閃光(m:tg)単語

センコウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

閃光(m:tg)とは、花火のように一いたマジック:ザ・ギャザリングカードである。

概要

Flash / 閃光 (1)()

インスタント

あなたは、あなたの手札にあるクリーチャーカード1枚を戦場に出してもよい。そうした場合、あなたがそのマナコストを最大(2)まで減らして支払わないかぎり、それを生け贄にげる。

クリーチャーカードは自分のターン特定タイミングにしか戦場に出せない。
閃光》はクリーチャーカードを相手のターン戦闘中などの本来戦場に出せないタイミングで出す、
というのが本来の設計意図のカードである。

パーミッションなど打消し呪文を多用するデッキに対して使用するとかなりの嫌がらせになる。
相手から見ると、まず、《閃光》を打ち消さないと大クリーチャーの登場を許してしまう。
そして、すぐ返しのターンで大クリーチャー普通に唱えてくるのでこれも打ち消さないといけない。
1枚の大クリーチャーを抑えるために2枚の打ち消しを強いられてしまうのだ。

もちろん記事になるのは、そっちの使い方ではないのだが。

CIP能力とPIG能力

クリーチャーカードには「戦場に出たとき、○○する。」、「戦場から墓地に置かれたとき、○○する」というを持ったカードが存在する。
戦場に出たとき、○○する。」の俗称をCIP(Comes Into Play)[1][2]、「戦場から墓地に置かれたとき、○○する」の俗称をPIG(Put Into a Graveyard)[3]と言う。

閃光》で戦場に出したクリーチャーは維持コストを払わないと即座に墓地へ送られる。
そこで「2マナで手札にあるクリーチャーカードのCIP、PIGを使用できるインスタント」として悪用された。

パワーレベル・エラッタ

開発側としてはそんな邪な使いかたは認められず、「戦場に出ないまま墓地に送られる」ようにルールテキストを修正した。
これを「エラッタ」と言い、特にカードパワーを下げて禁止カード化を防ごうとするルールテキストの修正を「パワーレベルエラッタ」と言う。
この変更は「ウルザズ・デスティニー」が発売された頃(2000年)に行われた。

それから時が経ち、2006年頃から「パワーレベルエラッタ」は極元に戻していくようにルールテキストの修正方針が変更された。
修正とは言うが、「エラッタ」とは要するに「カードの書いてないルールによって、カードに書いてある効果とは別物になっている」のである。
元のテキストではゲームの根元から崩壊してしまうものならやむをえないが、「パワーレベルエラッタ」は「強すぎるから弱くした」というものであり、「エラッタ」の使い方としてはかなり問題があったためである。
パワーレベルエラッタ」を解除していく方針を発表したとき、 開発側は「これでもう一度ひどいことになったら、禁止カード、制限カード定する」と宣言した。
大惨事が心配される中多くのカードに設定された「パワーレベルエラッタ」は順次解除され、そのほとんどは特に問題を起こさず復帰していった。《閃光》は2007年4月に「パワーレベルエラッタ」が解除された。

 

 

 

そして、2007年6月20日レガシー禁止カード定、2008年6月20日ヴィンテージで制限カード定された。

閃光のように輝いて散る

閃光》の「パワーレベルエラッタ」が解除された頃、1枚のクリーチャーカードが登場した。

Protean Hulk / 変幻の大男 (5)()()

クリーチャービースト(Beast)

変幻の大男が死亡したとき、あなたのライブラリーから点数で見たマナコストの合計が6以下になるようにクリーチャーカードを望む枚数探し、それらを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

6/6

このカードによって、悪名高きハルクフラッシュが誕生したのである。MoMaの項に書かれている「MoMaよりヤバいデッキ」のひとつがこれである。

ハルクフラッシュは、《閃光》を唱えて《変幻の大男》を即座に墓地叩き込み、PIGで出てきたクリーチャーで即死させるデッキである。
呼び出すクリーチャーは何パターンかあるが、どれも1ターンキルが可、そして、安定して2-3ターンで決着できるような構成となっている。中には0ターンキル(後攻からスタートし、先攻側1ターンが終了する前に勝利する)が可な構成も存在した。

関連項目

脚注

  1. *現在ルールテキストだと(Enters the Battlefield)なのでEtBと言う人もいる。
  2. *昔のプレイヤーには187と言ったほうがとおりがいいかもしれない。
  3. *公式サイトなどではクリーチャー戦場から墓地に置かれたときのを「死亡誘発」と呼んでいる。
この記事を編集する

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2015/03/03(火) 00:45:43 ID: DVQuOIKbwv

    コンボは全体の5有れば十分
    ハルクフラッシュなんか文字通り何もできずにやられることがあるわけで悪すぎる
    コンボっていうのは弱点を抱えてなきゃいけないんだよ
    そうじゃないとゲームれるだけ

  • 10ななしのよっしん

    2017/09/11(月) 00:17:09 ID: e2GY5EOgFU

    初期投資の時点で半端なさすぎワロタ
    やっぱりガチmtg大富豪の遊びだな

  • 11ななしのよっしん

    2019/06/16(日) 23:59:48 ID: 3WGW+Xhqpq

    >>8
    すみませーん!
    良質なBlack Lotusを買おうとしたら門前払いされました!

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/26(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/26(土) 15:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP