隻眼 単語

19件

セキガン

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

隻眼(せきがん)とは、片方のが機を失っている状態のこと。独眼とも呼ばれる。「隻」とはのように二つ一組のものの片方を表す言葉であり、腕であれば「隻腕」、脚であれば「隻脚」となる。

概要

的な障害によるもの、病気や負傷による後的なものに分かれる。フィクション世界では片を失っても以前と変わりなく活動するキャラクターに付くが、現実では残ったもう片方のに大きな負担がかかることなどから、そちらにも何らかのを及ぼすことが多いようである。

アニメ漫画においてはかっこよさを表すための手段として隻眼が使われることがある。当然女性でも隻眼のキャラクターはいるが、総じて強さやかっこよさを前面に出したキャラであることが多い。

隻眼となった人間がそれを周囲に悟られにくくするための手段として義眼がある。また義眼のほかにも眼帯サングラスなどを使用することもある。

主な隻眼のキャラクター

実在の隻眼の人物

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/17(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/17(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP