飛頭蛮単語

ヒトウバン

掲示板をみる(48)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

飛頭蛮とは、妖怪の一種である。

概要

発祥の地は中国間は普通人間と変わらないが、になると頭部が胴体から分離し飛び回る。
書物にもよるが首が離れている間に体を動かされる、もしくは何かで覆われてしまうと首が体に戻ることが出来ずに死んでしまう。
山梨では回という武士上がりの僧侶がこの妖怪の一族に騙されかけたとき、飛頭蛮の体を隠した上で襲い掛かってきた頭の方を丸太を手に一晩中叩きのめして退治したという逸話が残っている。

類似する妖怪としてマレーシアなどでは内臓をぶら下げならが飛ぶ「ポンティアナ
同じく胃袋をぶら下げながら飛ぶミャンマーの「ケフィン」など、東南アジア圏には似た特徴の飛ぶ首の妖怪が多い。
また、面い話として、これは単なる体質や病気の類であり、妖怪ではなくれっきとした人間だともいわれている。

日本で割とポピュラー妖怪ろくろ首はこの妖怪モチーフらしい。

どんな感じかイマイチ分からなかったら(の状態限定だが)東方で有名な某ゆっくりを想像してみればいいと思うよ。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/21(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/21(火) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP