養蜂単語

ヨウホウ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

養蜂とは、ミツバチとしてセイヨウミツバチ)を用いて蜂蜜プロポリス、ローヤルゼリー等を生産する産業である。

概要

歴史(セイヨウミツバチ)

起源

いつごろ人がを飼い始めたかははっきりしないがエジプトの壁画に巣ミツバチを飼う様子が描かれている。

蜂蜜自体はも食べるくらいなので原始人の頃から食べられていたであろう。)

1853年

アメリカラングストロースの発明により養蜂業界に革命が起こる。

と呼ばれる木製のユニットの中でミツバチに巣を作らせ、遠心力分離器で巣から蜂蜜を採取する方法が確立されたのだ。

ミツバチの蜜を採取するたびにミツバチの巣を全部破壊する必要がなくなったのである。

これによりミツバチ、養蜂共に負担が大いに軽減されることとなり、生産量も以前とべ物にならないほど跳ね上がり養蜂は一大産業へと成長した。

現在日本でも巣のことを「ラ式巣」と呼ぶが、これはラングストロース式巣の略である。

現代

世界に蔓延したミツバチヘギイタダニ被害により現在も多くの養蜂、ひいては達が苦しんでいる。

また、現在記憶に新しいアメリカCCD(群崩壊症候群)の原因の一つと推測されているネオニコチノイド系農の普及によりミツバチどころか地域一帯の昆虫類がいなくなる等(ミツバチ全滅である)、養蜂業界を取り巻く環境は厳しい。

また、日本においては全的に蜜植物であったレンゲが栽培されなくなったと共に業界の高齢化が進み、養蜂の数は減少の一途をたどっている。

しかし、よく考えると農家高齢化して辞める人も増えているわけで、農家が少ない地域にうまくを置くことができれば、そういった地域は大抵山の管理もされていないことが多い為、フジアカシアといった蜜を多く出す植物も多いので、活路を見出すことも不可能ではいかもしれない。できればそういったの管理を養蜂が手伝わせてもらって蜜植物を植えつつ、山の資を有効活用できれば最高なのだが。

養蜂業界の明日はどっちだ!?

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2014/07/18(金) 23:16:35 ID: ygkKltU3c4

    ブンブンブン

  • 2ななしのよっしん

    2021/07/27(火) 20:02:30 ID: icLWWLgajz

    最近は若手養蜂が頑っていると聞いた(ソースはない)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/19(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/19(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP