香川真司単語

カガワシンジ

1.2万文字の記事
掲示板をみる(287)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 

香川真司

香川真司Shinji Kagawa,1989年3月17日 - )とは、日本サッカー選手である。
ベルギー・ジュピラ―・プロリーグシント=トロイデンVV所属。元サッカー日本代表

175cm68kg。ポジションMFオフェンシブハーフ)。利き足は右。

概要

兵庫県神戸市区出身。セレッソ大阪高校2年生のときにプロ契約を交わすと、2年後にJ2リーグに降格したチームを圧倒的な個人J1復帰に導き、注を集める。史上初の平成生まれの日本代表選手となり、アルベルト・ザッケローニ監督の時代に中心選手として活躍。2011年AFCアジアカップ優勝に貢献している。

ドイツボルシア・ドルトムントに所属していた頃には、としてブンデスリーガ2連覇に貢献。日本のみならず海外からも注される選手となり、名伯楽として知られるアレックス・ファーガソンに認められイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドへの移籍も果たす。

本田圭佑と共に、2010年代日本サッカー界を代表する選手であり、日本代表では背番号10を背負ってプレーしている。FIFA ワールドカップには2度出場しており、2018年ロシアW杯ではコロンビア戦での先制ゴールとなるPKを決めるなど、日本の3度の決勝トーナメント進出に貢献している。

経歴

生い立ち

と3歳年上のの4人家族で生まれ育つ。父親阪急電鉄に勤務。5歳のときに阪神大震災に遭遇しており、当時住んでいたマンションは断父親はタンスが倒れないように懸命に支えていた。変わり果てた故郷である神戸市の姿を見て子供ながらにショックを受けたとっている。

幼稚園の頃からサッカーを始め、小学生1年生のときには地元の少年サッカーチームであるマリノFCに所属していた。この頃からすでに非な才を発揮しており、周囲からは天才と称されていた。小学4年生のときには、神戸市選抜のメンバーに選出。5年生になると、より高いレベルでのプレー希望し、神戸NKサッカークラブに移籍している。子供の頃の憧れの選手は三浦知良カズ)で、カズのようなJリーガーになりたいというを持っていた。

中学生になると、神戸NKの監督から勧められたこともあり宮城県サッカー留学を決意。仙台市学校に通いながらFCみやぎバルセロナユースチームプレーしていた。ナショナルトレセンU-15日本代表メンバーにも選出されたこともあり、高校生になると香川の存在はJリーグチームからも注されるようになり、高校2年生にしてFC東京セレッソ大阪からオファーを受ける。

セレッソ大阪

2006年17歳のときにセレッソ大阪契約プロとしてのキャリアスタートチームユースに所属していない高校卒業前の選手がプロチーム契約するのは当時異例のことだった。高校クラブが提携を結んでいるウイサス高校に転向する。もっとも、ルーキーイヤーの2006年公式戦の出場はく、チームJ2に降格する。

2年となった2007年は、5月に就任したレヴィー・クルピ監督に才が認められ出場機会を増やし、J2第17節水戸ホーリーホック戦でプロゴール記録。その後レギュラーに定着するようになり、当時のポジションボランチだったものの35試合5得点9アシストという記録を残している。

2008年には、全にチームとして定着。攻撃センスの高さにを付けたクルピの意向によってトップ下やシャドーの位置でプレーする機会が増え、ゴールに直結するプレーが増える。特に得点アップにはを見るものがあり、35試合に出場して16得点10アシスト記録J2リーグに所属ながらも日本代表にも選出される。しかし、チーム場以降に勝ちが伸びず、またもやJ1昇格はならなかった。

2009年シーズンからは前年に引退した「ミスターセレッソ森島寛晃が長年付けていた背番号8を継承。以降、セレッソ大阪エースナンバーは8番となる。前のシーズン横浜F・マリノスから移籍して来た乾貴士との息の合ったコンビネーション得点を量産。J1ですらトップレベルにあると言われた香川の2シャドーによるコンビは手の付けられないものとなっていた。5月19日J2第15節水戸ホーリーホック戦ではプロ入り初のハットトリックを達成。シーズン終盤は怪スーパーサブとして起用されていたが、リーグ27得点J2得点王にき、この年のC大阪J1昇格の原動となった。ちなみにこの年のC大阪香川が27ゴールが20ゴールで2人合わせて47ゴール記録チームの総得点100得点に達しており、伝説的なチームとしてり継がれている。

初のJ1プレーすることとなった2010年は、5月15日までにJ1でも十分に得点王を狙える7得点記録するが、7月ドイツブンデスリーガボルシア・ドルトムントへ移籍が決定する。ドルトムントはこの数年前からスカウトを派遣して香川プレーを注視し、獲得に踏み切っていた。日本での最後の試合となったJ1第12節ヴィッセル神戸戦では自身初となるFKからの直接ゴールを決めている。

ドルトムント(第一次)

2010年7月1日、21歳でブンデスリーガの名門ボルシア・ドルトムントへの全移籍が正式に決定。背番号は「23」。実は前年の12月ドルトムントホームゲームに招待されており、そのときの8万人が熱狂するスタジアムに感銘を受け、このときからすでに加入の希望を伝えていた。

その類稀な攻撃センスに惚れ込んだユルゲン・クロップ監督からスタメンの座を与えられると、驚くべきスピードチームに順応する。9月11日長谷部誠との日本人対決となったヴォルフスブルク戦ではブンデスリーガでの初得点記録、またも内田篤人との日本人対決となった翌節のシャルケ04とのルールダービーでは2得点を挙げ、キッカー誌とビルト誌の両方から最高評価点の「1」を付けられる。加入当初はドイツで全くの名の存在だったが、く間に香川真司の名がドイツ中に知れ渡った。2011年1月に出場したAFCアジアカップでの怪により後半戦を棒に振ったが、このシーズンは17試合8得点と大活躍し、攻守にわたってドルトムントの9シーズンぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。自身はブンデスリーガ公式の前半戦MVPに選出され、キッカー誌が選定した年間のベストイレブンに選ばれた。

2011-2012シーズンは怪から復帰し、リーグ前半戦終了時点で4得点5アシスト。ちなみに香川が1試合あたりに走った均走行距離は12.36キロで、前半戦に出場したブンデスリーガ全選手の中でトップであり、活躍の背景に豊富な運動量があることが裏付けられた。11月24日にはUEFAチャンピオンズリーグアーセナル戦においてCLで自身初となるゴールを決めた。もっとも10月頃からやや調子を落とし、新たに前線でコンビを組んだロベルト・レヴァンドフスキとの連携がうまくいってなかったこと、マリオ・ゲッツェが台頭したこともあってスタメンから外れる時期もあった。リーグ後半戦はそれまでの憤をらすかのような獅子奮の活躍を見せ、コンスタントゴールアシスト記録し、チームの快進撃の中心となり、27節のケルン戦での2ゴールで二桁ゴールの大台に乗る。リーグ優勝に王手をかけた第32節のボルシア・メンヘングラッドバッハ戦でも決勝ゴールを決める活躍を見せる。この結果、ドルトムントリーグ28戦敗という記録と共にブンデスリーガ2連覇を達成。DFBポカール決勝でも強バイエルン・ミュンヘンを相手に先制ゴールを決めるなど活躍、クラブ史上初となるシーズン2冠に大きく貢献。2年香川は31試合に出場し、13得点9アシストドイツ中に衝撃を与えた1年を大きく上回る成績を残す。ビルト誌が選定する年間ベストイレブンに2年連続で選出。

マンチェスター・ユナイテッド

ドルトムントでの活躍が世界的名将であるアレックス・ファーガソン監督に評価され、2012年6月5日世界的なピッグクラブであるイングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドへの全移籍が発表、同22日に正式契約を結んだ。背番号は26番に決定。移籍1500万ユーロ(約20億円)。

2012年8月20日開幕戦のエヴァートン戦でデビューを果たすと、第2節のフラム戦でプレミアリーグゴールを決める。前年度のCL決勝でFCバルセロナきまでに叩きめされたファーガソン監督は、これまでのチームスタイル限界を感じ、新しいスタイルを導入するためのキーパーソンとして香川を獲得していた。だが、チームアーセナルエースであるロビン・ファン・ペルシーの引き抜きに成功したことで、従来のスタイルを併用するようになり、出場機会は多かったものの大事な試合でスタメンから外されることが多くなっていた。さらにCLで負った負傷のため2カ離脱することもあった。3月2日マンチェスター・ユナイテッドホームであるオールド・トラフォードの400試合となったノーウィッチ・シティとのホームゲームプレミアリーグ日本人初となるハットトリックを達成。3得点芸術的チップキックシュートとなっている。チームは、2シーズンぶりのリーグ優勝を達成し、日本人初のプレミアリーグ優勝を果たす。これにより自身は欧州移籍後3シーズン連続のリーグ優勝となった。しかし、27年間マンチェスター・ユナイテッド揮し、数々の栄をもたらしたファーガソンが退任を表明。このことが香川歯車を大きく狂わせることとなる。

ファーガソン引退に伴い、2013-14シーズンから新たに就任したデイヴィッド・モイーズのもとポジションを失ったものの、シーズン途中から先発ポジションを奪取。しかし、サイドからのクロスを重視する古典的なブリティッシュスタイルであるモイーズの戦術に香川のストロンポイントは発揮できず。また、フィジカルを重視するモイーズのチームフィットしようと筋トレーニングを増やしたことで持ち味だった俊敏さを失ってしまう。結局このシーズン香川は0ゴールに終わってしまい、チームCL圏外という屈辱のシーズンとなった。この頃の香川の不遇な扱いを恩師のクロップはたいへん嘆いていた。

2014-15シーズン、新たに就任したルイス・ファン・ハールの元でポジション奪取にやる気を見せていたが、守備的MFでの起用やファン・ハール戦力外通告ともいえる発言から退団を決意する。

ドルトムント(第二次)

バレンシアエバートンなど複数のチーム興味を示す中、本人の希望で古巣のドルトムントに800万ユーロで復帰が決まった。背番号は「7」。復帰が決まった際には地元メディアが一面で取り上げるなど大きな注を集め、かつてのクラブアイドルの帰還にドルトムントサポーターは歓喜する。

復帰戦となった9月13日の第3節、SCフライブルク戦で、マルコ・ロイスが負傷離脱した事もあり、トップ下で先発出場し、移籍後初得点を決め活躍し、その試合のMOMに選出された。しかし、マンチェスター・ユナイテッド時代から続く不調から全に脱却できておらず、チームも一時は最下位に転落するほどの深刻な不調に陥る。なかなか調子が上がらず、クロップからスタメンを剥奪され、出場機会が与えられない時期が続く。結局、チームは何とかヨーロッパリーグ圏までは立て直すが、かつてのきを見せられないままシーズンを終え、クロップチームを去ることになる。

2015-16シーズンからクロップの後任となったトーマス・トゥヘルは、これまでのトランジションスタイルからポゼッションサッカーへの移行を図ろうとする。背番号を「7」からかつて付けていた「23」に戻した香川は、インサイドハーフで起用されることが増え、ゴール前よりもパサーとしてゲームメイク重を置いた役割を与えられる。それでも、新しい役割に順応しながらゴールも重ね、第28節のヴェルダー・ブレーメン戦では、ブンデスリーガ通算100試合出場を達成。このシーズンは29試合9得点9アシストという記録を残し、復調を印付けたシーズンとなった。

しかし、2016-17シーズンは、トゥヘルがより多様性をめる戦術を採用したことで徐々にチームでの居場所を失っていく。2016年11月22日CL第5節レギア・ワルシャワ戦では前半17分と18分に連続でゴールを決め、CL史上最速の連続ゴール記録立。だが、リーグ戦での初ゴール2017年4月13日ハンブルガーSV戦までかかり、試合出場も21試合にとどまる。

2017-18シーズンから監督に就任したピーターボスからは途中交代から流れを変える役割を与えられる。シーズン途中でボスが解任され、ピーター・シュテーガーが監督に就任してからスタメンを取り戻すが、第22節のハンブルガー戦での負傷によって2カもの間ピッチを離れることになり、不完全燃焼シーズンとなる。

2018-19シーズンから就任したルシアン・ファブレからは全に構想外という扱いを受け、シーズン前半戦でリーグ戦2試合、公式戦の出場は4試合のみとなっていた。

ベシクタシュ

出場機会をめた香川は、新地にトルコを選び、2019年1月31日ベシクタシュJKへの半年間の期限付き移籍が決定する。トルコでのデビュー戦となった2月3日アンタヤスポル戦で後半36分から出場すると、投入されてわずか16後に初ゴールを決める。さらに、後半39分にもFKからこの試合2ゴールを決め、々しいデビューを飾る。しかし、コンディションの問題もあって好不調の波があり、全にレギュラーを掴むには至らなかった。そのため、全移籍とはならず、トルコでの挑戦は半年で終了する。

サラゴサ

2019年8月9日スペインラ・リーガ・セグンダ・ディビジオン(2部)のレアルサラゴサへの2年契約での移籍が決定。2部とはいえ、かねてから希望していたスペインでのプレーが実現することとなった。これまでの実績からスター選手として大歓迎を受ける中、開幕戦からスタメンで出場。第2節には移籍後初ゴールを決める。しかし、コンディションが整わないこともあって徐々にチームでの序列が下がっていき、年明けからは出場機会が減する。それでも、2020年1月22日久保建英が所属するマジルカとのコパ・デルレイ3回戦では1アシスト記録するなど、きを放ち日本人対決勝利する。さらに、1月30日の4回戦では敗れたものの、レアル・マドリードを相手に好プレーを見せる。だが、チーム内での序列はなかなか上がらず、プリメーラ昇格のかかった大事な終盤戦の時期に6試合連続でスタメンから外れる。昇格プレーオフでは、2試合連続でスタメンに起用されまずまずのプレーを見せるが、チームエルチェに敗れプリメーラ昇格を逃すこととなる。

2020-2021シーズンEU圏外の関係で選手登録から外れ、事実上の戦力外通告を受け、2020年10月2日にはサラゴサとの契約を解除し、フリーとなる。古巣であるセレッソ大阪からオファーも受けたが、欧州でのプレーにこだわったため断りを入れている。結局およそ4カ所属の状態が続く。

PAOK

2021年1月27日ギリシャPAOKテッサロキニに1年半の契約で加入。背番号ドルトムント時代と同じ「23」。2月3日のキペロ・エラーダス(カップ戦)で途中出場し、新地でのデビューを飾るとともに約5か半ぶりに公式戦のピッチに立つ。3月3日のキペロ・エラーダス準々決勝で移籍後初スタメンを飾り、初アシスト記録3月8日スーパーリーグ第25節アリス戦でリーグ戦初スタメンとなるが、足首の負傷によって前半で交代になり、戦線を離脱。復帰間近となった4月14日練習中に太ももを負傷し再び離脱。そのまま復帰できないままシーズン終了となり、大きく期待を裏切ることになる。

2021-2022シーズン、開幕戦ではスタメンで起用されたものの、以降はチームの構想外となってベンチにすら入れない状況が続き、ついには2021年12月18日、わずか1試合に出場したのみで契約解除となる。

シント=トロイデン

再び所属の状態となるが、2022年1月10日日本人選手が多く所属するベルギー・ジュピラ―リーグシント=トロイデンVVに加入することが発表される。背番号は「10」。リーグ最終節となった4月10日のスタンダール・リエージュ戦で初スタメンを飾ると、原大智の先制ゴールアシストする。

2022-23シーズンは代表で長く共に戦った岡崎慎司が加入し、「Wシンジ」2トップが実現する。8月27日KVメレヘン戦ではベルギー移籍後初ゴールとなるPKを決める。

日本代表

サッカー日本代表にはユース時代からアンダー世代に選出されており、中学生の頃にはU-15代表に選ばれている。2007年にはカナダで開催された2017 U-20ワールドカップU-20日本代表飛び級で選出され、2試合に出場。途中出場したベスト16のチェコ戦では延長戦に決定的なシュートゴールライン上のDFに明らかハンドで阻まれるも、PKは取られないという不運があった。なお、この大会でFIFAに提出される公式メンバーリストにはなぜかDFで登録されていた。

2008年には、C大阪での活躍が岡田武史監督に認められ、平成生まれの選手としては初めて日本代表に選出される。5月24日コートジボワール戦でフル代表デビューを果たす。続く南アフリカワールドカップアジア3次予選のオマーン戦に途中から出場、6月14日タイ戦では初スタメンを飾る。

さらに2008年8月から開催された北京オリンピックにも本田圭佑長友佑都内田篤人岡崎慎司など後のA代表のとともに出場。本来はロンドン五輪の世代のため飛び級での選出となった。チーム最年少ながら第1戦のアメリカ戦、第2戦のナイジェリア戦と続けてスタメンで起用されるも、良いところを見せられずどちらの試合も途中で交代させられている。第3戦のオランダ戦ではスタメンを外され、試合終盤に出場するも、結果は3戦全敗。自身にとっても悔しい大会となった。

オリンピック後もフル代表にはコンスタントに選出され、10月9日UAE戦では日本代表史上3番若さで代表初ゴール記録。しかし、2010年2月14日東アジア選手権では前半に途中出場しながら、闘莉王の退場に伴ってハーフタイムベンチに下がるなど代表のには定着できず。2010 FIFAワールドカップメンバーには残れず、サポートメンバーとしてチームに同行することとなった。

ワールドカップ終了後、アルベルト・ザッケローニ監督が就任した日本代表ではとして定着。初の公式戦となるパラグアイ戦ではスタメンで出場し、決勝点を挙げチーム勝利に導く。続くグアテマラ戦では、森本貴幸へ1アシスト存在感を示し、内での評価も急に高まった。

2011年1月カタールで開催されたAFCアジアカップ2010では10番を背負いエースとしての重責を負うこととなる。大会序盤はなかなか本来のを発揮できていなかったが、準々決勝の開催カタール戦でともに1点リードされている状況から2得点を挙げ、野波の決勝点もアシストする大車輪の活躍で日本代表の準決勝進出に貢献した。しかし準決勝の韓国戦で後半42分に右足小折による全治3カの重傷を負い、決勝のオーストラリア戦を前に戦線離脱を余儀なくされる。日本優勝を見届けることができず、その後のブンデスリーガの後半戦を棒に振ることとなる。

2011年8月に行われたキリンチャレンジカップ2011の韓国戦で6カぶりに代表復帰し、2ゴールを挙げる活躍を見せる。2012年から2013年ワールドアジア予選にも出場し、5試合に出場し、2得点の活躍でサッカー日本代表2014 FIFAワールドカップ出場に貢献した。しかし、ザックJAPANでは本来のポジションであるトップ下には本田圭佑が入り、左サイドでのプレー戦場となったこともあってドルトムントで見せたような鮮プレーを代表で見せることができず、守備の場面でになることもあった。2013FIFAコンフェデレーションズカップ 2013では、第2戦のイタリア戦で得点を決めるも、チームは3-4で敗戦し、最終的にグループリーグ全敗した。

2014年5月ブラジルで開催された2014 FIFAワールドカップサッカー日本代表メンバーに選出。第1戦のコートジボワール戦に先発出場したが、シュートを1本も打てず後半に途中交代。チームは1-2で敗北。第2戦のギリシャ戦では先発にも外れ途中出場したがまたもシュート0本に終わる。チームは0-0の引き分けに終わる。後がない第3戦、コロンビア戦ではチーム最多のシュート数を放ったが、精度を欠きチームも大敗しグループリーグ敗退という形で終わった。10番としての期待に応えられなかったことでメディアファンからは容赦なく批判が浴びせられた。

ワールドカップ後、ハビエル・アギーレ監督が就任した日本代表には、負傷もあって2014年10月から合流。2015年1月アジアカップでは左のインサイドハーフとして出場。GS第三戦のヨルダン戦ではチーム二点を挙げ勝利に貢献する。しかし、決勝トーナメント第一戦のUAE戦では決定機をことごとく外し、PK戦では自らのPK失敗で敗れ、ここでも一部から戦犯として批判される。

その後、アジアカップ後に就任したヴァヒド・ハリルホジッチ監督の元でワールドカップ予選を戦うが、チームインテンシティを持てるハリルホジッチの哲学プレースタイルが合わず、自身がコンディションを落としていたこともあって徐々に代表での絶対の地位を失うようになる。2017年8月31日の本大会出場の大一番となったオーストラリア戦では、本田岡崎慎司とともにスタメンを外され、出場機会を与えられなかった。2018年に負った負傷のもあって2度ワールドカップ出場に黄色信号がっていた。

2018年4月ハリルホジッチが解任され、大会直前に就任した西野朗監督によって2018 FIFAワールドカップメンバーに選出される。当時直近3カブンデスリーガにおいて怪もあって16分間しかプレーしておらず、メンバー入りを疑問視するが多かった。しかし、大会直前のパラグアイとのテストマッチ乾貴士と好連携を見せ1ゴール2アシストと活躍したことにより。スタメンの座に返り咲く。
迎えた初戦のコロンビア戦で、開始6分に放ったミドルシュートカルロス・サンチェスハンドによる退場とPK獲得を呼び込む。このPKを自ら決め、ワールドカップゴール記録ロシア大会での香川は、相手のライン間に入り込んでシンプルにパスを捌き、周囲のためにスペースを作る黒子の役割で日本の2大会ぶりとなるグループリーグ突破に貢献。ベスト16のベルギー戦では、ゴールアシストするも、チームは2点のリードを逆転され敗退。

ロシアワールドカップ後は、森保一監督が就任し大幅な若返りを図ったためしばらく遠ざかっていたが、2019年3月に復帰。背番号も以前と同じ「10」が与えられた。22日のコロンビア戦で途中から出場すると、26日のボリビア戦では初めてキャプテンマークを巻いてプレーする。しかし、その後は怪や所属チームで出場機会を得られないもあって代表からは遠ざかっている。

プレースタイル

攻撃面

ワールドクラステクニックアジリティを活かして攻撃面で違いを生み出す性のを持つ。足元のテクニックが非常に優れており、細かいボールタッチボールを正確にコントロールし、相手のライン間やペナルティエリアの中の狭いスペースの中でもプレーが可。さらにアジリティ(俊敏さ)の高さによってフィジカルに優れるDFからうまく逃げることができ、香川ターンとも呼ばれる鋭いターンで前を向き、一連のプレー動作が尋常ではないほどスピーディー。

ドルトムント無双していた時代は、狭いエリアの中でパスを受け、相手を背負った状態からでも鋭くターンして前を向き、密集地帯をすり抜けゴールを陥れることでドイツ中を震撼させた。ボールを捌いた後にすぐに動き直して次のポジションを的確に取るため、捕まえるのが難しい。日本代表では左サイドハーフで起用されることが多かったが、もっともポテンシャルを発揮できるのは1トップの下もしくはセカンドトップの位置である。

マンチェスター・ユナイテッド時代に筋肉を付けたことでアジリティが失われ、それ以降は低めの位置まで下がってゲームメイクするスタイルシフトしている。ロシアワールドカップでは、柴崎岳フリーにさせるためにゲームメイトサポートおこない、同時に相手を引っってスペースを与えていた。

弱点は自分のを十分に発揮できるプレーエリアが限られており、得意なエリアまでパスが入らない局面になると試合から消えてしまうことが多い。また、特別スピードがあつわけではなく、フィジカルがそこまで高くないため個人技で打開することができず、周囲との相互理解が薄いチームになると存在感くしてしまう。また、相手のマンマークなど体のぶつけ合いを挑まれるとどうしても不利になってしまう。

守備面

前線の守備者としてのクロップが絶賛しているとおり、ハイプレッシング時に相手のパスコースカットしたり、周りと連動してプレッシャーをかけるタイミングがうまい。クロップの代名詞ともいえるゲーゲンプレッシングにおいて、香川の献身的なチェックは戦術の肝になっていた

前述したようにフィジカルコタクトを苦手としているため、対人守備は苦手。また、自に戻って守備に参加するのが遅れがちな傾向があるため、上下のアップダウンが要されるサイドハーフで起用されると相手に狙いどころとされてしまう。ハリルホジッチのようにデュエルを重視する監督からは起用をためらわれてしまう。

エピソード

連覇に貢献したことでドルトムントサポーターからたいへんされており、マンチェスター・ユナイテッドで不遇な時期を過ごしていたころ、ドルトムントサポーターたちが「香川真司を取り戻せ」というキャンペーンを始めた。また、選手個人のチャントドイツにおいて「カーガワ、シンジ、シャラーラシャララーラ」というチャント大合唱されるほど特別な選手として扱われている。

ドルトムント香川の才を見出したクロップからの寵を受け続けており、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決まった際に「彼が去ったときは大粒のを流したよ。ここはおまえのなんだからいつでも戻って来いよ。」とコメント現在でも香川とのエピソードるときは、良い思い出として熱くっている。

女優長澤まさみファンであり、「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演したときには、「が23年間片思いをしている人」と番組内で告白している。

マンチェスター・ユナイテッド時代に、金髪女性エロチャットで交流していたことをイギリスのタブロイドに暴露される。これにC大阪時代の先輩である大久保嘉人は「バカでしょ(笑)」とコメント。その後、「がそこまで凄い選手になったってことですよ」とフォローもしていた。

ドルトムントチームメイトだったドイツ代表のイルカイ・ギュンドアンとは友の仲。ギュンドアンが来日した際は、香川日本代表での試合を応援するためにスタジアムまで足を運んでいる。2人ともドルトムントを退団した現在SNS交が続いていることが分かる。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2006 セレッソ大阪 J1 0 0
2007 セレッソ大阪 J2 35 5
2008 セレッソ大阪 J2 35 16
2009 セレッソ大阪 J2 44 27
2010 セレッソ大阪 J1 11 7
2010-11 ドルトムント ブンデスリーガ 18 8
2011-12 ドルトムント ブンデスリーガ 31 13
2012-13 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ 20 6
2013-14 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ 18 0
2014-15 ドルトムント ブンデスリーガ 28 5
2015-16 ドルトムント ブンデスリーガ 29 9
2016-17 ドルトムント ブンデスリーガ 21 1
2017-18 ドルトムント ブンデスリーガ 19 5
2018-19 ドルトムント ブンデスリーガ 2 0
ベシクタシュ(loan) スュペル・リグ 14 4
2019-20 サラゴサ セグンダ 31 4
2020-21 サラゴサ セグンダ 0 0
PAOK スーパーリーグ 5 0
2021-22 PAOK スーパーリーグ 1 0
シント=トロイデン ジュピラ―リーグ 6 0
2022-23 サラゴサ ジュピラ―リーグ 31 4

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/26(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/26(月) 03:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP