今注目のニュース
輝夜月 ×「日清焼そばU.F.O.」で宇宙へ! ギネス世界記録を目指す“世界最高高度からの生配信”が6月24日に実施
唐辛子とみせかけてハブ対マングース!? ズームすると見え方が変わる柄イラストがシュールでかわいい
行列のできるトイレに現れた親子 「前のほうに並ぶ女性にしたお願い」に賛否

阪急ブレーブス単語

ハンキュウブレーブス

掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

阪急ブレーブスとは、かつて存在したプロ野球の球団。

現在オリックス・バファローズの前身であるオリックス・ブルーウェーブの前身球団にあたる。

この項では「阪急軍」として結成された1936年から、オリエント・リース(現 オリックス)に身売りされる1988年までについて記述する。

概要

親会社は阪急電鉄1936年から1988年まで存在した。本拠地は西宮球場

梶本隆夫米田哲也、次いで山田久志福本豊など球史に残る大選手を多数擁し、60年代後半から70年代パ・リーグ金時代を築き上げたチームでも人気はかった。88年にオリエント・リースに売却され、オリックスブレーブスとなる。それ以降の歴史オリックス・ブルーウェーブオリックス・バファローズの項を参照。

チームカラーえんじ色マスコットは「ブレービー」。リーグ優勝10回、日本一3回。

2011年5月7日オリックス・バファローズ千葉ロッテマリーンズ戦で「LEGEND of Bs70'S~」と銘打って阪急ユニフォーム23年ぶりに復刻した。

2015年オフに現役最後の阪急戦士である中嶋聡引退し、現役選手で阪急在籍歴のある選手はいなくなった。

歴史

1936年、阪神電鉄大阪タイガースに対抗する形で、阪急職業野球として結成。通称は「阪急軍」。ちなみに通称に企業名を冠した最初のプロ野球チームである。1937年から本拠地を西宮球場に定め、戦前は優勝こそ出来なかったが巨人阪神に次ぐ3位前後に安定して位置するそこそこの強チームだった。

戦後、1947年に一だけ「阪急ベアーズ」となるが、すぐに「阪急ブレーブス」に名。セ・パ分裂の際にはパ・リーグに回るが、そのどさくさに選手を大量に引き抜かれ低迷。50年代後半は梶本隆夫米田哲也ロベルトバルボンなどが現れるが4位前後をうろうろしていた。

63年、西本幸雄監督が就任。梶本・米田の両エースに加え、長池徳士やダリル・スペンサーらが加わり、1967年からパ・リーグ3連覇。それまでパの最強球団だった南海ホークスの凋落とともに、阪急時代が始まる。68年の「史上前の大豊作ドラフト」では山田久志加藤英司福本豊の3人を獲得し、70年代までは圧倒的な強さを誇った。が、ちょうど読売ジャイアンツV9時代と重なっていたため日本シリーズでは何度挑んでも巨人に敗れ続ける。

74年から上田利治監督となり、75年に悲願の日本一を達成すると、77年まで日本シリーズ3連覇を成し遂げ「王者ブレーブス」と呼ばれた。しかし当時のパ全体に言えることだが、どれだけ勝ってもチームの人気は上がらず、日本シリーズ以外では西宮球場ガラガラだった。1978年にはヤクルトとの日本シリーズ大杉勝男本塁打をめぐり上田監督が1時間をえる抗議を行い、結局4連覇を逃して上田監督は辞任する。

80年代に入ると金時代のが衰え、西武ライオンズ金時代を迎えたためAクラスとBクラスを行ったり来たりするようになる。福本豊と競走させたりと話題作りに精を出すも、長年の不人気で経営状態は悪化しきっており、84年にブーマー・ウェルズ三冠王などで優勝したのが最後の優勝となった。

1988年10月19日川崎球場近鉄バファローズロッテオリオンズの球史に残るダブルヘッダー、いわゆる「10.19」が行われたその日、阪急はオリエント・リースへの球団売却を発表。同年ダイエーに身売りした南海ホークスとともに、パ・リーグ金時代を築いた関西の2球団が消え去った動の年だった。

大百科に記事のある阪急戦士

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 8名無し

    2017/12/20(水) 09:33:49 ID: 9xTha/jNJT

    たまらないね

  • 9ななしのよっしん

    2019/04/17(水) 22:26:41 ID: LRo7eXIBM3

    このチームの最大の不幸黄金期に突入した時期が丁度
    パリーグ最悪の暗期だった事につきるよね・・・
    阪神と同じ都市を本拠地にして食い合ってしまったのもあるが

  • 10ななしのよっしん

    2019/06/09(日) 22:57:32 ID: YpHGfmUg2x

    ウチの親父によれば、選手達の職人気質が阪急不人気の理由のひとつとして見ている。
    勝利至上義過ぎて、プロ野球行だという意識が低く、お客さんに想な選手が多かったらしい。
    長嶋はお客さんに喜んでもらう事を大切にしてたからスターだったんだし、あの野村ですらプロ野球は客商売と考えた上で話題づくりを考えてたみたいなので、そういう意識が阪急に強ければもう少し違う未来があったのかもしれない。
    一応、福本盗塁を決める事でお客さんに喜んでもらう事を考えてはみたいだけど、彼が口下手で不器用だったのも阪急には不運だった。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP