電子ボルト単語

デンシボルト

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

電子ボルト(でんしぼると、記号 eV)とは、エネルギー単位である。ジュール(J)やカロリー(cal)にべ小さなエネルギーを表すのに適した単位で、物性物理学素粒子物理学の分野などで用いられる。正式な表記は電子ボルトであるが、口頭では「エレクトロンボルト」、あるいは「イーヴィー」と呼ばれることが多い。

概要

電子が1Vの電位差で加速されたときに得る運動エネルギーが1eVである。1eVはおよそ1.6×10−19 Jに相当する。

SI接頭辞を伴った、meV(10−3 eV), keV(103 eV), MeV(106 eV), GeV(109 eV), TeV(1012 eV)もしばしば用いられる。keV, MeV, GeV, TeVはそれぞれケブ、メブ、ジェブ、テブと発音されることもある。

水素原子を電離して、イオンにするために必要なエネルギーは13.6 eV, LHCで加速された陽子のエネルギーの最大値は7 TeVである。

質量単位としての電子ボルト

素粒子物理では、電子ボルトが質量の単位を表すことがある(自然単位系)。1 eVは約1.8×10−36 kgに相当する。電子の質量は約0.5 MeV, 陽子の質量は約1 GeVである。 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/20(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/20(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP