今注目のニュース
自然に起きる500倍という速さで植物の絶滅が進んでいることが世界最大規模の調査で判明(英研究)
唐辛子とみせかけてハブ対マングース!? ズームすると見え方が変わる柄イラストがシュールでかわいい
行列のできるトイレに現れた親子 「前のほうに並ぶ女性にしたお願い」に賛否

餓狼MOW単語

ガロウマークオブザウルブス

掲示板をみる(105)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

餓狼MOWとは、SNKの看作であった餓狼伝説シリーズの最新作にして最終作(?)である。
正式名称は「餓狼 MARK OF THE WOLVES」である。

歴史

稼動初期

発売は1999年。前作『リアルバウ餓狼伝説』から10年後の世界舞台となっている。主人公を従来のテリー・ボガードから、宿敵ギース・ハワード息子にしてテリーの養子であるロック・ハワードに変更。テリー以外のキャラクターも一新し、前作までの流れを断ち切った全新作として発表された。

当時は後に「格ゲー氷河期」と呼ばれる時期で、『餓狼MOW』はこれを打破するに足るビッグタイトルとしてプレイヤーから期待されていた。

しかし、それまでの硬な作から一転、新キャラのかなり同人受けを狙った設定やアニメ調のグラフィック、『餓狼伝説』の代名詞ともいえるラインシステムの撤など、旧来のファンには「最ではない」と酷評されてしまう。
記念すべきアルカディアムック1号、第4回GCN杯の開催種として選ばれるなど、丁寧な作りとゲーム性への評価は高かったが、 旧作ファンからの絶対的な支持を得られなかった事がいたのか、爆発的なヒットには至らず。
SNK渾身の餓最新作は「知る人ぞ知る名作」「惜しむべき佳作」としての評価に留まる結果となった。

その後、格闘ゲームは転換期を迎える。
SNK倒産インターネットの普及による攻略コミュニティの変動、『ギルティギア』の台頭…
動の中でいつしか、『餓狼MOW』はその価を多くの者に知られないまま、ひっそりと表舞台から姿を消していったかに見えた。

HOWARD ARENA

NEOGEOゲームと言う事もあり、メインストリームに返り咲きはしないものの、『餓狼MOW』はプレイされ続けていた。ユーザーからは「良ゲー」「隠れた名作」と言うが多く、「地味にやってるがいるタイトル」として2chでもまったりとスレッドは続いていた。
そして、2002年頃からある攻略サイトが話題となる。「HOWARD ARENAである。

既に「過疎ゲー」の域にあった『餓狼MOW』だが、「HOWARD ARENA」の攻略は全キャラ攻略コンボフレーム表は論、詳細なシステム解析まで網羅されており、まるで過疎ゲーであることを感じさせない濃密な内容だった。とりわけを引いたのはダイヤラムで、過去に「アルカディア」誌上で発表された物とは大きく異なっていた。このダイヤに関しても理由・要因についても説得ある解説がされており、稼動初期を知る者に大きな衝撃を与えた。

そして日記から管理人ヨシミズらが、環境に喘ぎながらも対戦を続けている事、未だ攻略進化の過程にある事、そして、「餓狼MOWはまだ終わっていない」事こそが、何よりも大きな衝撃だったと言える。

その後も彼らの地な布教は続き、次第にプレイ人口はゆっくりだが、しかし確実に増加して行く事となる。

時は経ち、大久保αステーションを中心に、対戦会やランキングバトル催されるようになり、その対戦模様は「HOWARD ARENA」で大量の対戦動画としてアップされるようになっていた。
練り上げられた最先端の餓対戦動画は再び多くの者に衝撃を与え、より多くの者に『餓狼MOW』を知らしめた。ここに至り、『餓狼MOW』は「珠玉の対戦ツール」として広く認知される事となる。


既に稼動からは、6年もの時が過ぎていた…。

現在・ニコニコ

稼動から10年。YouTubeニコニコ動画の普及により、『餓狼MOW』の対戦動画は以前にべれば格段ににしやすくなった。長い年をかけ、ヨシミズらが作った環境基盤は僅かな世代交代を経て、現在も息づいている。

現在ニコニコ動画では中野TRFの大会動画が定期的にアップされ、初中級者大会やガチ撮り動画も好評を博している。特にコバ実況「知らない人でも理解できる実況ガチ勢も唸る詳細な内容の実況を両立させた稀有な例として数ある格ゲー実況の中でも有名となり、中野TRF動画の人気を支える一因ともなっている。

最近では名勝負集が上がった他、コバらにより新たな試みとしてオーディオコメンタリーも行われている。
オーディオコメンタリーとは、ガチ撮りを第三者視点実況・解説ではなく、対戦者本人同士(+α)で解説して行く手法で、過去闘劇DVD内の企画やX-MANIAスパIIXの大会)のDVDなどで行われた事があるが、まだメジャーな手法ではない。
第三者では解らない駆け引きを知ることができる他、脱線したトークなども聞けるウェブラジオ的な面を持つ、非常にニコニコ向きで面い試みである。是非一度は見てみるとよいだろう。

2012年からはニコニココミュニティHaraheriwolvesexit_nicocommunity」にて大会のコメンタリーなども行われている。

他には現在よりもガチ臭がしく、レジェンド勢満載な過去大久保αステーションのランバト動画関東とは違ったプレイスタイル、雰囲気、職人芸を見る事ができるソフテム(大阪)の対戦動画などがアップされている。

アーケード格闘ゲーム自体が下火となった感のある現状で、『餓狼MOW』は10年以上前のゲームと言う事もあって、どこでも対戦できるゲームではない。しかし現在も各地で対戦が繰り広げられており、2009年6月24日にはXBLAで配信されるようになった。

2017年現在ではXbox oneでも360版(XBLA配信)がプレイであり、またPS3にてPS2アーカイブ版がプレイとなっている。また、スマートフォン向けにも移植されている。

そしてついにPS4版・PS Vita版・Steam版の移植版3種が配信された。

Steam版は高いPCスペックが要されるので、それに自信のい方はPS4版かPS Vita版の購入をオススメする。また、PS4版やPS Vita版ではニコ生実況較的サクッと出来るぞ。

最後に、動画や生配信を観て興味を持った人は、是非『餓狼MOW』をプレイしてみてほしい。

主な定期稼動店舗(2017年現在)

が付いた店舗は定期的なイベントの開催有り。他にも定期稼働している店舗があれば是非追記を。

登場キャラクター


ロック・ハワード

ロック・ハワード『餓狼MOW』の主人公にしてギース・ハワード息子(初出は『餓狼伝説3』テリーED)。
ギースの死後、ギースであるテリーに養育を受けた為、ギース烈風拳やレイジングストーム真空投げなどの技と、テリーのライジンタックル等、両方の技を使う事が出来る。クラックシュートカウンターアレンジしたクラックカウンター等、独自にアレンジした技も多く持つ。
また、インストに記載されていない隠し必殺技として、デッドリーレイブ・ネオが存在する。

貌が同社作品『月華の剣士』の覚醒後の「」に似ていることがよくネタにされる(身長・体重・年齢も大体同じ)。
ちなみに、両作品ともイラストレーターは同じTONKO(現:せんのあき)である。

飛び道具、対技、突進技、移動技、当身コマ投げと多種多様な技を持ってはいるのだが、そのどれもが痒い所に手の届かない性という典器用貧乏キャラ。通常技の性もいまいちで、主人公にしてはしく3弱とまで言われる。
その微妙さは必にも及び、3つある内実戦で使えるのはシャインナックルのみ。レイジングストームとデッドリーレイブはどちらも使いたい人が使う程度のものでしかない。しかしシャインナックルは発生0F技で威にも優れ、いかにしてシャインを当てていくかが問われる、ロックの代名詞になっている。

プレイヤーとしては「わた」が有名。牽制の立ち小K単発ヒット確認シャインナックルや真空投げブレーキング追撃を使いこなす氏のロックはもはや投げキャラ、隠しキャラといわれる事も。

テリー・ボガード

前作までの主人公で、旧作から一参戦。衣装、髪型を一新しながらちゃんとテリーとして認識できるあたりにドット絵師職人芸が垣間見える。またボイスも一新され、それまで叫んでいた技名をほとんど叫ばなくなり、年相応の渋さが増している。

年齢を経たせいか通常技、必殺技の性は低くなっており、地上戦は死んでいるとまで言われる。反面、キャンセルフェイントを絡めたラッシュが強で総じて差し合いではなくワンチャンスからのラッシュで押していくキャラ。一度触ってからの攻めの強さと、馬鹿には出来ないコンボ火力が武器となる。特にノーゲージでの火力は全キャラでも上の方、ゲージがあればあればでバスターウルフによる火力底上げ、発生7fだが発生保付きで割り込みに重宝するパワーゲイザーなど更に強くなる。

プレイヤーとしては「れでん」、「」が有名。

キム・ドンファン

キム・カッファン長男。性格、顔、全てが親に似ておらず、「こいつ本当にキムの息子か?」という意見も。
でも密かにを尊敬していたりと、内面は結構だったりする。
また、思いな一面もあり、ジェイフンを手助けしようとKOFに出場したり、過ぎて思いつめてしまうジェイフンをフォローしたりしている。
はしないが強い、いわゆる天才肌の男。父親のカッファンには出来ない、電撃った蹴りを使う。

と違い必殺技の性が良いため、ゲージ溜めにはさほど苦労しない。そして必のスーパードンファン脚は発生0フレの為、極めればJD後や相手のちょっとした隙に差し込むことが可。このスパドンのおかげでゲージ1本溜まっている時のドンファンバッタ戦術は相手に相当のプレッシャーを与える(発生0fなので何か振った時点でほぼスパドン確定)。
近立Dキャンセルフェイント昇りAスーパードンファン脚×2なんて世紀末な連続技も出来る。 画面端なら更に強も入るぞ!

プレイヤーとしては「彼女☆募集中」が有名。

キム・ジェイフン

キム・カッファンの次男。サボり魔なのに反し生練習熱心、遂には一門の秘伝・鳳凰脚を会得する。
謙虚な好青年でよく出来たである。ドンファン電撃った蹴りを使うのに対し、ジェイフンは炎をった蹴りを使う。電撃も炎も両方父親のカッファンには出来ない。
それ故か非ファンクラブ「サウス・ジェイフン隊」が存在し、勝利時にヤカン持ってくる可愛い子もその一員だとか。 羨ましいぞ畜生(ただしこの団体、裸足で走ることに自信があればでも参加できる。本当にファンクラブか……?)。
父親譲りなのか悪人が嫌いで、牙フリーマンに対しイントロで「悪は許しません!」と言う。

ダッシュが素く、通常技の性が全体的に良い。
反面、必殺技の性が悪く、何より飛び道具く気軽に技が出せない=ゲージ回転率が悪い為、もなかなか出せないキャラ
の良い通常技でいかに立ち回るかが重要なキャラ

プレイヤーとしては「キンノジ」などが有名。

北斗丸

日本からサウスタウンにやって来た、不知火術を使う少年忍者アンディ・ボガード子。
性格は元気で子供っぽく、好奇心旺盛。いたずらっ子のようだ。スタイルが良くて気の強い年上の女性が苦手。
山暮らしだったせいかに慣れていないようで、に登って周囲を見渡したり、道路に飛び出して自動車の通行を妨げたりしている(なお、この際通行を妨げられている人の中に、同製作チームの「月華の剣士」の主人公守矢がいる)。

忍者らしく二段ジャンプが可で、さらに地上中問わずコンビネーションが豊富。
地上でもコンビネーションキャンセルがかかり必殺技に繋がるなど、他のキャラと違ってコンボゲー的要素が多い。
欠点はコンビネーションの豊富さから来る基礎攻撃と防御の低さ。あと、飛び道具のくせに通常技で相殺される手裏剣微妙なこと。

マルコ・ロドリゲス

極限流ブラジル支部門下生で、師範直々に師範代に任命されている。その実折り紙付き。

一言で言うと、濃い。
カインに「まで筋肉で出来ている」などと言われるなど筋入りの脳筋だが、実は高い。
一方でボス2人に勝利したときの評価では、カインく「(一見馬鹿に見えるが)素晴らしい」、グランく「すごい漢」と、大絶賛されている。
北斗丸勝利メッセージ 「子供は寝る時間なり! 大人はムフフの時間なり!」 など、駄に濃い外見と中身とのギャップが密かに人気。

極限流空手としておなじみの波動昇持ちの上に、暴れや攻めがとにかく強い。
特に中下段の二択から全く同じリターンが取れるため、起き攻めだけで殺し切ることも可である。
爆発だけなら『MOW』でもトップ3に入るだろう。
しかし、「弱攻撃に一切キャンセルがかからない」という致命的な欠陥が存在する。

プレイヤーとしては、すさまじいGC精度を誇る「田村」が有名。

ケビン・ライアン

殺された親友のを親友の息子と共に追い続ける警察官。

MOW3強の1人。火力が高く、特に潜在版ガトリングフリーザーは発生0フレ、ガードさせて有利、地上中どちらでヒットしてもそこからのコンボで確実に5割以上は持っていけるというめ腐った性
また、“ヘルキャン”と呼ばれる特殊なテクニックにより、一ヘルローター2発分のゲージをチャージ出来るなど、ゲージ溜めトップクラス。ただこの2回溜めはコマンドが非常にめんどくさいという欠点はあるが、1回溜めの通常ヘルキャンでもそれなりのゲージを溜められる上に、クリーパーキャンセル(通称床オナ匍匐キャン)でもやっぱりそれなりのゲージが溜まる。ヘルキャンをコンボ必の間にフンフン挟むことで、MAX2ゲージなのに3ゲージ使用コンボが成立するなど本作きっての問題児キャラである。

中下段の崩しが弱いという欠点はあるのだが、ブレーキングヘルトラップを絡めた永久ガード連携や、全キャラ中で2番に投げ間合いの広いコマ投げを搭載している為、そこは問題い。
むしろ中間距離での立ち回りに難があり、立ち回りに秀でたキャラ相手だと思わぬ苦戦を強いられる事も。

プレイヤーとしては「まゆ」が有名。

フリーマン

ストリートファイトで得られるスリルに快楽に近い感情を見出している危険な男。
特に生死を賭けた一を至上とし、カインと対峙した際「刹那的に物を考えるきらいがある様だ」と評された。
人を殺す事を「召す」と称しており、既に幾人も殺している。
同作キャラケビンも親友をフリーマンに殺された人間の一人である。

通常技はいいものがっており、牽制に優れる。
その反面、必殺技の発生が遅い上に無敵のついた技もどない。
ラッシュには優れるものの崩しに欠け、切り返しも貧弱という困った性

戦法としては牽制で戦っていくキャラ。中距離から通常技やV.O.D等を振りつつ、ゲージが溜まったらフルブラスト叩き込んでいくのが基本。小技が刺さればフルブラが刺さる。

B・ジェニー

色気担当の女性キャラクターにしてMOW3強の1人。
「リーリンナイツ」という海賊集団のリーダーだが、実は世界有数の財閥・バーンの一人
同じお色気キャラである不知火舞とはライバル的な存在となっている。19歳というのも、舞を意識して設定されたのかも。
お色気キャラらしい陽気で自由奔放な性格だが、初恋の人の前ではとたんにしおらしくなるという意外な一面もある。

一芸特化というか一技特化キャラ。具体的には必殺技の「ハリア・ビー」。
ジェニーと言えばハリアであり、ハリアと言えばジェニーである。というかこの技がくなったら確実に弱キャラになる、と言うほどジェニーの強さを支えている技。
具体的に言うと滑蹴りであり、中からほぼ方向へ伸びるキック攻撃で、連続HITしてのダメージ量もかなりある。突進距離もけっこうあるため、見てからの対では対処できないことも多く、「ハリアを撃つか、撃たないか」という択一が1つずつのジャンプに含まれるため、非常に厄介

双葉ほたる

友達であるテンのイトカツと共にを続ける拳法少女。あとアホ毛
の死と同時に行方不明となったを捜している。

地上では波動昇、浮かせ蹴り、コマ投げ、削りが強い連撃技と一通ったスタンダードな性
攻めやすさ、守りやすさは悪いものではないし、意外と基本コンボ火力が高かったりする。しかし、その一発を決めるために短いリーチでどうやりくりするかがこのキャラクターツボである。

そして、彼女を一躍有名にした技といえばやっぱり「天翔乱姫」ではなかろうか。
通称「騎乗位」。皆エロい技は大好きだ、ということですね。わかります

プレイヤーとしては、第弐回日で優勝した「ごんちゃん」が有名。

牙刀

八極拳や心意六合拳を使う青年付きが鋭く、常人ならを合わせようとは思わない程らしい。
を殺して失踪した復讐するためをする。

外見などのモチーフというか、元ネタは「グラップラー刃牙」の烈海王と言われている。
名前も刃牙を捩ったものという説もある。プレイヤー間ではたまに「牙王」と呼ばれる事もある。
その所為か微妙ツンデレっぽい所もアリ

ケビンに並ぶ5強の筆頭格。はっきり言って コイツに弱点といえる弱点はい。
まず、「キャン」と言われるテクニックにより、 隙をほぼ見せずに必殺技2回分のゲージを溜めることが可
そうしてガンガン溜めたゲージを、『MOW』では標準の0F必の中でもリーチが抜群に広い「牙」に使う戦い方が基本。

強いて弱点を挙げれば、ゲージければ明確な切り返しがいので速攻を仕掛けられると弱いことだろうか。色々な意味でゲージ依存性の高いキャラクターである(もっとも、ゲージ回収が高いので璧に近いレベルしていると言えるが……)。

グリフォンマスク

恵まれない子供達の為に自由観戦席『グリフォンシート』を作るため参加した正義の覆面プロレスラー
グリフォンな部分はほとんどマスクしかないため、扱いされることが多い(というか公式にもマルコだと思われている、他、客演のKOFでのストーリーでも何かとネタにされている)。KOF14恐竜王とは関係。関係ったら関係。

見たの通り投げキャラ…なのだが、肝心の投げ技の性絶望的に低い。
そのためリーチのある弱Pなどで牽制しつつ、 相手の行動に落ち着いて対処したり、相手の隙を突いて足元無敵のステップや上半身無敵の→+ACフェイントから投げを狙うという少々変則的なキャラクター
MOW』ではロックと並んで最弱へのデッドレースをするハメに。

プレイヤーとしては「ゆーじ」、初代青い鳥と呼ばれる「もみあげ」、二代青い鳥と呼ばれる「コロッサス」が有名。

グラント

『餓狼MOW』の中ボスにして戦いの殉教者。流空手というあんまりな名前が時々ネタにされる。

攻撃高い、防御高い、機動もそれなりという高性キャラ。通常技がほとんどキャンセルできないが、性自体が高いため、逆説的にコンボが出来ない初心者にも使えるキャラキャンセル不能と言ってもしゃがみAからノーキャンセル魔神輪が繋がるため、火力が低いというわけではない。論上級者が使えばもっと強い。

プレイヤーとしては「コバ」、「伊藤誠」が有名。

カイン・R・ハインライン

『餓狼MOW』のラスボスにして3強の1人。流というグラント以上にダサい名前、26歳でロック叔父という設定、18歳マフィアの幹部になったという過去などいろんな意味で突っ込みどころ満載な男。
同じ金髪と言う事で誤解するかもしれないが、ロックメアリーに当たる人物であり、彼自身はギース・ハワードとは直接関係はしていない。

本作の溜めキャラ担当。安直な全画面必や、ゲームバランスをぶっ壊すような厨性能の技がい事などから一時は良心的なラスボスと呼ばれていたが、長年の研究の末、受身不能ゼーレが発見されるや否や評価は一変。
元から性の高かった守りに、TOPアタックを絡めたガークラ連携(全キャラ対応)という強な攻撃を身に付け、稼動から10年近く経って一気に5強(コバく3強)の位置にまで上り詰めたと言う、よくわからないサクセスストーリーを持つラスボスである。まぁでもちゃんと強キャラとして対戦で実用できるってだけで良心的ラスボスだと思うよ。うん。SNK勢はよく訓練されてます。

プレイヤーとしては「Charles's Wain」が有名。環境の都合から東京大阪などの大都市に有名プレイヤーが集まりやすい中で、四国にいながらカイン全一とまで言われるほどの実を身に付けた地方格ゲーマーにとっての希望

関連動画

対戦・試合動画

ゲーム動画

TAS

音楽

MADなど

関連商品

関連項目

掲示板

  • 103ななしのよっしん

    2018/02/17(土) 23:54:05 ID: NKVYmagHhr

    ケビン使ってるけどこのキャラ基礎コンの時点でかなりムズイ•••
    2回ヘルキャンもそうだし多分自分がやったMVS格ゲーの中でトップクラスに難しいキャラだと思う•••

  • 104ななしのよっしん

    2018/09/02(日) 00:56:56 ID: Nb5XCKNZzs

    ガード硬直が独特で有利不利が見たで分かりにくいッス

  • 105ななしのよっしん

    2019/04/17(水) 02:01:05 ID: fhgQHy7k0p

    昔何かで見た対戦動画あったけど4つ
    あれってどれ何だろう
    ケビンで極悪コンボ決めまくってたの覚えてたけど

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP