今注目のニュース
片寄涼太、自分の人生が「ただごとじゃないことに」と実感した瞬間
テトリミノが降ってくる『テトリス』時計を作ってみた
高嶋ちさ子、ホテルにわざと忘れ物をする外国人観光客に激怒 「すぐに捨てろ」

雪女単語

ユキオンナ

掲示板をみる(86)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

雪女とは、日本妖怪である。

概要 

おそらくは日本でもっともポピュラー妖怪の一つ。雪女という呼び方が一般的ではあるが、「(ゆきむすめ)」、「雪女郎(ゆきじょろう)」、「つらら女」など、日本各地で様々な呼び名が存在する。
雪女の伝説は、一般には東北地方青森秋田岩手山形宮城福島)や新潟舞台とするようにイメージされる事が多い。しかし実際は長野和歌山福井愛媛などでもその伝承が見られるほか、小泉八雲の「雪女」は武蔵埼玉東京)が舞台であるなど、かなり広い地域で伝説の存在が確認されている。

伝説

雪女の特徴はやはり伝承によって様々分かれるが、大体は以下のように伝わっている。

おじゃましまっす

  • 大体は真っ白着物を着た、肌の美しい女性として伝わる。づくめ。髪の毛も大体は水色)、いは黒髪
  • ただし肌は触れると、氷のように冷たいらしい。フィクション作品の場合は、吐息生物や物を凍らせる事が出来るケースもある。
  • 出現する時は大体が、の降り積もる(または吹雪の荒れ狂う)であるといわれる。間の撃例はあまりい。
  • 人間の精気を吸う妖怪であると言われる一方、人間凍死させたり肝を喰らったりする等、人間に危を加える手段も伝承によって異なる。
  • 人間と接触する時は自分の正体を隠して近づき、「自分と会った事を他言しないでほしい」と申し出てくる。その後その事実を(雪女自身も含め)他言した後の結末については「自分は雪女である(人間ではない)」と明かした後に殺されるか、恨めしげな表情で姿を消していくといわれる。
  • ちなみに接触する際は宿を提供してもらいたいと住居を訪ねてくる事もあれば、の降りしきる山の小屋や宿屋などに(宿)として人間を待ち構えている事もある。後者の場合、山姥の姿で現われる場合が多いらしい。
  • 姿を消す際は体がへと変わったり、煙となったりのように消えていくケースもある。
  • 雪女の正体についても様々伝承があり、の精やの中で凍死した女の霊という内容から、生前の恨み・復讐心から雪女へ変じた女など様々である。山形県小国町方面では「と共に地上へ降ってきた世界」という説も存在し、なかなか面い。
  • 連載漫画で、雪女を登場させるとその漫画の連載はおろか連載していた雑誌ごと潰れる…といったジンクスを持つ漫画家が存在する。

雪女の伝承の内容については日本各地で様々存在し、うちどが悲劇的な結末だったりする。山で独り暮らす男や子供・孫のいない老夫婦といった虚しい人生を送る者が対である事がほとんどで、自らが望んだ幸せ環境を(一時とはいえ)く過ごすという様は幸せへの渇望を具現化してた話であるともいえる。
そのげなイメージに加え、「正体を暴くと(知ってしまうと)姿を消す」伝承は日本の童話『鶴の恩返し』や、西洋の人魚の精などとも似ている。

フィクション作品の雪女

ゆきおんな創作作品に雪女が登場する場合は、先述のような日本古来の怪談を基にした存在であるが、怪談関係の話に出てこない場合は大半が、穏な生活を好み人間と友好関係を築き、人間社会で共生する妖怪となっている場合が多い。
そのため上述の「正体を知られると消えていく」伝承をっ向から否定してくれるフレンドリーな雪女に加え、作品によっては現代にいろいろ可げにアレンジを加えられたスタイリッシュな雪女が出てくる事もある。具体的には、化粧ファッションミニ着物など)といった人間世界の流行を嗜み、人間と変わらぬ生活を送る雪女など、多種多様に存在。
以下に、雪女が登場する作品を挙げる。

(上記以外にもありましたら、ジャンル及び大百科記事の有りしを問わず随時追加して下さい)

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 84ななしのよっしん

    2018/11/14(水) 15:20:46 ID: VF4YA4awBd

    >>82
    なんか現実的な離婚夫婦みたいだよな
    親権を諦めるのは性質的には人間そのものの子の幸せを思ってか
    そう考えると男女の情というよりは性の塊だな

  • 85ななしのよっしん

    2019/01/13(日) 11:29:29 ID: eCNg8cDUJT

    今日鬼太郎に出てきた雪女全員ねこ娘だった()

  • 86削除しました

    削除しました ID: qIhHwz/9rt

    削除しました

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP