今注目のニュース
Switch版「バイオハザード5」と「6」が2019年10月31日に配信。「4」もセットになった「トリプル パック」の販売も
LINE「OpenChat」、トークルーム検索機能の再開を延期 「検索精度を上げるため」
1本たったの7g!人生で初めてチタンの箸を使ってみた

雲母単語

ウンモ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

雲母とは、

雲母(鉱物)

[英]mica [和]雲母、きらら、きら [分類]鉱物

造岩鉱物の一つで、火成岩や変成岩中に一般的に産する。またペグマタイト中では大の結晶を作り、日本でも岐阜県福島県など各地で産出する。「きら・きらら」の音を持つ地名はかつて雲母が多く採れたことに由来する場合が多い(愛知県吉良町など)。

組成によって雲母、雲母、リチア雲母など細かく分類されている。一方向に全な劈開を持ち、のように薄く剥がれやすいことが特徴。結晶は六角状。光沢があり、を受けるとキラキラく。硬度は2.5~3と軟らかい。

白雲母/muscovite

火成岩(特に崗岩)や変成岩中に普通に含まれる。光沢のある色透明の結晶が一般的で、含有成分によっては黄色や淡褐色のものもある。面いぐらいにペラペラと剥がれ、「千枚剥がし」の異名をとる。熱や電気を通しにくい性質をもち、絶縁体として使われている。また、砕いてパール光沢の顔料にもする。クロムを含む「雲母」、化粧品に用いられる「雲母」も雲母の一種。学名はモスクワにちなむ。

黒雲母/biotite

火成岩(特に崗岩)中に多く含まれる。を多く含むため黒色褐色を呈する。雲母と違い電気を通すため絶縁体にはならない。実際には雲母という種類があるわけではなく、雲母と雲母の固溶体のことをいう。

金雲母/phlogopite

と名前につくが、これはの反射がのようなだけで、を含んでいるわけではない。マグネシウムを多く含み、この割合が高いと黄色っぽくなる。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP