今注目のニュース
ブルドッグの子犬、2台のソファーや衣類を引き裂く「とても良い子だったのに突然野生児に」(英)
特攻隊員の自爆機が敵に突っ込んでいく時、なぜ基地の無線で「最後の瞬間」を聞いていたのか
「ツイステ」ハーツラビュル寮の“コスプレ”をしたシルバニアがステキ 手作り衣装の作り込みがすごい

電気グルーヴ単語

デンキグルーヴ

  • 10
  • 0
掲示板をみる(123)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 電気グルーヴとは、テクノ体とした男性音楽グループである。静岡が生んだ暴れん坊。

概要

現在メンバー石野卓球(Vo,Syn,エレクトロニクス)ピエール瀧(Vo,)の2人。キューアーティスツ所属。 当人は自分達を「電気」と略しているし、ファンからもそう呼ばれている。

知名度が低かった頃は、「電気グループ」と誤表記されることも多く、本人達もネタにすることがあった。電気グルでも電気グルでも電気グローブでも電撃ネットワークでもいので注意していただきたい。

電気グルーヴの歩み

結成~まりん脱退~活動休止

電気グルーヴの前身はナゴムレコードに所属していたコミックテクノバンド人生」である。その解散後、1989年人生メンバーから選抜されたメンバーにより電気グルーヴを結成。

結成当初はギタードラムもおり、5人組だったらしいが、ドラムが最初の打ち合わせの後即脱退したのを皮切りに、頻繁にメンバーの脱退と加入を繰り返す。その後、インディーズ卓球夫、高橋の4人組で1枚アルバムを発表。1991年卓球CMJKの3人でメジャーデビューした。最初のシングルTMNとのコラボレーションで「RHYTHM RED BEAT BLACK/TMN VS 電気GROOVE」としてリリースされた。

ファーストアルバムFLASH PAPAリリースCMJKが会見を開き、全裸で出席した卓球に対して「もうこんなバカ共とはやってられない」として脱退し、新被害メンバー砂原良徳(まりん)が加入。

その後もシングルアルバムを精的にリリースする一方、ラジオ番組「電気グルーヴのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)にレギュラー出演し、石野の2人による毒舌ギャグ大人気を博した。まりんによる小学校時代の卒業文集「たきの自然学校思い出」は2chコピペなるほどネタにされた。

コンサートツアーも独特のギャグセンスを活かした奇妙なツアータイトルが付けられる事が多く、漫画キャラパロディーTシャツ等のグッズも販売されていた。

初期の楽曲ではテクノサウンド風刺ギャグを織り交ぜたラップを乗せるという作が多く、ラジオ番組と連動したネタが入る事もあった。自らネタとして「おもしろラップユニット」と名乗っていた。が、1993年リリースされたアルバムVITAMIN」以降は、ギャグよりもテクノサウンドを重視した作に変化していき、インストゥルメンタル曲も多く含まれるようになった。この時期のライブは電気グルーヴ史上でも特に異質なものであり、ROLAND VP-330演奏していた。

1996年に発売された「ORANGE」ではテクノサウンドナンセンス歌詞が乗っかり、初期の「おもしろラップユニット」に戻ったが、電気グルーヴを真似た「宇宙」なるグループが活動開始、47都道府県すべて行うツアーツアーめがね」開催など「電気グルーヴが一番められていた時期」とっている。

上層部から『売れるような曲を作れ』と言われ、1997年リリースしたシングルShangri-La」はストリングスをフィーチャーしたラブソングという、これまでのテクノ+ギャグ路線とは異なる曲調であり、テレビCMでも流れたもありヒットを記録した。同時期に発売された「A (エース)」も過去最高の売り上げを記録し、一般にも広く知られるようになった。このあまりの変わりように驚いた伊集院光制作意図を尋ねたところドリカムとか聴いてるやつらが買ったら笑うから』と答えたとか。また、以上のように曲は非常にキャッチーな仕上がりであるが、ライブでの演奏スタイル歌詞カンペを仕込んだニワトリゴム人形を振り回しながら歌うというもので、相変わらずであった。

1997年ツアー野球ディスコ」より、キーボートとシーケンサーからDJブースへとシフトされ砂原卓球が後ろに付き、のみが従来の踊って騒ぐというスタイルとなった。

砂原によると電気グルーヴが『フリッパーズギターの「ヘッド博士世界」』を越えるまで解散させてたまるかと思っており、これに満足した砂原1999年卓球の借を抱えて飛んだ。(大嘘)

砂原脱退前から制作されていた新アルバムはボツとなり、二人で作ったシングル曲「Flash Back Disco」ではディスコ方向へとシフト。旧来のファンや一部の音楽雑誌からは「ユーモアセンスを失った」と非難された。

2000年卓球DJ仲間であったKAGAMITASAKA田中フミヤのを借りて「VOXXX」を発売。「エジソン電」に代表される意味不明歌詞など、再び不条理なギャグ復活した。

2001年に活動休止を宣言。ただし、ロッキンオンジャパンで連載されている『メロン牧場』は休止中でも継続されており、その中で「電気グルーヴ、だけ復活」や「二人が脱退して新たな人物が電気グルーヴを名乗る」と様々な復活案が出されたが、2004年ベストアルバムを発売し普通活動を再開。

活動再開後~ピエール瀧逮捕~現在

2007年に発表したシングル少年ヤング」から本格的に新曲リリースも再開し、2008年にはシングルモノノケダンス」、アルバムJ-POP「YELLOW」リリース2009年には結成20周年記念アルバム「20」、シングル「The Words」「Upside Down」をリリースするなど、2000年代前半までの沈黙を取り戻すように活動を活発化させていく。

活動再開後に製作されたPVでは、1980年代に流行したファッション小ネタをはさんでリアルに描写した「少年ヤング」、昭和アニメカオスPVの「カフェ・ド・(顔と科学)」、ギターに魅せられた一人の男の夢と挫折をコミカルに描いた「弾けないギターを弾くんだぜ」、奇妙な妖怪達が登場する人形劇モノノケダンス」、奇な歌詞をそのまま漫画化した「電気グルーヴ20周年のうた」などが話題となっている。「カフェ・ド・(顔と科学)」「弾けないギターを弾くんだぜ」「モノノケダンス」は親友でもある漫画家天久聖一イラストアニメーションを手掛けている。

2019年、電気グルーヴが結成30周年を迎えるアニバーサリーイヤーとなったことから、石野卓球の思いつきでピエール瀧ウルトラという芸名へ1年間の期間限定で名させる。当初は俳優活動などすべてにおいての名を推していたもののさすがにストップがかかり、電気グルーヴとしての音楽活動のみの変名に留まった。
結成30周年記念アルバム30」の発表、テレビ番組への露出、東阪福でのライブツアー電気グルーヴ30周年“ウルトラツアー」としい活動の最中、突然震が走ることとなる。

2019年3月12日深夜ピエール瀧麻薬及び向精神薬取締法の容疑で逮捕この突然逮捕により、ライブツアーの最終演であった東京演の中止、音映像商品の出荷停止・在庫回収・デジタル配信停止という巻き添えを食らうことになる。
この事態に対し異を発した有志により反対署名6万4千人分の署名が所属のソニーミュージックレーベルズに提出されるなど波紋を起こす。また相方である卓球への注度も上がり、ワイドショーなどのマスコミに対する不信感を隠そうとしない卓球の発言をネタにバッシング報道が起こることとなった。
ピエール瀧はこの逮捕にともないそれまでの所属事務所ソニー・ミュージックアーティスツ」とのマネジメント契約を終了させられる。卓球も自的にマネジメント契約を終了させ、電気の二人による個人事務所macht inc.」を設立することとなった。
この個人事務所設立と同時にニコニコチャンネルなどでファンクラブDENKI GROOVE CUSTOMER CLUB」を開設。有料で自らの近況報告を行う動画アップロードするなどのサービスを行っている。

FUJI ROCK FESTIVAL8月21日開幕)に出演することが同サイトにて発表。これをもってグループの本格的再始動となるだろうが、依然として音の配信は差し止めのままである。

影響

関連動画

関連商品

アルバム

初期 (ラップ期)

      

中期(アシッド期~砂原良徳脱退前)

   

活動停滞期(砂原良徳脱退後~活動休止期)

   

活動再開以降

   

映像・書籍等

 

関連コミュニティ

関連項目

楽曲
組織・人物
タイアップ関連

その他、「HAPPY BIRTHDAY」が「なるほど!ザ・ワールド」のEDテーマに、「」が「マジカル頭脳パワー!!」のEDテーマに使用されたことがある。

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/07(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/07(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP