今注目のニュース
即完売した幻のポテチが復活! 納豆好きはぜっったい食べて。
今更ですけど、フォントって何であんなに多いんですか? モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(5)
真野恵里菜のセーラー服姿に「永遠に似合う」

青魔道士単語

アオマドウシ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

青魔道士とは、ファイナルファンタジーシリーズ及びその生作品に登場するジョブである。略称魔。

概要

モンスターの使う特殊や技をラーニングし、MPを消費して繰り出すことができるという特性を持つ。既存の魔法黒魔法と区別して、このは『青魔法』と呼ばれている。青魔法は既存の魔法にない効果を持つものが多い。

ジョブシステムを採用していない作品であっても、青魔法は(名称を変えながらも)採用されている場合がある。

モンスターの使う技・を身に着けるため、目からビームを出したり、モルボル並みの臭い息を吐いたり、溶解液を出したりする。……青魔道士、人間やめすぎである。

登場作品ごとの扱い

FF5

初登場作品。クリスタルの元で獲得できるジョブ

マスクをつけた怪しい外見が特徴。本作では実際に技を食らわないとラーニングできない仕様となっているため、ラーニングに苦労する。中にはどう考えても命を落としかねない技もある為ラーニングは命懸けである。

ジョブ魔獣使いもしくはそのアビリティ『あやつる』を駆使すると覚える事のできる技を効率よく習得する事も可。特にガードオファやホワイトウインドといった補助や回復系はこの手段を用いる事が一番の近である。レベル5デスといった、レベル〇+魔法の特殊な魔法もあり、そのレベルの倍数のレベルの敵に確実に効くという事前知識があると有効活用できるものから、自爆はともかく、ミサイルは本当に魔法なのだろうか?

青魔法を数多く使ってくる敵も存在しており、一度の戦闘で複数覚える事も可

FF6

仲間キャラの一人ストラゴスが青魔道士である。本作のラーニング仕様大分緩和されており、戦闘に参加してかが使用するのを見るだけでラーニングできる。ガウの「あばれる」やリルムの「スケッチ」で使用された場合もラーニングである。

FF7

ジョブは登場しない。マテリア「てきのわざ」として青魔法が採用されている。

FF8

仲間キャラの一人キスティスが青魔道士ポジションであり、特殊技として青魔法を使用可。本作ではラーニングではなく、対応するアイテムを消費することで覚えられる。そのアイテムは、クモの糸だのブラックホールだのミサイルだのの液体だのモルボル触手だの高出発生装置だのとカオスラインナップである。ファンクラブ会員も止めてやれよ……。

FF9

仲間キャラの一人クイナが青魔道士ポジションモンスターHP25%まで削ってから「食べる」ことで青魔法を習得する。クイナはク族という種族であり、食を追求する以外のク族の生態は不明であるため、ある意味青魔法使用者としては、これまでのキャラよりもふさわしいのかもしれない。

FF10

仲間キャラの一人キマリが青魔道士ポジションキマリ特定モンスターに「」を使えば覚えられるが、オーバードライブ技としてしか使用できないため、非常に使い勝手が悪い。キマリ二軍落ちさせられやすい要因の一つとなっている。

FF11

アトルガンの秘宝」で追加されたエキストラジョブとして登場。モンスターが該当する技を使用すれば、ラーニング(学習)できる可性がある。ただし青魔法スキルが低すぎると不可。青魔道士のクエストを見ればわかるが、これまで人間離れした技ばかりあてがわれていたせいか、ついに設定レベル人間をやめている。

ジョブとしての基本ステータス値はかなり低い。但しラーニング済みの青魔法を組み合わせる事でステータス値がプラスされたり(青魔法によってはマイナスされるものもある)、【追加特性】と言う青魔道士特有のジョブ特性が得られる。このジョブ特性は他ジョブに設定されているジョブを得られるのである。中には他ジョブよりい段階でセッティングできるものもあったりと(例えばビースト族を一定確率でひるませるビーストキラーキラー系特性をほぼ網羅しているキラースキルプロと呼んでもいい獣使いがLV70で習得できるのに対し、青魔道士は青魔法を組み合わせるだけでLV4から得られる)、追加特性は青魔道士の強さを支えるプロパティとして認識されている。

ジョブとして起こせるアクションとしては当然ながら青魔法が得意であり、モンスターの特殊技をラーニングして自らのとする特徴柄、魔法黒魔法とべて特異なものが多い。例えばポイズンレスは自分の現HPの幾割かを与えるブレス魔法と言うファイア等と言った魔法攻撃依存した攻撃魔法とは全く異なる分野の魔法である。他にも自分の方を向いている敵だけに効果を発揮するブランクゲイズと言った視線判定魔法やジェタチュラと言った相手を恐怖に慄かせる魔法と言った青魔法もあり、他分野の魔法べるとかなり特殊といえる。またディセバーメントと言った5回攻撃で高ダメージ+猛と言う他前衛もびっくりの攻撃手段をMPさえあれば継続して撃ち込めるに長ける。追加特性の組み合わせと使用できる青魔法の種類によってはソロ最強と呼ばれた赤魔道士を置き去りにするようなソロを得ることもでき、青魔道士の可性に魅せられたプレイヤーの数は計り知れない。その反面青魔法の習得にはヴァナ・ディールにいる様々な敵と対峙する必要があり、装備だけ整えても運用は不可能ジョブであった為に序盤でちょっとさわってみたもののめんどくさくてやめた、と言うプレイヤーぶっちゃけ多いと思われる

実装当初から長らくの間は片手剣こそ得意な武器だが忍者やモンクと言った純アタッカーにはダメージソースジョブとしては数段劣り、前衛としては殴りつつ合間に火力重視の青魔法で攻め立てるMP依存し続けるジョブ、という立ち位置であった。当然MPが切れれば片手剣で殴れるだけの劣化前衛になってしまうのでPT貢献度はがくっと落ちる。また青魔法の一部は多段式のものがありそのどは大ダメージ叩き出すものであるが、FF11の戦闘システム上これらを連射していると敵の特殊技頻度が大幅に上がると言うデメリットもあるためMPがあるからと連射してればいいと言うジョブもなかった。この辺の理解が足りない青魔道士いるPTだとがいるだけで戦闘難度が上がる、という人もいたとかなんとか。味方への回復が行える青魔法も割と豊富であり、また赤魔道士の様に素でMPを持つジョブなのでサポートジョブ白魔道士や学者を設定すればサポートメインジョブとして振る舞える事もできた。が、後衛にしさせるなら本職のヒーラーを入れた方が確実なのであまりメジャーな立ち回りではなかった。

現在においては装備可伝説級武器の一である片手剣アルマスが大幅に強化され、一応は魔道士ジョブでありながら軽装ジョブに分類されている為、忍者やモンクと言ったアタッカー向けの防具が装備可、更に自己強化青魔法が多数追加され、追加特性も積み込んだ分効果が上がると言うシステム上他ジョブが得意とする特性同等以上の数値を得る事ができる様になった為、複数のジョブのいいとこ取りのハイブリッドジョブとしての側面が大きく立つようになった。ウェポンスキルであるシャンデュシニュが青魔道士が最もダメージを引き出せるセッティングだった事も大きい。また攻撃魔法も範囲系青魔法が敵の数にかかわらずに一切の減退なしのダメージ叩き出せる為(黒魔道士の範囲系魔法は敵が増える程1体あたりのダメージが大幅に減退する)、青魔道士一人で複数の敵を一蒸発させると言う黒魔道士ドン引きの討伐効率を手中に収めている。

2016年後期あたりからはこの辺の強さを抑えつつ他ジョブの上方修正・調整の為なのかどうかは開発のみが知る所だが、新規に追加されたジョブは本来青魔道士が装備できてもいいグルーピングのものでも【青魔道士だけは装備不可】扱いになってるものが露に多くなってきている。また過去の専用装備品(アーティファクト防具)の打ち直しも実装され、他ジョブのものは幾つかの部位は取得必須レベルの性のものが多い中、青魔道士の打ち直しはが見てもこれはひどい、と言った部位ばかりだったりとメイン青魔道士はバージョンアップごとに基本的にため息を漏らすことが多くなってきている。現在フェイスと言うNPCを使役して疑似PTを組んでプレイするシステム実装されており、彼らのを借りる事でよほど高難度でない限りはソロが強い青魔道士でなくても任務を遂行する事がジョブ毎に可になったりと、青魔道士諸氏はややもやもやする日々を送っている(気がする)。

関連動画

関連コミュニティ

青魔道士に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP