隙を生じぬ二段構え 単語

836件

スキヲショウジヌニダンガマエ

1.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

隙を生じぬ二段構えとは、一撃の隙を補う二撃までがセットになっていること、及びそれを表すタグである。

更には漫画るろうに剣心」に出て来る架剣術飛天御剣流」の抜術の特徴である。

概要

由来となる飛天御剣流の抜術は、「一撃を回避されても二撃を当てることができる攻撃」である。

ここから、そのように「一撃を回避されても(あるいは回避されることが前提の囮)二撃を当てることができる攻撃」や「一撃クリアしてプレイヤーが安心(油断)した所に、すかさず二撃が飛んでくるような初見殺しゲーム」、「一撃オチでの腹筋崩壊を回避されても二撃オチを放つ動画」などに付けられる。

なお一撃が当たってしまった場合は、二撃とっておきのダメ押しというやつになる気もするが、気にしないように。

概要

超神速の抜術!
そして!!飛天御剣流の抜術は全て
隙を生じぬ二段構え!!!

漫画るろうに剣心」に登場する架剣術飛天御剣流」における抜術の特徴である。

飛天御剣流及びその抜術自体は主人公緋村剣心が作中序盤から使用しているが、上記のように「隙を生じぬ二段構え」と明記されたのは原作十七巻での志々雄真実との対決三度(習得の際を含めれば四度)のを放った場面である。

この記述通りだとに限らず全ての飛天御剣流の抜術が「隙を生じぬ二段構え」になっているはずだが、作中でそれら全てに解説があるわけではいので詳細はやや曖昧である。

 とは言っても作中で登場した飛天御剣流の抜術自体が三つほどしかない。まず義「」、鵜堂刃衛戦と追憶編で使った「双」及び比古清十郎剣心の実確認で放った生技の「」、雷十太先生戦および十本狩り戦で使った「飛龍」である。 

まずだが、剣心を授けた彼の師匠比古清十郎は下記のように説明している。

案ずる必要はない が授けた「」は不敗の
けるの牙をかわしたところで吹き荒れるに体の自由を奪われによって引き裂かれる

その言葉通り、は一撃を回避してもそのあまりの速度により前方の間の大気が弾けて真空が発生し敵の身体の自由を奪う。そして使用者はそのまま一回転し遠心力と更なる踏み込みを加えることで一撃よりも威を増した二撃を放つことが出来る。

 双およびは、帯からを外して抜術を行う(を知る者は帯から外した時点で発動を悟れる)。
は通常の抜術を放ち、それが万一がれた場合や追撃が必要な場合、すぐさま打ちで二段を放つという二段構えの技。
は、抜術と見せかけた打ちを防がせて体勢を崩し、抜してによる攻撃を行う二段構えの技となっている。

 飛龍はそもそも特殊な技。京都蒼紫戦では飛術ともられているとおり、体の捻りと回転の遠心力を加えて抜し、そのものを弾き飛ばして柄をぶつけるという飛び道具技である。人誅編までの作中で使用された二度ともに初段の抜術部分しか使用していないため、二段の全容は不明。一度雷十太の額を割って倒させてほぼ決着となったため追撃は不要であり、落ちたゆっくりと拾っていたのも理はない。だが二度は、の攻撃が非戦闘員青空に向けられた時に薄太刀狙撃して止めるために使っており、は倒れておらず、しかも飛龍で攻撃を止められた後に振り向いて気づいたほどに余裕があった。追撃があるなら発動すべき場面のはず。
追撃があるとすれば、で行うか飛ばしたが跳ね返ったところを回収して行うのだろうか。そもそもこれ本当に抜術か? 
戦で追撃を見せなかった理由は、当時は作者が考えていなかったというものを除けばが折れていたことがしていると考えられる。だとすれば、やはり飛龍で飛ばしたが当たったのを確認してから急接近し、跳ね返ったを回収して追撃を加えるのかもしれない。

その他にも「」という「納術」なる技もあるが、これは抜術ではない上そのまま抜術に繋ぐことも容易なので問題ないだろう。

因みに一撃が当たったら追撃はしません。死体蹴りはダメ、絶対

九頭龍は?

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/25(土) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/25(土) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP