今注目のニュース
仲間由紀恵、若い頃は「自分が見えていない恥ずかしい人」
「広瀬アリスさんのいいね欄が……」声優・花江夏樹さんが明かした衝撃の光景にファン爆笑
5歳児に「8時だョ!全員集合」を見せてみたら……リビングが昭和の土曜日の一家団らんに

香港国際警察/NEWPOLICESTORY単語

ホンコンコクサイケイサツニューポリスストーリー

  • 4
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

香港国際警察/NEWPOLICESTORYとは、ジャッキー・チェン演の映画である。

概要

2004年製作映画1990年代後半しばらくハリウッドで活動していたジャッキー・チェンが久しぶりに、自らのホームグラウンドである香港に帰って製作した原点回帰映画である。
ポリスストーリーの名がタイトルに冠せられているが続編ではなく主人公の名前も違う。しかしあきらかにポリスストーリーシリーズを意識しているシーンが多数あり、大バスでのアクションやショッピングモールでのアクション工場が大爆発するシーン、首にかけるスタイル爆弾警察との対立、人が事件に巻き込まれる展開、おラーメンを食べるシーン等。また劇中の挿入曲もポリスストーリー主題歌の挿入部をアレンジしたものが使われる場面もある。

ストーリー

ある銀行に武装強盗グループが襲撃する事件が起こる。グループは手際よく現を盗み出すと人質の銀行員に電話を渡し警察を呼ぶように要する。彼らの狙いはお金ではなく警察を殺すことであった。駆け付けた警察隊に大量の弾を浴びせ彼らは逃亡する。
すぐに警察たちはアジトを特定チャン(ジャッキー・チェン)率いる警官部隊を10人送り込むが作戦がばれており9名が殺される。この失態でチャンは停職処分となる。その後1年の時がたちに溺れるチャンの前に一人の男が現れる・・・

キャスト

チャン(ジャッキー・チェン)
ジャッキー・チェンが演じる敏腕警察官で本作の主人公
今までに関わった事件のすべてを解決に導いている実者。武術にも長けており警察署で教官を務め、また射撃の腕もピカイチでコンテストで優勝している。
プライベートでは婚約者のホーイーがおり順満帆な人生を送っていた。しかし上記の強盗団の一件で大きな挫折を味わうこととなる。
チェンとは別人である。大方今までのポリスストーリー主人公であるチェンと同じような人物であるが、一番の違いは罪を憎み人を憎まずの姿勢を底していることで、これは暴走しまくりなチェンには見られない一面である。
ホーイー(シャーリーチャン)
本作のヒロインの一人。チャンの婚約者で美人で優しくおまけ料理上手。
 大人っぽい落ち着いた雰囲気の女性だが、仕事しているチャン化したりとお茶な面もある。警察官でチャンの部下。前述の強盗団の一件で挫折したチャンを見ていられず、婚約を解消する。
役柄的な意味で危険なに遭うことはあるが、女優的な意味で危険なに合うことはない。マギーチャンとはえらい扱いの違いである。
シウホン(ニコラス・ツェー)
挫折したチャンの前に現れた若手警察官。署長の示でチャン相棒を組んで強盗団の捜をするように命された。何かとチャンの世話を焼きチャンからはうっとおしがられる。
性格はいたってまじめで若手熱血警察官と言ったところか。チャンのことをあこがれのヒーローと呼ぶ。
体術にも長けておりマフィア数人相手に大暴れすることも。
中の人テコンドー経験者でなかなかの切れの良いアクションをするが、大御所ジャッキーからOKをもらうのには相当苦労したようだ。
ササ(シャーリーン・チョイ)
本作のヒロインの一人。綺麗と言うよりはかわいい系。
警察官で階級は巡査、専門はコンピュータチャンやシウホンに全面協強盗団の素姓を突き止めたり次の犯行現場を調べたりと大活躍する。
父親警察官での勧めで警察になった。
実はとっとこハム太郎ファンでありデスクハム太郎たちのぬいぐるみが置いてあったり、ディスプレイの周りにシールってたりする。
ジョーダニエル・ウー)
武装強盗グループリーダーメンバーの中では総合的にが高い。
父親警察の重役で幼いころからしい虐待を受けており、または反面過保護教育を施しており見事に人格がゆがんだ。へのみはしく警察を殺すことを快楽としており、その悪さはいかんなく発揮されている。
また頭は優秀で彼の立てた犯罪計画を突き崩すのは困難である。
の組み立てがい。
結末:グループ壊滅前追いつめられるがシウホンを人質に取ることに成功、そのままチャンの組み立て競争を挑むが敗北。さらには警察の大部隊に包囲され万事休す。持っていた拳銃から弾を抜き、ジョークで撃つ振りをしようとしたところを警察隊に射殺される。
ティティン(アンディオン)
武装強盗グループメンバーメンバーの中では随一の格闘チャンとも渡り合う。
父親券会社社長ジョーに誘われて強盗グループに入った。
非常に好戦的な性格で戦うことが好きなようである。日頃からトレーニングをしている描写がある。
中の人はめちゃくちゃ腹筋割れている猛者である。
結末:強盗を行いチャンを襲撃する。チャンの提案で銃撃戦ではなく肉弾戦の決闘をすることとなる。ほぼ拮抗する戦いであったがチャンが徐々に押し始める。しい戦いとなるが強巴投げを食らいチャンから敗北を宣告をされる。それでもなお不意打ちをしようとしたが、駆け付けたジョーの流れ弾を食らい重傷を負う。落ちていた拳銃チャンを殺そうとしたが、自身のために救急車を呼べと駆け付けた警察に訴えるチャンの姿を見て心を打たれを置くことにした。このこおやマックスジョーに殺された時はドン引きしていたため全な悪人というわけではなさそうである。
ファイアー(テレンスイン)
武装強盗グループメンバーメンバーの中では兵器の扱いにたけている。
父親宝石商の社長ジョーに誘われて強盗グループに入った。
米軍兵であり銃器の扱いとその場での判断はなかなかで、追い詰められた際にバスの運転手を射殺することで混乱を招くなど手強い。自転車の扱いにも長けている。
結末:強盗を行い銀行の制圧に成功する。その銃撃戦のさなかにシウホンに襲撃され足を撃たれ戦闘不能となる。自身はけがの心配より逮捕される心配より、強盗したことを親に知られることを何よりも恐れていた。おそらくでは相当な優秀な子供で親をがっかりさせるのは何よりもいやなことだったのだろう。
マックスヒロ・ハヤマ)
武装強盗グループメンバーメンバーの中で一まともな仕事に就いておりゲームクリエイターをしている。
職種は不明だが父親社長ジョーに誘われて強盗グループに入った。叫びが一番しい。
ゲームクリエイターの知識を生かして線の妨やワナ、そして彼らの的の一つである警官殺ゲームの作成を手掛ける。
中の人日本人でちょくちょくジャッキー・チェンと共演している。
結末:強盗を行い銀行を制圧することに成功する。がチャンとシウホンの作戦で親が強盗現場に現れたことで自首しようとする。仲間の引き留めも聞かずに一散に親の元に向かうが、警察情報が漏れることを危惧したジョー粛清される。これがきっかけで銀行は大パニックとなる。
スー(ココチャン)
武装強盗グループメンバーメンバーの中では紅一点ジョー彼女
父親運業社長ジョーに誘われて強盗グループに入った。
最初の強盗の段階で一ヘマを犯したり一番最初に脱落する等メンバーの中ではは一番低い。
ローラブレイドの扱いに慣れている。
結末:Xゲーマー達のイベントで盛貿ビルの屋上ローラブレードをしていたところチャンとシウホン、駆け付けた警察に追いつめられる。ファイアーの素い判断でその場から逃走はできたがシウホンに首を撃たれ重傷を負う。警察に顔が割れているせいで病院にも行くことができず、アジトで衰弱しきっているのを見ていられなくなったジョーが殺

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2015/01/04(日) 20:27:10 ID: e+C9ITP6ED

    昨日BSでやってたから初めて見たけど序盤の展開がかなりエグイというか
    遊び感覚で人殺ししてる犯人キャラクターも相まって胸悪いなコレ
    アクションシーンは流石ジャッキーで見応えあったけど

  • 6ななしのよっしん

    2016/01/07(木) 20:50:23 ID: L96uXvpR2S

    体的な敗北は何度もあったけど、精的にボロボロになったジャッキーは初めて見た。
    ってか部下を全員失うなんて、今までにない敗北だよな。

  • 7ななしのよっしん

    2018/01/13(土) 09:41:46 ID: gQEK73n1lS

    死神とあだ名がつく凄腕キャラはこの状態を幾度となく経験してるんだよなぁ

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP