阪本敏三 単語

サカモトトシゾウ

1.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

阪本敏三(さかもと としぞう)とは、プロ野球選手である。故人。

概要

1943年7月13日生まれ。京都府京都市出身。

高等学校に進学。3年時に春の甲子園大会ショートとして出場し、準決勝まで勝ち進むも柴田勲村上雅則らを擁する法政二高相手に敗れている。

卒業後は立命館大学に進学。在学4年間で3度のリーグ優勝を経験し、全日大学野球選手権では準優勝に大きく貢献。個人成績でもリーグ記録の60盗塁記録し、7季連続で盗塁王を獲得するなど持ち前の走を遺憾なく発揮した。卒業後、東映フライヤーズからドラフト5位で名されたが入団しなかった。

卒業後は河合楽器に入社。同僚には後にプロ入りし新人王を獲得する武上四郎がいた。1966年都市対抗野球大会に出場したが、1回戦で敗退している。1966年第2次ドラフト会議にてドラフト5位で阪急ブレーブス名され入団。

初年度の1967年プロ入り初安打本塁打記録すると、5月下旬頃からショートレギュラーの座を奪い、打率.272、9本塁打マーク。球団初優勝に貢献した。

1968年、50盗塁記録盗塁王争いに絡むと、打撃の面では初めて規定打席に到達、パ・リーグ9位の打率.278マーク。また、ベストナインにも選出され、この年以降1971年まで4年連続でベストナインに選出された。

1969年、47盗塁盗塁王タイトルを獲得。また、打撃でも13本塁打を放ち自身初の二桁本塁打記録した。

1971年打率.282、15本塁打、56打点、15本塁打、23犠打マークリーグ制覇に貢献。しかし、守備面を重視する首は守備の堅さに定評のあった大橋穣の獲得を望み、その大橋とのトレードで東映フライヤーズへ移籍することになった。

東映ではチャンスメーカーとして活躍。1972年オールスターゲームに出場すると、第2戦では堀内恒夫から本塁打を放ちオールスターゲームMVPに選出されてている。

1976年永淵洋三らとのトレードで近鉄バファローズへ移籍。

近鉄では1976年108試合に出場し打率.2551977年には93試合で打率.288、16盗塁記録するなどまずまずの成績を残したが、次第に出場機会を失い、1979年南海ホークスへ移籍。

南海では代打指名打者として起用され、移籍初年度は打率.311記録するなど活躍した。

1980年からはコーチを兼任。3シーズンぶりの本塁打を含む2本塁打を放ち、打率も.269をマーク

翌年も現役を続けるかと思われたが、1981年開幕前に現役を引退

引退後は解説者としての活動を経て近鉄コーチ復帰。10年以上その任を務めた後フロント入りし、育成部門や編成部、球団寮の寮監などを歴任した。また、京都府K-Ball少年野球連盟の常務理事を務めるなど、後進の導にもを入れていた。

晩年は車椅子生活を強いられていたという。

2022年3月22日パーキンソン病のため死去。享年78歳。

人物・エピソード

持ち前の俊足と堅い守備で勝利に貢献したいぶし銀。足だけでなく5度の二桁本塁打記録した打撃や、188連続守備機会失策など走攻守三拍子った選手であった。

1968年から1971年にかけて日本シリーズ12試合連続得点というしい記録も持っている。

通算成績

打撃成績

通算:14年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 1447 5407 4796 649 1303 97 449 243 144 29 406 32 355 83 .272 .331

獲得タイトル・表彰

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
壱百満天原サロメ[単語]

提供: うごくみそ汁

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP