)
  42. 卒業(2009年3月4日)
  43. semi(2009年7月29日)
  44. たちのニライカナイ(2010年8月11日)
  45. -KIZUNA-(2010年10月13日)
  46. TRY AGAIN for JAPAN(2011年9月7日)
  47. ひとつ(2012年2月1日)
  48. 未来(2013年5月22日)

アルバム

  1. は南から(1979年3月5日)
  2. 逆流(1979年11月5日)
  3. 杯(1980年9月5日)
  4. Bye Bye(1981年10月1日)
  5. 時代はらにを降らしてる(1982年9月1日)
  6. HEAVY GAUGE(1983年6月21日)
  7. HOLD YOUR LAST CHANCE(1984年8月18日)
  8. HUNGRY(1985年8月22日)
  9. STAY DREAM(1986年10月22日)
  10. LICENSE(1987年8月5日)
  11. 昭和(1989年3月25日)
  12. JEEP(1990年8月25日)
  13. JAPAN(1991年12月14日)
  14. Captain of the Ship(1993年11月1日)
  15. 家族(1996年1月1日)
  16. ふざけんじゃねぇ(1997年9月3日)
  17. SAMURAI(1998年10月14日)
  18. (2001年6月27日)
  19. Keep On Fighting(2003年5月14日)
  20. Come on Stand up!(2007年5月16日)
  21. FRIENDS(2009年8月12日)
  22. TRY AGAIN(2010年11月10日)
  23. Stay Alive(2012年5月16日)

ライブアルバム

  1. 長渕剛LIVE(1981年3月5日)
  2. SUPER LIVE IN 西武球場(1983年8月25日)
  3. 長渕剛LIVE'89(1990年2月21日)
  4. LIVE COMPLETE '95〜96(1996年10月25日)
  5. 長渕剛 ALL NIGHT LIVE IN 桜島 04.8.21(2004年11月20日)

セルフカバーアルバム

  1. NEVER CHANGE(1988年3月5日)
  2. ACOUSTIC 太陽(1999年12月22日)

ベストアルバム

  1. 人(1981年6月5日)
  2. FROM T.N.(1983年11月28日)
  3. LOVE SONGS(1986年5月1日)
  4. SINGLE COLLECTION(1988年12月4日)
  5. いつかの少年(1994年12月1日)
  6. SINGLES Vol.1 (1978〜1982)(1997年12月10日)
  7. SINGLES Vol.2 (1983〜1988)(1997年12月10日)
  8. SINGLES Vol.3 (1988〜1996)(1997年12月10日)
  9. BEST〜(2002年6月26日)
  10. BEST〜(2002年6月26日)
  11. YAMATO(2005年10月19日)
  12. LOVE(2008年5月14日)
  13. SONGS(2008年5月21日)

関連動画

関連商品

関連生放送

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 64ななしのよっしん

    2021/09/22(水) 09:20:17 ID: WCigweuWBE

    ギター上手いし、いい曲書くんだから、もっとそっちでPRすればいいと思うんだよな。
    わざわざチンピラ情を自分の売りにしてメディア展開したのはどうだったのかな。それがもの凄くうまくいったとも思えないし。

  • 65ななしのよっしん

    2022/01/02(日) 16:52:54 ID: bA+65QeEDJ

    つっても最近はだいぶ丸くなったと思う

  • 66 ななしのよっしん

    2022/01/04(火) 01:24:27 ID: lxE50oz32r

    マッドマックスメルギブソンイメージが被る
    任侠臭いのは嫌悪するがキャラとしては本当に面いし
    一人の人間像が年を経て相当変わっていくとこは
    興味深いデータだとは思う

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/28(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/28(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP