今注目のニュース
AbemaTVが「ガンダム」シリーズ11作品を毎週土日祝に無料放送 ガンダム40周年記念として
「停電時にペンライトを使うなら赤・青・緑が電池長持ち」説は本当か? 製造業者に聞いてみた
木村昴&榎木淳弥、事務所の先輩“天才声優”関智一について語る「あの人すごいっすよ」

電脳戦機バーチャロン単語

デンノウセンキバーチャロン

掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

電脳戦機バーチャロンとは、セガが発売したビデオゲーム、または当作品を第1作とするゲームシリーズ。この項では前者(設定上の舞台となる作戦『オペレーション・ムーンゲート』にちなんでOMGとも呼ばれる)について述べる。後者についてはバーチャロンの項を参照。

概要

ロボット(設定上『バーチャロイド』と呼ばれる巨大人機動兵器)1体を操作し、対戦相手(又はCPU)が操るロボットと、互いの破壊(いわゆる残り体を表すシールドゲージを0にすること)を標に、フィールド上にて1対1で戦う3Dアクションシューティングゲームである。

セガの発売している「電脳戦機バーチャロン」シリーズのうちの1作であり
1作から順に
「電脳戦機バーチャロン」
電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム
電脳戦機バーチャロン フォース
電脳戦機バーチャロンマーズ
となる4作品のうちの記念すべき最初の作品にあたる。


1995年登場のアーケード版をはじめとして、セガサターン版、Windows版、PS2版、ケータイアプリ版、PS3版、XBOX360移植されてきた。移植回数はシリーズ中最多。それぞれに仕様面での相違点があり、またアーケード版で特徴的だったインターフェース『ツインスティック』がコントローラーとして利用困難だったりする結果、ゲームバランスも互いに異なるものとなっている。それぞれの特徴は下の当該項目を参照。

 

ストーリー

シリーズ通してのストーリー世界観は「バーチャロン」と「バーチャロイド」の項参照。

 

84年。
 企業国家DN社はの地下で文明の遺跡『ムーンゲート』を発見するもこれを秘匿。
そこで得られた技術『V.コンバータ』を独占研究し、
96年には限定戦争向けの巨大人兵器バーチャロイド』を産み出した。
 当初極秘に開発された第一世代と呼ばれるVRは、
機動性を重視しした汎用タイプである『MBV-04 TEMJIN(テムジン)』と
重装甲、重武装の支援タイプである『HBV-05 RAIDEN(ライデン)』の2機種を基幹モデルとして
合計6機種が実用化、順次DN社直轄の軍事組織である『DNA』へと配属されていった。
また、このVRを操縦するためには『VRポジティブ値』と呼ばれる数値が高い必要があり、
適正判断用のビデオゲームバーチャロン』で優秀な成績を収めたプレイヤーパイロットとしてスカウトされていた。

a0年(電16進法)。
 DN社は幹部の造反から混乱に陥り崩壊の危機に。
さらにこれまで沈黙をしていたムーンゲートが突如覚醒原因不明暴走し、『太陽』起動の覚醒が示唆された。
これは、面遺跡発見当初から地球圏に対して未曽有の危機をもたらすであろうと予測されていたものであり、
同社はDNAバーチャロイドを大量投入しての
遺跡、および太陽の破壊作戦『オペレーション・ムーンゲート(OMGOperation MoonGate)』を発動する。

しかしながらムーンゲート暴走により遺跡内部では機体制御を乗っ取られたVRが多数している上に
ある事情でOMGに参戦可なのは『バーチャロン』用の機体に限定されており、
軍事作戦のためにビデオゲームプレイしなくてはならないという笑うに笑えない事態となっている。
プレイヤーはこのゲームが実戦とは知らされておらず、気がつけば実戦の中に放りこまれているのである。

前半の地上ステージシミュレーションによる適性検であり、
クリアすると遠隔操作バーチャロイドへと転換し、での実戦へと突入する。
適性検クリアに時間が掛かると、実戦の前にシミュレーターのバグ
ゲーム中に事故でV-クリスタルへと閉じ込められた意識の結晶体、ヤガランデと闘う事になる。

 

このようなストーリー上の展開から
前半5ステージは地上で、後半3ステージ(+ラスボス)は周辺で戦うこととなる。
なお、地上と宇宙でのステージ間に一見何のことかわからないが
以下のような文面付きで戦闘データの保管、展開と
宇宙用にシステムを変更しているデモ画面が挿入される。

THIS VERSION IS NOT A SIMULATORY

SYSTEM.

ALL REGISTERED USER DATA WILL BE

TRANSFERRED TO THE DEPLOED VIRTUAROID

SYSTEM MEMORY BANK.

PLAYER DATA EXPORT

CONFIRMED

VR.AVIONICS CONFIGURATION
MODE SELECT


GROUND AREA         SPACE AREA

この時にこれまでの各ステージクリアタイム、トータルクリアタイムが表示され、
その時間にしたがってランクも表示される。

また、クリア後はシステム画面をフリーズ凍結)するデモが流れ、

MISSION COMPLETE


VR-OPERATION SYSTEM

INTERRUPTION



PLAYER DATA
FREEZE


エンディング中はラスボス撃破後の自機の様子がスタッフロールと共に流れる。

ストーリーモードの機体選択時のみ、最初のステージが始まる前に出撃シーンデモが流れる。
これは通常地上の基地からの出撃シーンであり、
出撃後にスレスレしぶきをあげながら出撃する自機を見ることが出来るが
宇宙ステージでコンテニューした時は出撃シーン宇宙に切り替わっていると言う小ネタが織り込まれている。
細部にまでこだわった作り方がされている。

登場するバーチャロイド

以下8種類。プレーヤーゲーム開始時にこの中から1つを選択。

ボスキャラ

ステージ

ストーリーモード時は上述の設定上、ステージと敵キャラクターの順番は固定であり、
対戦時はこれらの中のステージ中ボスラスボスステージを除く)からランダムで選択される。
建物や坂、広さなどに違いはあるがステージによって武器特性や機体特性が変わることはい。
ちなみに聞き取りづらいものの対戦前のアドバタイズ画面でステージ名をアナウンスしてくれている。
この項ではストーリーで出てくる順に説明する。
設定の通りに、地上ステージの間は「mission」であり、後半の宇宙ステージに移ると「AREA」に
アドバタイズ画面での紹介が変わるのも特徴の一つ。

 

 

アーケード版

1996年1月頃稼働開始。操縦席の大筐体(DX筐体)とアップライト筐体がある。
操縦桿スティック2本から成るインターフェース(ツインスティック)による操作で、3D描画された広々としたフィールドを自在に駆け巡ることによる操縦感覚と、高速・多アクションを駆使しつつフィールド上の障物・起伏等地形も利用して戦略的に戦う対戦アクションゲームとしての面さとの両立を特長として多くのファンを獲得。対戦人口を増やした。ゲームセンターでの対戦大会もしばしば開催されていた。

次の動画は、当時の名プレイヤー達による対戦の模様である。

2年以上に渡り人気を維持したが、1998年3月頃に続編『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム』(通称オラタン)が稼働開始。本作との入れ換えが進み、プレーヤー達も多くがオラタンに移行していった。
しかし現在でもプレーされており、次の動画較的近年の大会での対戦の様子である。

 

セガサターン版

1996年11月29日発売。同年12月31日発売『電脳戦機バーチャロン for SEGANET』では通信対戦サービス『X-BAND』によるオンライン対戦が可だった。X-BAND1999年7月サービス終了

 

Windows版

1997年6月13日発売。現在メディアカイトから再発売中。オンライン対戦可

プレイステーション2版

2007年10月25日発売。SEGA AGES 2500シリーズ Vol.31非公式ながらXlink Kaiによるオンライン対戦が可能exit

ケータイアプリ版

2008年12月24日配信開始。

iMenu →メニューリストゲームゲームパック→ぷよぷよ! セガ

関連商品

関連項目

掲示板

  • 41ななしのよっしん

    2018/10/19(金) 15:19:50 ID: HzHiRSv3v4

    チャロナーたちが動き出す

  • 42ななしのよっしん

    2018/10/20(土) 00:45:27 ID: 2WSYLWsRfa

    PS4バーチャロン集合ハードになってしまったな

  • 43ななしのよっしん

    2018/10/26(金) 10:25:48 ID: pJqJUxvXBn

    フルライスはちょっともうキツイかなって感じ、お布施しても
    開発が残ってないのはハッキリしたし

急上昇ワード

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP