電脳冒険記ウェブダイバー単語

デンノウボウケンキウェブダイバー

掲示板をみる(235)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

電脳冒険記ウェブダイバーとは、株式会社タカラ(現:タカラトミー)のプラグイットシリーズの一環として展開したロボット玩具の第一弾、およびそれに基くロボットアニメである。

概要

2001年4月6日2002年3月29日放送、全52話。アニメーション制作RADIX
一部の描写(に登場するロボット達)の描写にCGを用いたアニメや、TVと連動してゲームが遊べる玩具話題となった。

ストーリー

OPよりグラディオン近影

-時は西暦2100年-
コンピュータ文化が栄え、「ワールドリンク」というコンピュータネットワーク世界中に展開する時代。その膨大な電世界の中の一には、世界中の子供達が交流する仮想体験間「マジカルゲート」が存在した。

しかし、そのマジカルゲートの悪性コンピュータープログラム「デリトロス」が現れる。デリトロスはマジカルゲートの機を侵蝕、ワールドリンクらび人間世界をも消滅させるべく動き始める。

小学4年生の「結城ケント」は、マジカルゲートを守る防衛プログラムウェブナイト」の一員である「グラディオン」と出会い、であるカイトや自らの友達を救う為デリトロスと戦うことを決意するのであった。

主な登場人物

現実世界

結城ケントCV小林由美子
本作の主人公。グラディオンのウェブダイバー(ウェブナイトとシンクロ出来る少年)となる。
剣道が得意技で、その実大人並とも言われている。加えて機械工作も得意。
ウェブナイトであるグラディオンと深い友情を築き、その関係が後に物語の大きなとなる。
有栖川アオイCV菊池志穂)
本作のヒロインケント幼馴染で、優れたコンピューター操作技術を持つ。
[当初は彼女が最後の敵という案もあり、その名残が前期OPの1カットに残っている。]
ジャンジャックジャガール(CV中井
マジカルゲート内でケント友人になったフランス人の少年
首元の翻訳機を介してケント達と意思疎通をしている。
特技はフェンシング、また料理が得意。洗脳が解けたガリューンのウェブダイバーとなる。
浅羽ナオキcv竹内順子
ケントの親友にしてライバル
負けん気が強い熱血で、番勝負と称しケントり合うことが多々。
粗暴な性格だが時に繊細な一面も見せる。
洗脳時のドラオンのウェブダイバーとして、ケントと勝負に挑んだが、解放後に正義に戻ったドラオンのウェブダイバーとなる。
倉知ショウCV甲斐田ゆき
ケントクラスメイトで、冷静な判断と何でもこなす器用さの持ちケント達からは厚い信頼を得ていた。
クールに見えて性格は温厚。ケント結城カイト」とも仲が良く、しばしば彼の支えとなる。
洗脳時はペガシオンのウェブダイバーだったが、解放後はダイリオンのウェブダイバーとなる。
結城カイトCV高木礼子
ケント、小学1年生
リトロスによってマジカルゲート内に閉じ込められるが、後にケントとグラディオンの活躍により現実世界へと帰還した。
37話からワイリオンのウェブダイバーとなる。
カロンCV甲斐田ゆき
ケント父親である「結城タケト」が作ったミニコンピュータ。
マジカルゲートの管理プログラムインストールされている。
語尾に「ピョコ」を付けて話すのが口癖。

ウェブナイト

グラディオン(CV杉田智和
マジカルゲートを護るウェブナイトのリーダー騎士マスターウェブナイトで機関車に変形することが可
勇敢で強い意志の持ちで、正々堂々とした戦いを信条としている。
ケントと堅い友情で結ばれ、もう一人の主人公とも言える活躍をする。
[元々はクーリアという惑星に住む有人であり、宇宙最強と謳われた戦士であった。電世界での悪性プログラム・デリトロスとの戦いの際に相打ちとなって体を失い、データ体の状態で放浪した末に地球に流れ着く。そしてマジカルゲートの管理AI・エンジェと出会い、再び人々を守るためにウェブナイトとして生まれ変わった。]
ガリューン(CV小西克幸
戦士マスターウェブナイトで頭付きの帆船に変形する事が可
自分以外のにも頼ろうとしない性格で、常に単独行動をとる。
ウェブダイバーはジャンジャックジャガール。
ドラオンCV川田紳司
ドラゴンマスターウェブナイトで大キャリアトレーラーに変形する事が可
忠義に熱く仲間への情に厚いが、それを表に出すことはい。
ウェブダイバーは浅羽ナオキ
ダイリオンCV飛田展男
マスターウェブナイトで大飛行船に変形する事が可
時間を操る事ができるため、その巨体とは裏に、瞬間移動を利用した素い攻撃が得意。
ウェブダイバーは倉知ショウ
なお、飛田氏は本作のナレーターも担当している。
ワイリオンCV小西克幸
ドラオンサイト飛竜ウェブナイト。離着プロペラ飛行機に変形することが可
グラディオンはウェブダイバーを得ることで他ウェブナイトとの合体が可になったが、ワイリオンは最初から純にグラディオンとの合体を想定されている一のウェブナイトである。
ウェブダイバーは結城カイト
ジャガオンCV川島得愛
シャークオンCV吉野裕行
リフオンCV中村悠一
フェニクオンCV鈴村健一
ケルベリオン(CV宮下道央
オルトリオン(CV陶山章央
レムオンCV宮下道央 / 陶山章央
ペガシオンCV鈴村健一
イガオンCV中村悠一

デリトロス

リトロス(CV立木文彦
マジカルゲート内を汚染した本編黒幕。巨大な玉のような姿だが正体は不明。
[実は、グラディオンと同じく宇宙からやってきた、宇宙人作製のコンピュータープログラムこっちくんな]
リュウトCV吉野裕行
ケントとの戦闘データを元に、デリトロスに生み出された戦士ダークグラディオンに乗って戦う。
[その正体はデリトロスの分身(つまりデリトロスそのもの)。]
ラーダ(CV中村悠一
リュウトの従者。ケントの監視とかデリトロスモンスターの調整が仕事

実態

CGによる描写やTVと連動した玩具が売りである本作品だが、それらの要素に対する評価は製作者側の期待に反してあまりにも残念なものだった。

当時からTVアニメ業界で注されていたCG描写は、手書きアニメとの親和性が違和感バリバリな上に、棒立ちでロボット達がロクに動かないという有様で、CGの利点を生かしきれておらず、お世辞にも良いものとは言なかった。
このCG描写が導入されたのはスポンサー側のタカラの意向で、「電世界の雰囲気を出すため」「以前CGを導入したビーストウォーズが成功したため」といった理由で理矢理導入したモノらしい。CG描写に関わったスタッフ“たったの3人”という噂も。
スタッフは当初手描きアニメーションでの製作を念頭に入れていた様だが…。

TVと連動して遊べるというギミックを持つ各種玩具ウェブナイトシリーズ」も、そのギミックがアダとなり値段が高騰、対となる子供たちには少々手を出しづらい玩具となってしまった。
特にシリーズフラグシップである「DXグラディオン」は、TVゲームとしての機を内蔵している為に定価7980円という高価な商品となり、子供たちや小売店を泣かせる結果となった。
(そもそもグラディオンを除く「ウェブナイトシリーズ」の連動ギミックは、グラディオンをTVに繋がないと機しない)
結果、ウェブナイトシリーズの売り上げは伸び悩んだ。

作品の評価

かくして、アニメオモチャタイアップが問題視されたウェブダイバーであるが、個性的なキャラクターや独自の世界観で展開するストーリー視聴者達に評価され、今でも懐かしアニメとして支持するは多い。
また、CGを除いた手描き描写の完成度・毎回のキャラクター作画の安定性には定評がある
特に最終回における、本来の姿を取り戻したグラディオンとデリトロスのバトルシーンは素らしく、今までの残念なイメージを払拭するような壮絶な戦いを見せてくれる。
CG描写の不自由さにはスタッフ達も苛立ちが溜まっていたらしく、最終回においては「グラディオンを別の姿(人間体)に変身させるというアイディアで誤魔化すことで、CGを使わずに済んだ」とのこと)

不評であった「ウェブナイトシリーズ」も、ゲームとの連動機を内蔵しているにも関わらず良好なプロポーションデザイン・変形ギミックを維持しており、老舗玩具メーカーであるタカラの意地と技術を見せ付けた。
このウェブナイトシリーズで培われた技術は、後番組である「爆闘宣言ダイガンダー」や「トランスフォーマーマイクロン三部作(マイクロン伝説スーパーリンクギャラクシーフォース)」を経て、後に世界的な好評を博した「トランスフォーマームービーシリーズ」のオートモーフィングギミックやメックアライギミックに生かされる事となる。
(つい最近まで展開していた「トランスフォーマーアニメイテッド」においても同様)

ニコニコ動画におけるウェブダイバー

ともかくOPアニメ完成度の高さが好評。

R.A.M.(高取ヒデアキ)が熱唱するテーマソングDIVER#2100」「SO DIVE!」は作品の世界観ともマッチしており、それに合わせたアニメーションキャラクターロボットアクションバランスが取れており、ウェブダイバーを知らない人でも一見の価値がある。
何はともあれ、本編と違い手描きで描写されたウェブナイト達が最高に格好良い。

…OPで期待した手前、肝心の本編ガッカリした人も多いのではないだろうか?(【OP詐欺】のも参照)

ちなみに、先に挙げた「DIVER#2100」と「SO DIVE!」はオープニング差し替えMADで何気に多用されている。
また、OPアニメ話題性に隠れがちだがEDアニメもなかなかの見物。

その他

関連動画


↑前期OPアニメ動画削除されてしまったが左が本放送版で右がDVD特典版(ノンテロップ)。
0:55あたりのカットに差異が見られる。
ここで登場するシルエットはなんらかの伏線であると噂され、スタッフ視聴者共に一時期話題となった。


↑こちらは後期OPアニメ

OPアニメは前期・後期どちらも完成度が高いことが解るだろう。
大人の都合がければ本編手描きアニメになるだったのだが…悔やんでも仕方がい。


↑R.A.MによるOPテーマ
未来」「電」をイメージさせるクールかつ熱い旋、そして作とのシンクロっぷりには感せざるを得ない。


↑こちらがEDテーマソング
OPテーマ題が「未来」と「電」ならば、EDテーマは「友情」「冒険」を題としているようにも思える。
OPの影に隠れがちだが、こちらも名曲

関連生放送

関連商品


お絵カキコ

OP模写現実

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/28(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/28(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP