青島文化教材社単語

アオシマブンカキョウザイシャ

2.1千文字の記事
掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「青島文化教材社」とは、日本模型会社である。商標・通称は「アオシマ」。
1935年創業(「模型飛行機」として。青島文化教材社の名称は1950年から)。

同社製作プラモデル・合フィギュアキャラクター製品などの他に旧イマイ社製の一部製品、香港ドラゴンモデルズ社製(日本代理店として)の製品も取り扱う。
本社は静岡県静岡市キャッチフレーズは「創造プラモデル」。

概要

プラモデルの大手。しかし、過去に「合体シリーズで「ナマクビ」と呼ばれる「戦車飛行機ロボの首が乗っているだけ」というシュールなキットを出したり、版権物っぽいパチモンキットを出していたために、あまりブランドイメージは高くない。

現在も「痛車シリーズと銘打って「涼宮ハルヒの憂鬱」や「リトルバスターズ!」などのキャラクターペイントが「痛く再現」されたデカール付き痛車キットを出すなど、他社とはいろんな意味で差別化されている。

こんなことを書くととんでもない会社に見えるが、スーパーカー伝説巨神イデオンのキットなど好評価を得ているものは多い。

シューティングゲーム70年代ロボットアニメゲッP-X」に非版権プラモの「合体ロボット アトランジャー」が友情出演したことでも有名。

商品展開

プラモデル

大きく分けて「実」「軍艦」「キャラクターもの」「スキマ産業その他特殊なもの」が大体の商品展開である。

実車

4輪トラックバイクを商品化。
方向性としては4輪は1/24サイズスポーツセダン70年代の旧トラックは1/32サイズデコトラバイクは1/12サイズのネイキッドカウルがバイク)やモダンスクーターを多くキット化している。

ここ最近は4輪トラックの『痛車』化キット・デコレーション商品に特にを入れており、「痛プラGP」というモデリング大会も催している。


第2回大会exitが開催中(2010年4月23日7月15日)。

ちなみに「痛車」の商標アオシマが(現在は一部分に限り)権利を持っていたりする。(一部権利の取り消しに至る審決文exit商標審決データベース))

軍艦

1/700サイズの旧日本海軍および海上自衛隊所属艦艇のウォーターライン(喫線より下を排したモデル)が商品。

軍事模型としてはそのほかにも少数ながら帆船、外軍艦旧日本軍軍用機、軍用ヘリジェット戦闘機なども製作している。
車両にこだわるアオシマの割には軍用車両ラインナップは非常に乏しい。田宮がそんなに恐ろしいのがアオシマ

キャラクターもの

大きく分けて「映像作品中に登場した乗り物」と「合体」に分けられる。

映像作品に登場した乗り物としては「イニシャルD」や「西部警察」、「あいのり」といった4輪そのものが重要なキーアイテムである作品や、「メガゾーン23」「特装機兵ドルバック」といったメカデザイン車両的要素を強く取り込んだ作品のプラモデル化を多くしている。あと痛車

合体ものはサンライズ作品(伝説巨人イデオン無敵超人ザンボット3無敵鋼人ダイターン3)を中心に「合体・分離・変形をそろいのスケールで手軽に楽しむ」をコンセプトに製品化(合体ロボの最初のリリースは1974年の「スーパーロボット・マッハバロン)exit。特に伝説巨人イデオンについては全登場メカを統一スケールで製品化したことが評価されている。
ザンボット3以前に も、独自のキャラクター商品として「レッドホーク」「アトランジャー」を合体シリーズとして展開。購入の手軽さをめて一つの合体モデルを4つほどの共通規格化されたパーツ分割販売する手法が子供合体改造心をくすぐり好評を得たりもしたが、一部キットはとんでもないパーツ割で分割販売したりしたため(変形はどこに行った)、前出の「ナマクビ」が登場する羽に…

それ以外には30代以上の男性には懐かしい「ロボダッチ」シリーズや、イマイからを引き継いだサンダーバードシリーズどこらへんの層を狙っているのかよくわからない釣りキチ三平」の釣竿といったものまで製品化している。

その他特殊なもの

宇宙開発関連に版権を気にしなくてもいい為か興味をもっており、かつて「アポロシリーズ」を、現在日本人工衛星モデル化した「スペースクラフト」を展開している。

トラックモデリングしている流れか、男臭いものを模型化しており、荷物運搬を模型化した「特殊荷受」を展開している。

建物風景モデルもてがけており、戦国時代の合戦風景をを経過した「徳戦国絵巻」、明治大正時代の店舗などを模型化した「時代画報」、1970年代アパート再現した「建築ロマン堂」といったラインナップを展開している。なぜ車両モデルといい微妙ノスタルジーを感じさせるものばかりモデル化するんだろう…。

関連動画

関連商品

ちなみに「不夜城レッド」は2009年博麗神社例大祭際に販売された。

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 45ななしのよっしん

    2021/09/18(土) 17:41:17 ID: a48q11ZQBl

    楽プラの内装の壁をグニッと折り組み立ては力技かつユニークな発想

  • 46ななしのよっしん

    2021/12/20(月) 19:35:11 ID: a48q11ZQBl

    呼び込み君ミニ良く出来てていい玩具だけど、あの音を途中でオフスイッチできないヌケたというか値段なりのチープな仕様がらしいというか…(ちゃんと裏に注意書きされてるのに意を感じる)

  • 47ななしのよっしん

    2022/02/28(月) 11:02:29 ID: CpRxA5hxQq

    よく言えばB級、露に言うと二流以上にはなれないけど
    ツボはついてくる。にとってはそんなメーカー

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/20(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/20(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP