単語

ウルウ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、において通常よりも数、日数、数が多いことである。

地球の自転、転、転周期をもとにしているが、それらを整数で表せないので、ズレを補正するために用いられる。

、閏日のある年を閏年という。

漢字として

Unicode
U+958F
JIS X 0213
1-17-28
部首
門部
画数
12画
Unicode
U+95A0
JIS X 0213
1-79-64
部首
門部
画数
13画
𥹿
Unicode
U+25E7F
部首
画数
13画
𨳝
Unicode
U+28CDD
部首
門部
画数
12画
Unicode
U+499E
部首
門部
画数
15画
Unicode
U+95F0
部首
门部
画数
7画
意味
うるう、余分な、正統でない。
説文解字・巻一〕に「分のなり。五に再び閏す」とある。古代中国の太陰だと5年に2回閏があることをいう。
字形
諸説ある。
説文〕はの会意とし「告朔の天子、宗に居り、閏、門中に居る。王、門中に在るにふ」と、告朔の礼を普段は宗で、閏には門中で行うことから門+王となると説明している。また〔周礼〕から「閏、王は門中に居ること終す」[1]引用する。
ほかにの形説などがある。
音訓
音読みジュン音)、訓読みは、うるう。
規格・区分
人名用漢字である。2004年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。
閏を符とする漢字には、などがある。
閏位・閏刑・閏

異体字

  • 閠は、〔広韻〕が本字とする字。〔正字通〕には「俗に玉にひて閠に作る」とある。JIS X 0213第二準。
  • 𥹿は、〔字彙補〕に「古閏字」とある異体字。
  • 𨳝は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。テイと読む同形の別字があり、それは䦐の異体字。
  • 䦞は、〔龕手鑑〕に「俗」とある異体字。
  • 簡体字は闰。

関連項目

脚注

  1. *現行のテキストでは「閏、詔王居門終
この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/28(水) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/28(水) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP