騎乗停止 単語

10件

キジョウテイシ

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

騎乗停止英:suspension)とは競馬において反則を犯した騎手に対して与えられる制裁のことである。この項では、JRAの処分についてに述べる。地方競馬では異なる場合があるため注意。

概要

競馬において何らかの反則を犯した騎手に対して与えられる制裁である。理由・事は様々であるが、危険度が高い場合には長期間の騎乗停止処分が下ることもある。

騎乗停止処分は日本中央競馬会競馬施行規程第137条を根拠として執行される。

な制裁理由は、「斜行」、「他の進路妨」、「ムチを過度に使用」、「体重過」、「不注意騎乗」等が挙げられる。

1976年以前は処分を受けた次のレースから騎乗停止であったが、1977年以降は翌日から原則に(ただし前日発売がある場合は騎乗可でその次の開催日から処分対)、1994年からはさらに繰り下げられて翌節から、2020年からはその翌々節開始に変更となった。これらは馬主調教師が代わりの騎手を確保する時間、ファンへの処分内容の周知、制裁対騎手の異議申し立てをする時間の猶予が的である。ただし、重大な過失の場合は即日制裁を科されることもある。

また、2005年に制度が一部正され、それまで基本的に6日間だった処分が、基本的には制裁を受けた次週最初の開催日からの開催日4日間、などによるものは同2日間、重い過失や悪質な事例の場合は同6日からそれ以上の重い処分が下る。
(「予測が難しい急な動き」「大きく逃避して制御が難しい」といったが原因のものについては2012年の変更で告にとどめられることも多くなった。)
また、短期間に過失・違反・不注意など反則を繰り返してしまった場合、処分が重くなることもある。

従って、制度の変遷をまとめていくと以下の表ようになる。

前日発売競走のある2月1日(土)9Rに、基本的な期間の騎乗停止処分をを受けた場合
1976年まで 2月1日(土)10Rから2月16日(日)まで、6日間の騎乗停止処分
1977年から
1994年まで
前日発売対競走に騎乗していない場合は2月2日(日)から2月22日(土)まで、
前日発売対競走に騎乗している場合は2月8日(土)から2月23日(日)まで、それぞれ6日間の騎乗停止処分
1994年から
2005年まで
2月8日(土)から2月23日(日)まで、6日間の騎乗停止処分
2005年から
2019年まで
2月8日(土)から2月16日(日)まで、4日間の騎乗停止処分
2020年から 2月15日(土)から2月23日(日)まで、4日間の騎乗停止処分

JRA所属騎手における騎乗停止期間とは、中央競馬開催日で換算され、期間中は中央競馬だけでなく地方競馬海外競馬でも騎乗できなくなる。

例:4日間の騎乗停止の場合、「土・日~(翌週)土・日」の期間が騎乗停止。その間の中央・地方海外競馬、全ての競走に騎乗できない。

過去には、八百長を疑われるような油断騎乗、調整ルームから外部との接触・連絡または部外者を招き入れた、周回誤認、検量裁決室内での粗暴な行為、不適切発言・行動、素行不良(非行)、禁止物検出などの事例で重い騎乗停止処分が下ったこともある。

なお、騎乗停止などの制裁を受けた騎手は裁定委員会に不申し立てを行うことができ、場合によっては制裁内容が軽減されることもある。

関連動画

騎乗停止となった事例

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 07:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP