雨宮慶太 単語

268件

アメミヤケイタ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

雨宮慶太とは、日本デザイナーイラストレーター映画監督である。有限会社クラウド代表。

来歴

1959年千葉県浦安市(当時は東葛飾浦安町)生まれ。幼少期より特撮が好きで、特に『仮面ライダー』については少年仮面ライダー隊の隊員番号2番を持つほどの熱ファンであった。

1978年佐ヶ美術専門学校入学。同校卒業後の1981年にデン・フィルムエフェクトに入社。その後1983年有限会社クラウドを立ち上げ、独立する。

デザイナーとしてのデビュー作は1985年の『巨獣特捜ジャスピオン』。翌年の『時空戦士スピルバン』にてメインキャラデザイナーを手がける。以後も数多くの特撮作品にてキャラデザインを手がけ、そのを受けたデザイナーも多い。

映画監督としてのデビュー作は『未来忍者 慶外伝』(1988年制作Vシネマ)。代表作として『ゼイラム』(1991年)、『タオ』(1997年)がある。また、映画だけでなくTV作品の監督も多く務め、『鳥人戦隊ジェットマン』(1991年)では初の演出作品にしてパイロット版(1話と2話)の監督も手がけた。

最近は自ら原作を手がける作品も多く、『鉄甲機ミカヅキ』(2000年)、『牙狼<GARO>』(2005年)などがその代表である。

デザイン

メカ生物など多種多様なモチーフを取り込んだ繊細且つ抜けのないデザインを特徴とする。『時空戦士スピルバン』の戦闘機械人や『仮面ライダーZO』のドラスなど、クリーチャーデザインの上手さ、独特の重力描写に定評がある

関連動画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/25(木) 06:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/25(木) 06:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP