関東鉄道単語

カントウテツドウ

1.6千文字の記事
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

関東鉄道とは、茨城県鉄道路線やバス路線を展開する私鉄である。
略称は「かんてつ)」。

概要

茨城県内に鉄道路線を2路線保有している。かつては4路線保有しており、非電化の私鉄としては最大の規模を誇っていた。現在でも非電化にも関わらず一部複線区間を抱える異色な鉄道会社として鉄道ファンを中心に知られている。鉄道輸送のほか、バスタクシー・不動産などの事業も行っている。

関東鉄道の名は1965年6月1日の合併の際に誕生したもので、元々は路線ごとに別々のルーツを持つ鉄道会社だった。1979年4月1日に採算性の悪かった路線を子会社として分離し現在に至る。

関東鉄道の合併・分離図解
筑波鉄道 常総鉄道 鬼怒川砂利合資会社 竜崎鉄道 鹿島参宮鉄道
常総鉄道 竜崎鉄道
常総筑波鉄道 鹿島参宮鉄道
関東鉄道
筑波鉄道 関東鉄道 鹿島鉄道

保有路線(鉄道)

常総線

茨城県取手取手駅から西の下館までを結ぶ。取手駅から(みつかいどう)までは非電化でありながら複線区間となっている。高度経済成長期以降、沿線がベッドタウンとして注され人口が急増したためである。
ラッシュ時にはかなりの頻繁運転が行われているが、気象庁地磁気観測所(石)が直流電流の悪影を受けるという理由から電化することが出来ず、今に至っている。
以北は単線となり、ローカル線のムードが漂う。
かつては乗客の多くが終点取手駅常磐線乗り換えていたのだが、つくばエクスプレス開業後、都心へ向かう乗客が守谷駅TX乗り換えてしまうようになったため、守谷~取手間の利用客が減少している。

2015年9月10日茨城県栃木県を襲った集中のために常総内の鬼怒川が破し、線路設備等に多大な被害が及び運転できない状況が続いたが、同年11月16日に通常運転に戻った。

竜ケ崎線

竜崎鉄道が前身で、茨城県ケ崎佐貫駅ケ崎を結ぶ。全線非電化で単線だが行き違いを行うための設備はない。
佐貫駅常磐線と接続している。

過去の路線(鉄道)

筑波線

筑波鉄道が前身で、茨城県土浦市土浦駅から岩瀬を結んでいた。
土浦駅常磐線と、岩瀬水戸線と接続している。

筑波山麓を走る路線で常総線以上にローカル線の色が強い。
再び筑波鉄道として分離され、1987年4月1日止された。

鉾田線

鹿島参宮鉄道が前身で、茨城県石岡駅からを結んでいた。
石岡駅常磐線と接続しているが、大洗鹿島線の新から離れた場所に開業した。

参宮の名の通り鹿島宮までの延伸が構想されていたが未成線に終わった。
鹿島鉄道として分離され、2007年4月1日止された。

バス事業

関鉄バスの記事を参照されたし。

つくばエクスプレス開業後の影響

上述の通り、常総線利用者の多くが守谷駅TX乗り換えてしまうようになったため、常総線全体の収益に少なからぬ悪影を与えている。
しかも、その影鉄道事業だけに留まらず、バス事業にも深刻な影を及ぼしている。
かつて茨城県内と都心を結ぶ高速バスドル箱路線であったが、TX開業により所要時間と定時性に劣る高速バスく間に劣勢に追いやられてしまったのである。
その余波は思いもよらぬ形で現れる。関東鉄道は収益悪化を理由に、連結子会社である鹿島鉄道への支援を打ち切ると発表したのである。そして鹿島鉄道は、2007年4月1日についに廃線に追い込まれてしまった。

とはいえ関側も何の対策も行っていないわけではなく、本業ではない不動産事業において、茨城県内のTX沿線を中心とした宅地開発を積極的に行うなど、部分的にはTXと協調している面もある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/27(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/27(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP