今注目のニュース
めっちゃSF!アンダーアーマーが作ったヴァージンギャラクティック用の宇宙服
宮下草薙の草薙、キレるアルピー平子の“クスリ”疑う
会社員の27%「地方転勤なら辞める」退職情報サイト調べ

隋王朝単語

ズイオウチョウ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

隋王朝とは、581~617年にあった中国の王朝である。

概要

楊堅が北周から皇位を譲り受けた581年から、淵の即位による唐の成立617年まで中国で成立した王

日本史では先進国であったこのに遣隋使を送り、大陸で学んだ学者たちは日本政治に大きな影を与えた。聖徳太子小野妹子派遣して「日出ずるところの〜」の書簡で煬帝を怒らせたエピソード余りに有名だろう。

建国と中華統一

時は南北朝時代581年、北で元近衛軍の官かつ外戚であった楊堅が、9歳の幼い静から皇帝の位を譲りうけ文として即位した。文の建てたこの新しい王が隋である。

隋王朝をひらいた楊堅は古い長安(西安)の東南の地に新しい都を建設してと名付けた。楊堅は大に自らが政治を執る大極殿と、そこからまっすぐ南に伸びる朱雀大路。さらに仏教道教のお寺などを作った。また以後、清代まで続く中国の伝統的官吏登用テスト科挙もこの時代に始まった。それまでは特別な柄や高い身分のに産まれた人しか高級官吏にはなれなかったが、これにより少なくとも建前上は広い人々が出世の機会が得られるようになった。しかし、実際は門閥貴族が依然大きく、科挙による新官吏は勢を抑えられていた。文は農民に土地を貸し、その見返りとして租庸調などの税を課す均田制や、均田を借り受けるかわりに兵役を義務づけた府兵制を取り入れ政治革も進めた。

から7年後、内の安定を確認した楊堅はいよいよ南北統一に乗り出す。楊堅の子で当時20歳になっていた広(後の煬帝)は南の王、陳を討伐する総司令官に任命され588年、50万余の大軍をひきいて江南に出発した。翌年には長江の北から軍船に乗り込み、陳の都、建康に進軍。愛人を囲うなど贅沢をしていた陳の叔宝を降伏させて陳を滅ぼした。これにより中国は実に(南最初の王)以来170年ぶり、西滅亡以来約250年ぶりに統一された。

戦いに勝利した広は意気揚々と凱旋し熱狂的歓迎を受けるも、である皇太子勇から疎まれてしまった。そこで広は、質素な生活を好むの文の独孤皇后に、勇のぜいたくで淫らな生活ぶりを伝え、更には謀反のうわさを流して皇太子の座を奪取した。広は604年にはの文を謀殺し、隋の二代皇帝煬帝となった。

煬帝の治世

皇帝となった煬帝はまず陽に新しく都を建設し、更に永済渠、通済渠、江南河などの大運河の建設を開始した。運河の工事には中国全土から100万人の人々を動員したと言われる。当時の隋の人口が4600万人と言われるので、100万人がどれだけ凄まじい数かが分かるだろう。運河は万里の長城とならぶ中国の二代土木事業と呼ばれ、経済や文化交流などの面で大きな役割を果たしたが、他に煬帝示した万里の長城の修復工事や、ぜいたくな離宮、まだ動く宮殿と呼ばれた巨大船などの工事と合わさって、負担は人民に重くのしかかった。

607年煬帝は新しい法律、大業を発布し、国家としての基礎を固めた。とは刑法典、とは民法典で、政治経済法などの国家の法体系のことである。

同年には倭から小野妹子が渡してきて、有名は日出ずるの親書に激怒するも結局煬帝裴世清(はいせいせい)に小野妹子日本まで送らせた。余り有名ではないが、この時に小野妹子は隋の書をなくしてしまっている。一時は刑を受けるも済で奪われたものとして小野妹子の罪は許されたが、実際のなくした(奪われた?)理由については未だ分かっていない。これ以降も倭は遣隋使を続け、608年には高向玄理(さかむこのくろまろ)ら4人の留学生と、僧の(みん)や南淵請安(みなみぶちのしょうあん)ら4人の学問僧が渡してきた。これらの遣隋使や、後の遣唐使により大陸の文化や政治の仕組みが日本に伝わり、やがておこ大化の改新などに影を与えていった。

610年には陽で際見本のようなお祭りがひらかれて、中央アジア南アジアからしい産物がたくさん運ばれてきた。しかしその一方で朝鮮半島の高句麗だけはいまだ隋に従わず煬帝をいらつかせた。煬帝はとうとう高句麗遠征を決意するが、これが隋王朝の命運を決めることになった。

滅亡

612年、煬帝は大軍を率いて高句麗征伐に出立する。高句麗軍は支文徳(いつしぶんとく)将軍が守る堅で隋の大軍を迎え撃ち、これを撃破した、煬帝は別働隊で高句麗の首都平壌を攻めさせるもこちらも敗北。高句麗ではの大捷(大勝の意)と呼ばれるこの戦いで隋軍は何十万もの将兵を失うこととなった。

翌年煬帝は再び高句麗遠征を敢行。東軍を包囲するも本玄感が反乱を起こし、陽が占拠されてしまうという事態が発生した。煬帝はただちに引き返してこれを鎮圧するも、軍は疲弊し、続く614年の第4回高句麗遠征では全く戦果をあげることができず、華北江南で農民の反乱が発生したこともあって失敗におわった。この農民反乱には政府軍や幹部も加わっていたとされる。

煬帝は気分転換に皇太子侑を残して江都に向かったが、長安で煬帝が信頼していた従兄弟が反乱を起こしてしまう。617年、長安に血入場した淵は煬帝の孫でわずか13歳の侑を即位させ、三代目皇帝、恭とした。煬帝の命運はここに尽き、近衛隊長文化及に殺されてしまった。煬帝が死んだことをしった淵は恭から皇位を譲り受け、ここに隋は滅び、唐王朝が誕生した。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/11/01(木) 15:04:49 ID: dyCvPAIB+g

    陰謀で二代が決まった・その二代の時代にが大きく傾いた
    ・跡を継いだ王は長生きした、などいろいろな意味でと共通点が多い。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP