飛空艇単語

ヒクウテイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

飛空艇とは、を飛ぶ架乗り物である。特にゲームファイナルファンタジーシリーズに登場するものが広く知られている。

曖昧さ回避

概要

【Minecraft】飛空艇

現実世界では既にを飛ぶ乗り物として各種の航空機が活躍している。なかでも軽い気体を使って浮き上がる飛行船と、水上で離発着する飛行艇は、その外見や仕様が飛空艇のモデルとなっている可性がある。

一方、架世界の飛空艇は、その外見や飛行原理が際だってファンタジーっぽかったりSFっぽかったりする点に特色がある。ただし作品によってその姿は千差万別なので、あらゆる飛空艇に共通する特徴と言ったら「人を乗せてを飛ぶ」以外にない。

飛行のある船状の乗り物は、元々スチームパンクなどによく登場していたが、「飛空艇」という言葉を最初に使ったのを確認できるのは1990年に発売されたゲームファイナルファンタジーIII』である[1]。それ以前のファイナルファンタジーIIIでは似たような乗り物が「ひくうせん(飛船)」と呼ばれていたが、リメイク時には「飛空艇」とめられている。以来、「飛空艇」という言葉は事実ファイナルファンタジーシリーズの専売特許であり同シリーズ徴ともなっている。

ファイナルファンタジーシリーズの飛空艇一覧

FF5までの飛空艇は、上を航行する船にプロペラやを取り付けたような外観のものが多かったが、FF6以降はスチームパンクっぽさや近未来っぽいデザイン立つ。また、シリーズを通してシドという人物が飛空艇に関わるキーマンとなることが多い。

を飛ぶ乗り物全てが「飛空艇」と呼ばれている訳ではないが、ここでは便宜上条件を満たすものを全て挙げる。生物チョコボ飛竜)は対外。

以下、ネタバレ注意

その他の飛空艇

ニコニコでは Minecraft で飛空艇を作ってみた動画静画が多い。ファイナルファンタジーシリーズに登場した飛空艇を再現した物もあれば、全なオリジナルタイプも見られる。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *これより古い用例をご存じの方は掲示板で教えてください!
この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/02/25(日) 18:16:53 ID: lLO+SXxhTs

    記事作成乙です

    実はFF4にも設定上はシド飛空艇が存在しますね
    NTT出版から出た設定資料編にスペックと一緒に書かれてました
    ちなみに攻略本には飛空艇以外の、生物系も含めた乗り物スペック設定が書いてあるのもあります

    『挺』と間違える事もありますからリダイレクトも作成したらいかがでしょうか?

  • 2ななしのよっしん

    2018/02/25(日) 21:13:32 ID: eGkYoPEDsB

    >>1
    ありがとうございます
    設定上の飛空艇については承知しておりますが、挙げるとキリがなさそう、およびFF4のものに限っては「DS版と設定が矛盾する可性がある(クルーヤが授けた技術であることを示唆する場面があるため)」という理由で入れてません。
    ついでに本音っぽいことも言うと、私がやってないFF11FF14などに関する記述は適当で実際にゲーム中に登場する飛空艇の名すら端折ってる中で、そこを詳しく書くのもアンバランスだな、というのがあります。
    論、書ける編集者・書きたい編集者は追加しちゃっていいと思いますし、「入れろ」という要望が多く強ければ私自身で追記することも考えます。

    スペックは入れ出すと冗長になるので、書くなら当該飛空艇の記事を独立させるべきかと存じます。

    「挺」、ハハッまさかみんなその誤字をそのまま使うなんて……うわぁタグ31件もある?!
    ちょっくら類例が大百科どう扱われてるかを調べて対応します。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/25(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/25(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP