馬鹿 単語

959件

バカ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

馬鹿とは

相手の愚かさ・間抜けさ・滑稽さを侮蔑するため、
日本語で相手をからかったりするときに広く使われる俗語である。
自称(謙遜)や自虐に使われる場合もある。

本項では漢字で表記されているが
気軽さからか、バカ片仮名で書かれる場合も多い。ヴァカも同義

また一つの分野に打ち込みすぎる人もしみを込めて『(ジャンル)馬鹿』と呼ばれることもある。

概要

由来は諸説あるが、司馬遷史記』の宦官趙高による「鹿をさしてとなす」説。これが最も普及している説だが根拠は薄い。自らの権を誇示するため皇帝の前で鹿であるにもかかわらず「でございます」と献上。これに反発した臣下を後で暗殺したというエピソード

「ばーか!あーほ!まぬけ!おまえのカーチャンデーベーソー!」は、古くからある罵倒コンボとして有名。

関西の人は「馬鹿」と言われると非常に見下されたと感じる場合が多いので使用してはいけない。

動物妖怪に馬鹿が実在するが、この場合は「ばか」ではなく、それぞれ「ばろく」「むましか」と呼ぶ。

必ずしも罵るだけとは限らない。いわゆる『ツンデレ』がテンパると「バカ」を多用してしまう。「バカバカ!」と繰り返す人間が居たらそれは87%(←要出典)の確率ツンデレである。しかしそれが通じるのは二次元だけで、リアル(特に衆の面前)でバカと言われた場合は好意的な意味での馬鹿ととらえる事はまずない

歴史に名を遺す偉人も幼少時は奇人・変人だったり、馬鹿と呼ばれていた事もしくなかったりする。
もちろん才もなく、何もしなければただの馬鹿になり、頭のいい悪人に利用される危険性が高い。
少しは勉強しておこう!騙されるなよ!

詳しくは バカ の項も参照。

慣用句・ことわざなど

  • 馬鹿にできない… コスト被害などが軽視できない。
  • 馬鹿のひとつ覚え… 一つのことだけを覚えて得意げ、自慢げな様子。
  • 馬鹿につけるはない… 馬鹿を直す方法はない。救いようがない。
  • 馬鹿は死ななきゃ治らない… 本当の馬鹿は死んでも治らないのでは。
  • 馬鹿と鋏は使いよう… 使い方次第で何とかなる。(昔の鋏は今ほど精度が良くなかったため)
  • 馬鹿と天才は紙一重… (項参照)
  • 馬鹿を見る… 酷いにあう様子。
  • 馬鹿があればこそ利口が引き立つ… 馬鹿がいると賢い人が相対的に際立つ。いわゆる相対評価。
  • 馬鹿と煙は高い所へ上る…
    「お調子者」「立ちたがり」の喩。
    おだてると調子に乗って危険や後先考えず行動する、立つ高い場所へ登ろうとする様子から。
  • 馬鹿…
    わが子を可さのあまり実以上の高評価をしたり、愚かな行動をすること。
    上位互換になるとモンスターペアレントとなり、学校や就職先に怒鳴り込んでくる。(実話

英語

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP