今注目のニュース
「ふわふわで感動」 ローソン話題の「厚焼きパンケーキ」、クオリティも売上も予想以上!
「ヤキ!(ヤキ!↑)焼き餃子~♪」 「餃子の王将」目覚まし時計が朝から笑ってしまう破壊力
マイクラの「草ブロック」を再現した猛者現る リアルすぎる仕上がりに絶賛「並べたくなる」

館山昌平単語

タテヤマショウヘイ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(29)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
入れ替えについて 移籍・戦外・引退による書き換えはNPBの公示exitが出るまで待ってください。

館山昌平(たてやま しょうへい、1981年3月17日-)とは、神奈川県出身のプロ野球選手投手)である。現在東京ヤクルトスワローズに所属。

概要

小学校から野球を始める。

2002年日本大学からドラフト3巡名されヤクルトスワローズに入団。背番号25

ヤクルト時代

2004年(2年)に右肘の靱帯を断裂する怪に見舞われた。


2005年には先発ローテーションに定着して10勝を挙げるなど、復活のシーズンとなった。


2006年先発で結果が出ず、中継ぎに転向してシーズン終盤には抑えも任された。


2007年5月から先発に回るが、好投しても全く勝ちに恵まれない展開が続く。横浜ベイスターズ戦で延長10回を投げきりながら1失点でサヨナラ負けという聞くも涙、るも涙な試合もあった。8月から今度は抑えに回されるがこちらでも負け運を発揮してしまい、結局シーズンを通して防御率3.173勝12敗という、「無援護ってレベルじゃねーぞ!」な数字を叩き出した。なおこの年の契約では、祖が作成した200ページに及ぶデータ集を持参して交渉を行い、3勝12敗にも関わらず1600万円アップを勝ち取る。


2008年無援護属性村中恭兵に押しつけて1年間先発ローテーションとして活躍。昨年の見殺し王子っぷりがのように勝ちを順調に積み上げ、12勝3敗、防御率2.99という好成績を挙げて最高勝率タイトルも獲得。昨年の借済して見事に帳を合わせた。また中日ドラゴンズから5勝を挙げ「ドラゴンキラー」と呼ばれた。


2009年はさらに輪を掛けて勝ちまくる。前年8月から続く連勝を14まで伸ばし、金田正一の持つ球団記録(11連勝)を51年ぶりに塗り替えた。最終的に16勝6敗、防御率3.39最多勝タイトルを獲得。ヤクルトクライマックスシリーズ進出の原動となった。無援護、見殺し王子と呼ばれたのはすっかり過去のことになる。


2010年は右肩痛で開幕二軍が心配されたがギリギリ間に合う。5月に右肘痛で約2週間、6月に走塁時の折で1ヶ強戦列を離れたが、3年連続となる二桁の12勝、リーグトップの4完封を挙げた。また最終戦登板で規定投球回に滑り込んだ(防御率リーグ3位の2.93)。


2011年は開幕からエースとして好投。後続に勝ちを消されることが多く(規定回数到達者ではリーグ最多の4回)、8月右手の血行障で一時離脱したが、シーズンを通して安定した内容で、11勝5敗、防御率2.04と好成績を残した。しかし血行障治しないまま、クライマックスシリーズではリリーフ先発を兼任するなど理をした影で、オフに手術した。


2012年は前年の血行障の手術の影が懸念されたが、1年を通してローテーションを守る。固め打ちで大量援護を貰う時期と全く援護のい時期の差が極端だったが、12勝8敗、防御率2.25の好成績でエースとしての貫を見せた。クライマックスシリーズでも1stステージ第2戦で6回失点に抑え勝利を挙げたがチームは敗退した。


2013年は初めて開幕投手を務めたが、2試合で右肘に違和感を覚えて緊急降。右肘靭帯の再断裂で再建手術を受けることになり、全治1年でシーズン絶望になった。公式ブログの2013年4月7日の記事exitヤクルトファンならずとも、涙を誘う内容である。


2014年は復活を期し一軍キャンプを迎えたが、練習試合で降。再び右肘の手術を受け長期離脱。一軍登板することはなかった。


2015年リハビリの影で開幕を二軍で迎え、6月28日読売ジャイアンツ戦でようやく一軍復帰を果たす。そして復帰2戦となった7月11日横浜DeNAベイスターズ戦で、6回1失点の好投で、2012年9月15日以来の勝利投手となった。3ヶで6勝を挙げ、14年ぶりのリーグ優勝に貢献。オフにカムバック賞を受賞した。


2016年は右肘関節の遊離体摘出とクリーニング手術を受けた影で10試合の登板、1勝4敗と負け越した。


2017年は不調で2試合に留まった。


2018年は5試合登板するも、2016年以来のとはならなかった。


2019年9月8日に現役引退を表明。引退試合となる9月21日中日戦で先発登板し、1番・大島洋平セカンドゴロに打ち取った。

プレースタイル・人物

成績

通算投手成績

通算:15年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 279 207 21 11 85 68 10 24 .556 1392.0 352 998 566 513 3.32

タイトル・表彰・その他

タイトル
最多勝利 1回 2009年
MVP 3回 2010年8月2012年4月2012年9月
カムバック 1回 2015年
その他
オールスターゲーム出場 4回 2008年2009年2011年2012年
開幕投手 1回 2013年

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/22(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/22(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP