阿蘇山単語

アソサン

1.1千文字の記事
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
あそさん
阿蘇山
Mt. Aso
基本情報
標高 1,592m
所在 熊本県
 
 高森
 南
山系 カルデラ火山
種類 成層火山
火山ランク ランクA
噴火レベル 3(入山規制)
登山適期 5月上旬~10月下旬
特記事項
テンプレート

阿蘇山とは、熊本県地方にある山。日本110座ある活火山の1つである。

概要

「火の熊本県シンボル的な存在の山。標高が語呂合わせで「ひごくに(肥後)」と覚えることが出来る。

過去の大規模な噴火によって形成されたカルデラが有名。外輪山は南北25km、東西18kmに渡り、内では北海道の屈斜路カルデラに次いで2番に大きい。カルデラの内側には地が広がり、道路鉄道が通っている様子は世界的にしいという。

東西に並ぶ中央火口丘群の根子岳(1,408m)、高岳(最高峰)、中岳(1,506m)、杵岳(1,270m)、帽子岳(1,337m)を五岳と呼ぶ。このうち、現在活発な火山活動を行っているのは中岳で、数年おきに噴火が発生している。

噴火の歴史

600万年前から活動が始まったとされている。このうち、約27~9万年前までに4回の大規模噴火が発生している。

特に、約9万年前に発生した噴火では、火砕流が九州全域から山口県にまで及び、火山朝鮮半島北海道まで達した。これらの大規模噴火によって現在カルデラが形成された。

有史以降も噴火継続している。最新の噴火2016年に発生し、熊本県大分県をはじめ、を越えた愛媛県など広い範囲で降が見られた。

登山コース

活発な活動を続ける火山であるため、常に最新の情報を確認する必要がある。

また、2016年熊本地震および豪雨災害で通行できないルートが存在する。詳しくはこちらexit

登山 起点 距離 時間(安) 難易度 備考
仙酔峡コース 仙酔峡 2.3km 登り:2時
下り:1.5時
初級 仙酔尾根は高低差、距離ともに最小
火口東方面は規制がかかることも
千里コース 阿蘇山西 4.3km 登り:2時
下り:1.5時
初級 カルデラ雄大色が楽しめる
難所もなく歩きやすい
日ノ尾コース 日ノ尾登山 3.5km 登り:3時
下り:2時
初級 東麓の尾根ルート
崩落地や急坂がある他は難所もない
行儀コース 牧野登山 4.6km 登り:4時
下り:3.5時
中級 南麓から砂千里へ至るルート
登山の整備状況はやや悪い

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/08(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/08(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP