闇に堕ちろ、キラ・ヤマト 単語

ヤミニオチロキラヤマト

3.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

闇に堕ちろ、キラ・ヤマトとは、劇場版アニメ作品"機動戦士ガンダムSEED FREEDOM"の台詞である。

概要

放映に先駆けて配信されたPVの中で登場する台詞映像ではこの台詞と共にキラ・ヤマトの背後に何者かの両が浮かぶカットや、ライジングフリーダムブラックナイトスコードに屠られるシーンが流れている。その緊迫感溢れるシーン中二病感に満ちたこの台詞によって、ファンの期待は否応にも高まった。

この台詞の意図やその後キラがどうなってしまうのかは、ぜひ劇場機動戦士ガンダムSEED FREEDOMを観てそので確かめて欲しい。

劇場版の新キャラクター グリフィン・アルバレスト台詞

C.E.75―平和になりつつある世界だったが、ミケール大佐率いるブルーコスモス残党が抵抗を続けており、ラクス・クラインが総帥を務める世界平和監視機構コンパスはその対処に追われていた。そんな中、新興国ファウンデーションコンパスユーシア連合と協するミケール捕獲作戦を提案。ユーシア側の界線を決してえないという協定を結んだうえで、キラたちはファウンデーション兵士 シュラ・サーペンタイングリフィンらと共に作戦を開始する。だがこれはファウンデーションの仕組んだだった。シュラグリフィンたちはコーディネイターをえる種 アコードとして「相手の心を読む」「他者の精に干渉する」を付与されて生まれてきた存在であり、グリフィンはそのキラの精に働きかける―――。

闇に堕ちろ、キラ・ヤマト――

直後キラ視線ジャックされ、はるか遠くにいたミケール大佐に誘導される。「いちく戦いを終結させたい」という焦りを利用されたキラは取り憑かれたようにミケールを追い、ユーシア側のエリアに侵入。驚いたユーシア側はファウンデーションコンパスがあらかじめ仕組んでいた筋書きだと疑いはじめ、部も前線も大混乱。見かねた(フリの)ファウンデーション宰相オルフェ・ラム・タオは実行使でキラを止めることを提案し、ラクスはの末不承不承これを承諾。その会話を聞いたキラは「ラクスに裏切られた」と動揺、そんなキラブラックナイトたちが襲う。キラに協定を破らせ、ユーシアに自を攻撃させることで反撃の口実を作り、避難という形でラクスを確保し残りの当事者は消す―というのがファウンデーション側のシナリオだったのだ。傷心のキラライジングフリーダムは、ブラックナイトたちとコンパスを裏切ったアグネス・ギーベンラートによって撃破されてしまうが―――。

なんとか生き延び、ラクス救出のために動き出したキラたち。しかしアコードの読心と精干渉が強なことには変わりない。だがシン・アスカアスラン・ザラは意外な方法でこれを跳ね除けて見せる。

シン・アスカの場合

戦艦ミレニアムを護衛するシン・アスカブラックナイトたちが襲いかかる。だが、シンSEED覚醒(種割れ)により無我の境地のような状態になり、読心を効化してみせる

思考が読めない!?」「コイツ考えていないのか!?

獅子奮の戦いを繰り広げるシンに押されるブラックナイトたち四人はそれぞれの精リンクさせて、キラの時と同様に闇に落とそうと精に干渉する。するとシンの心の底からステラ・ルーシェが飛び出し、悪夢となってブラックナイトを襲う

コイツの闇は」「深すぎるッ!?

家族する人も友も失い、世界の敵になりかけた男の闇を覗こうなど自殺行為にも等しいのだった。さらにリデラード・トラドールヒルダ・ハーケンに撃破された際の彼女の悲鳴が他三人にも伝播し混乱し始める始末。心が読めるといってもリスクもあるし万というわけでもない、それなりの技量や工夫が必要なようである。

アスラン・ザラの場合

シュラストライクフリーダム弐式を迎撃する。キラを仕留めそこねてしまったシュラは、戦士として正々堂々リベンジするため、あえて読心を使わずに戦闘を開始。その結果、相手がキラではなくアスランだということに気付かず時間を浪費してしまう。幸いアスランの戦い方を研究していたシュラは相手がアスランだと勘付くことができたが、アスランは小馬鹿にしたように

「心が読めるんじゃなかったのか? 使えないな」

と煽るこれにキレたシュラは戦いに中になってしまい、その裏でキラはラクスの奪還に成功する。その後、ズゴック乗り換えアスランと再戦。もうあとがないシュラは今度こそ読心でアスランの動きを読もうとするが、アスランするカガリ・ユラ・アスハ全裸を思い浮かべて対抗な戦いを破廉恥な妄想で汚されたシュラは動揺し昂。その後再び読心で動きを見切ろうとするが、インフィニットジャスティス弐式は予測とは違う動きで回避。実はカガリが地上からリモートインフィニットジャスティス弐式を操作しており、アスランの心を読んだところで意味がなかったのだ。結局、読心を逆に利用した精神攻撃で揺さぶられ、シュラは苦戦を強いられる。

この台詞の持つ意味

この台詞が示す「闇に堕とす」とは、相手の精に干渉してネガティブな感情や記憶を探って刺し、ある種の洗脳状態にすることをす。闇とはつまり心の闇であり、よくある「悪に染まった、悪人になった」という「闇堕ち」とはニュアンスが異なる。
キラの場合は、こので「ミケールを捕縛してはやく戦いを終わらせなければならない」という強迫観念のようなものを呼び起こし、彼を暴走へと導いた。なお、小説版によればキラの見ていたミケールは幻覚であり、本物は元々コンパスが狙っていた古に潜んでいたとされる(その後、核に巻き込まれ死亡)。

全体としては相手の心を読む、こちらの意図を伝える、前述の闇に堕とすといずれも強で、今回のキラのようにあたかもキラ自身が間違いを犯しているように仕向けることも可な極めて強で危険なスキルである。複数のアコード同士で互いの意思をリンクさせた、まさに以心伝心の連携も可である。

一方でシンのように心を読ませないことで優位性を崩したり、アスランのように相手を動揺させることを考えたり他者に行動を託すことで逆に惑わすこともできる。を持っていようが、相手の精を揺さぶることで動揺を誘われたりするのはアコードとはいえ普通人間と変わらない。複数人での精リンクも強だが、一人の感情で連携が崩れるという足の引っり合いも起こる。いかにアコードが優れた才(読心と精干渉などを含む)を持っていても、シンアスランのように経験や工夫で覆すことができるし、使い手の精が脆ければいとも容易く敗北しうるということだろう。当初はイキりまくってたブラックナイトたちが、読心&精干渉を破られた途端慌てふためく様子はもはやギャグであり、この台詞は一連の流れを表すネタ台詞として視聴者しまれるようになった。そもそもグリフィンは基本的にチンピラ染みた言動のキャラであり、この気取った台詞グリフィンのものということ自体に驚く視聴者もいた。

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP