飯野賢治単語

イイノケンジ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(79)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

飯野賢治とは、元・株式会社フロムイエロートゥオレンジ(旧名:スーパーワープ)代表取締役社長ゲームクリエイターミュージシャンである。故人。

概要

1970年5月5日生まれ。有限会社インターリンクEIM⇒株式会社ワープスーパーワープ(後に現社名へ変更)にて活動。『Dの食卓』で高評価を獲得。その後、セガサターンにて後述する『リアルサウンド 〜風のリグレット〜』を発表、話題となる。当時は積極的にマスコミに露出し、ラジオ番組のレギュラーを持つなど、時代の寵児的扱いを受けた。現在の会社になってからはヒット作に恵まれず、ネットワークIT関連の仕事をしていたが、Wiiウェアきみとぼくと立体。』でゲームクリエイター業に復帰する。

一方で『ファウスト』にて小説家デビューを飾り、有限会社Route24代表の西健一と共同開発した『newtonica』が日本App Storeランキング1位となり、世界でもチャートインした経歴がある。

音楽活動もしており、元FIELD OF VIEW浅岡雄也GLAYHISASHITaccs No Name青木孝允、セキヒロシNORWAYというユニットを結成した。

2013年2月20日高血圧心不全で死去した。享年42歳。

逸話

彼に関しては逸話は多く存在するが、その中から有名な逸話を紹介する。

関連動画

関連商品

関連生放送

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 77ななしのよっしん

    2019/11/27(水) 22:31:22 ID: dqLwzvizQ8

    肝心のキャプテンがこのていたらくティムービーで、エネミー・ゲロ(EG)を放出したので評価不能評価不能

  • 78ななしのよっしん

    2020/01/15(水) 19:49:44 ID: AiEGW9KgAg

    いいところ: 既存の面さ、商品論に囚われない。続編とかクソだ!
    ダメなところ: やってることは意外と中途半端。

    マリオ64の評が「スター集めに縛られてるのはつまらん。開発版のほうが良かった」という辺りがイノケンの全部というか、たしかに標がない方がってはいただろうが、商品としてそれはどうよってところで意識過剰感がある。少なくともローンチかかってる商業製品に言うことじゃないw
    そのくせエネミーゼロみたいに「元ネタサイレントデバッガーズです」みたいなところもあるから飯田和敏須田剛一にはなれなかった。
    ただ32bitのあの時代に重要な人間だったことは確かなんだよなぁ。一方の端にFFとかマリオとかのコッテコテ保守がいて、反対の端にヤバい革命政権みたいなイノケンがいた。上田文人ワープ出身なのは偶然じゃないし、イノケン本人は単に未開の地で遭難した人でしかないんだけど、そこを切り開こうとした過程に意味がないのかというとそれは違うという。

  • 79ななしのよっしん

    2020/02/23(日) 17:42:38 ID: z6PDsusOFo

    ある程度成功しているとはいえ、ゲーム以外のほうが適正があったのかもしれない
    岡本基準の好きはふつうとは違いそうだし

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/19(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/19(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP