今注目のニュース
iPhone・iPadでPS4・Xbox Oneコントローラーが使用可能に。100タイトル以上を定額で遊べる「Apple Arcade」もサービス開始
花よりゴハンだワン おいしそうなゴハンをもらったワンちゃんの満足そうなお顔がかわいい
ブラジャーのカップをつぶして収納している人、今すぐ改めましょう 下着販売員が教える「正しい下着のしまい方」がためになる

高岩成二単語

タカイワセイジ

掲示板をみる(236)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

高岩成二(たかいわ せいじ)とは、JAEジャパンアクションエンタープライズ)所属のスーツアクター俳優である。

来歴

真田広之に憧れてJAC養成所に入所。元々は顔出しアクション俳優を志望していたそうだが、仕事欲しさに遊園地ヒーローショーに出演、その時に岡元次郎アクションを見て「ヒーローのアクターも悪くないな」と考えをめ、ヒーローショー仕事も積極的に取り組むことになる。

特撮映像作品のデビュー作は「仮面ライダーBLACK RX」にゲスト出演したライダーマン。後に劇場版ディケイドでもヒゲを剃りながら同じライダーを演じている。

スーパー戦隊シリーズでは恐竜戦隊ジュウレンジャー追加戦士ドラゴンレンジャーを演じ、その後忍者戦隊カクレンジャーニンジャレッド戦士を演じた。この時ニンジャホワイトを演じた村上理恵と後に結婚することになる。

2002年より平成ライダーシリーズライダーを演じ続けている。(逸話等は後述)

人物

近年のスーパー戦隊シリーズ平成仮面ライダーシリーズにてヒーロースーツアクターを担当する。
通称「ミスター仮面ライダーミスター平成ライダーとも。因みにもう一人のミスター仮面ライダー中屋敷鉄也(現:中屋敷哲也))」。これはクウガ響鬼を除く平成仮面ライダー全てのライダーを演じている事に由来する。

作品ごとにきっちりとアクションスタイルを使い分けるだけでなく、変身前の役者との人物描写の一体化にもを入れており、その鋭い観察眼と高い演技が多方面で評価されている。
役作りのためにライダーマスクを持って正面から見据え、様々な度に向けてどのような表情が出るか確認する。
また卓越したアクションアドリブは現場のスタッフ達も何が出てくるか楽しみにしており、高岩氏のアクションの見せ場は「高岩オンステージ」と呼ばれ休憩している者すら見に来る程のものであるらしい(電王ムックインタビューより)。

最近ではライダー関係のイベントなどで顔出しで出る事も多くなり、素面でアクションを披露したり福山雅治モノマネをするなどファンサービス旺盛な姿を見せると共に、こなれたトークで会場を沸かせた。
ちなみに映像から分かるがスタイルが抜群に良く、永徳氏とほぼ同じ身長175前後)にも関わらず同氏よりも10も足が長い。

アクションの特徴

前述したようにとにかく多かつ正確なアクションスタイルと、変身前の役者の細かい癖まで取り込む高い演技を併せ持ち、平成ライダー(&戦隊)だけでも、きっちりとすみ分けられている。

注:アクションの説明の都合上、作品中の重要なネタバレを多少含むかもしれません。ご了承ください。

2001年:アギト

人的なで相手をいなすパワー

怪人の攻撃を強く避けつつパンチキック等を決めていた動作が印的で、ヒーローとしては非常に王道であると言える。1シーン毎に動きを止めて見え切り(ポーズ)を決めることが多く、これは当時のアクション監督である山田一監督アイデアで「居合い抜きの形を取り入れて欲しい。」との定に起因する。ライダーキックの一連の所作を見ると手の位置や体捌きなどに抜の動作が現れている。
当時は長い事スーパー戦隊シリーズレッド役を務めていたことから動きすぎることが多かったらしく、アクション監督からはその度に「高岩ー、動くなー。」と言われており、ライダー戦隊の演出の違いを肌で感じたという。試しに全く動かないままでいたら監督からOKをもらい、動かないことも演技のひとつだと学んだそうだ。
ディケイドにて久々アギトスーツった高岩氏は当時を振り返って「(現在のように新設計のスーツではかったとはいえ)何で当時はあんなに(上手く)動けなかったんだろうなぁ?」と首を捻っていた(雑誌インタビューにて)。 

余談だがカオスで名高い仮面ライダー龍騎ハイパーバトルビデオではアギトを担当している。

2002年:龍騎

素人らしい、がむしゃらな動き。

電撃れてジタバタしたり、怪人に逃げられて頭を抱えたりケツを掻いたりと、コミカルだが主人公の性格を色濃く反映している。ある意味高岩氏の頂。
撮影時は演の須賀貴匡と会う前であったにもかかわらずコミカルキャラクター確立。回を重ねるごとに変身前と後のシンクロ率はどんどん上がっていった。

龍騎は撮影方法が特殊であり、ミラーワールド内の撮影時はスーツアクター全員写しの動きでアクションし、それを編集でひっくり返すという手法がとられた(つまり高岩氏は撮影段階ではドラセイバー等を左腕で使用し、ライダーキックも左足で蹴っていた)。
とにかく現場スタッフは大混乱な上、慣れない左利きでのアクションに苦労したらしくディケイドDVDに収録の座談会にて「(る動作をしつつ)あんなもんが入るわけないよ。」とか「あれ看だけ逆にすりゃよかったんじゃ…。」と冗談混じりにっていた。
余談だがディケイド龍騎世界では看を逆にしただけでミラーワールドが出来てしまった。

ちなみに、

宮崎監督「あれ(龍騎)でね、結構スタッフは賢くなったよ。」

石田監督は未だに分かんない…」

との事である。

2003年:ファイズ

暴力的なアウトローの戦い方(など)。

平成ライダーの中でもファイズアクションのキレのカッコよさには特に人気がある。
放送当初はヤンキーみたいなケンカをするかのようにオルフェノクと戦い、変身者の乾巧の性格を反映させていたと言える。
また変身直後に手首をスナップさせたり、キック前にを落としたりと印に残るポーズを多数残した。キック前のポーズが生まれたのには理由があり、元々を落とすポーズで撮影をする予定で、撮影に入る前に照明を調節するために長時間そのポーズを維持しなくてはならず、疲れたので肘を膝に乗せるようなポーズ休憩したところ、思いのほか様になったのでこれを本採用にしたという話がある。

ただでさえ視界が困難な面でありながらさらに複眼や全身をらせた状態の所謂「電飾ファイズ」の時は視界がに等しく「何か向こうに黄色が見えるからカイザはあの辺かな?」というくらいにしか分からないにも関わらず見事なアクションを披露した(ちなみにカイザを演じる伊藤氏も同様の状況だった)。このスーツは内部に配線が走っており動いていて相当気持ち悪かったらしい。
ちなみにこのファイズスーツは後の「ディケイド」に登場するためにスーツ修を行い、技術の進歩の結果発時にも視界が確保できるようになった。

さらにファイズ主人公の巧のみならずもう一人の主人公の木場や海堂、果ては敵まで変身することがあったが、一部を除き高岩氏が全て演じ分け、カイザを担当した伊藤慎氏、デルタ押川善文氏と共にスーツアクターの凄さをを見せつけた。また劇場版の「とある人」が変身したカイザも担当しており、そこで見せる「555」ではしいコミカルアクションは必見である。 なお、巧が変身するデルタスーツアクターも担当している。

2004年:ブレイド

正統派剣劇アクション

職業仮面ライダーということで逆ににはまったアクションめたという。

劇場版の撮影は監督と共に思い入れがあるらしく、特に冒頭数分のの中でのブレイドVSジョーカーを上げている。
っ暗で時折工場での撮影だったが、床は足首がつかるほ浸しな上に、カメラを映りこませるために大量のが必要となり(画面で見ると土砂降りの大を降らせて、やっとが降っているのが分かるというレベルらしい)、そんな状態でアクションをするとの前の動きがストロボ撮影のようになるらしい。そこでの前のアクションがよく見えず伊藤氏演じるジョーカーの蹴りが顔に入ってしまい面が割れてしまった。そのまま止まってしまうとNGになってしまうので一応続けたものの、結局面を取り替えて撮影し直した。
劇場版CGに頼らない肉弾戦が多く、凄まじく疲れたらしいがその分印に残っている場面が多いそうである。

ちなみに最終回では仮面ライダーレンゲルを演じた岡元次郎らと共に顔出し出演をしている。

2006年:カブト

余裕を持った素カウンタースタイル

2005年は「魔法戦隊マジレンジャー」にてマジレッドを演じていたため約1年ぶりとなったライダー。基本的に大きな動作をすることが少なく、立ち姿も足を閉じて背筋をきっちり伸ばしている(余談だがデザインとも相まってカブトは立ち姿や後ろ姿が非常に人気)。差すあのポーズは前半では正面を向いてポーズを取っていたが、それでは寸胴に見えてしまうということで中盤以降は「体は横を向きながら上半身をいっぱいひねって正面を向く」ポーズに変わった。これにより部分が引き締まりより美しく映るようになったそうだ。

戦闘スタイル主人公としてはしいカウンター体となっており、バックステップを踏みながら相手の攻撃をいなし的確に相手にダメージを与えていく、正に戦闘のプロといった雰囲気を強く打ち出している。
カブト必殺技ライダーキック」はこれまでのライダーキックの定説であった飛び蹴りではなく、「敵に後ろを向いてからの上段回し蹴り」という新しいパターンになっており、前述の高岩氏の足の長さがとてもよく映える必殺技になっている。
そしてカブトの代名詞と言える差すポーズ変身前としっかりとシンクロしており、演の水嶋ヒロ氏はオンエア時に高岩氏の演じるカブトを見て「うわ、がいる!」と驚いたらしい。

カブトには他にも多数のスーツアクターが様々なライダーを演じており、かつど武装が一つだけで生身のアクションをかなり堪出来るのでスーツアクターファンにもオススメである。

2008年:キバ

コウモリの動きを取り入れたアクロバット戦闘法。

によって戦っていると設定のため、やや背になり人差しを曲げた状態で連続でパンチする「猫パンチ」が特徴的。ぶらさがって逆さまになったりジャンプ攻撃をしたりとコウモリの動きを取り入れたアクションも見られた。

必殺技の「ダークネスムーンブレイク」は右足を高く上げた状態を維持しながらキックするため、CG演出と相まってカブトと同じくプロポーションの良さが映えるキックとして人気を得ている。
またフォームチェンジの動きも、荒々しいガルル、優なバッシャー、武ドッガと前年とは違ったタイプアクション住み分けられており、しっかりとキャラクター付けが成されていた。
実は撮影の序盤では高岩氏は昨年演じたモモタロスのクセが全には抜けきっておらず「油断すると何かギャグぽいことしようとしちゃうから困った」とっていた。
またスーツパーツの多さからか、ディケイドの時点まででキバの甲冑が一番重いのではないかと思っていた(ネットディケイドで実際に量ってみたところ一番重いのはディケイドアーマーでキバは三番)。

キバ」では他にアームズモンスターの一体であるガルルも演じた。

2009年:ディケイド

攻守璧な万

この作品でスーツアクターを担当していなかったクウガ響鬼も担当し、平成仮面ライダー文字通りコンプリートした。
ただし変身する人間門矢士で変わらないため、とりたてて演じ分けはしていなかったという。
余裕ぶった態度や技を決める前に手を軽くいたりなど士の性格が色濃く表れており、演の井上正大氏も「何時の間にやら自分の動きを取りいれられていた」と驚くほど動きがシンクロしていた。

また、その異様な姿から様々な方面で物議を醸し出した強化フォームであるコンプリートフォームだが、頭が余りの重量で普通にしてても俯いた感じになってしまう事から必死を突き出すようにして前を向いており、胸にってあるカードマグネット式でり付けられていた。
このためか定かではないが設計の都合上アクションしづらいスーツだったらしい。

2009/2010年:W

軽快なステップの蹴り体の戦闘スタイル

基本フォームとなるサイクロンジョーカーは武器を持っておらず、久々に徒手体となった。回転やジャンプをしながら蹴りを浴びせるなど伸びやかな動きが多い。特に主題歌PVで見せた蹴りのアクションは本人もお気に入りらしく、その後他の作品でも似たような動きが見られる。
そしてWの特徴はなんと言っても「二人で一人の仮面ライダー」という点である。
左半身(キザっぽく見せたい翔太郎)と右半身(斜に構えたフィリップ)の性格を保ったままで、キック体のジョーカーメモリや、パンチ体のヒートメモリなど、メモリチェンジによる戦闘スタイルの変化を表現していた。
また、中間フォームであるファングジョーカーでは、逆にフィリップの体に翔太郎の精が宿る上に野生のの如く立ち振る舞いをするという状態を見事演じ切った。
余りにも演じる難易度が高いせいか、企画当初から「この作品には高岩成二が絶対参加すること」と塚田P直々の名がされていたとか。

ちなみに決め台詞である「さぁ、お前の罪を数えろ」を言う時のポーズ映画に先行登場した時に氏がその場で考えたポーズとのこと。その後このポーズ台詞はWを徴するものとなり、自身の作品への影めて実感したという。

2010/2011年:オーズ

メダルモチーフ動物の動きとにじみ出る実さ。

オーズアクションの特徴について高岩氏は「あえてヒーローっぽくない動き」に挑戦しているという。
自動販売機メダルを入れたり、やたらとコミカルな動き(「はい変わったー!」やに濡れた顔を拭くなどアドリブも多数)だったりと、一言で例えるなら「とても人間くさい」と言える。変身者である火野映司実な性格がにじみ出る動きも特徴。お辞儀をするライダーは恐らく史上初。
これまでの仮面ライダーに存在した決めポーズ(Wの「さぁ、お前の罪を数えろ」やアギトキック前の独特の動き)が存在しない。これも「ヒーローっぽくない動き」の結果であるという。 
以前に中国拳法を少し習っており、変身直後などにその動きを取りいれたりもしていた(タジャドルなどに最も顕著に表れている)。

劇場版では映変身した仮面ライダーバースも演じる。基本的にはオーズと変わらないがマスクの視界がオーズより狭いため慣れるのに大変だったらしい。(く「(レギュラーバースを演じる)永徳すごいよ」とのこと)

また、キバ以来となる動物モチーフライダーであることから、各種モチーフ動物っぽい動き(クネクネしたウナギアームや、素い動きのチーターレッグなど)にも注どがその動物らしさを活かした手な動きだが、一歩間違えれば暴走状態に陥るプトティコンボを演じる際はあえて大きな動きはせず、小さく構えていたそうだ。

2011/2012年:フォーゼ

若さ溢れるバッドボーイアクション

フォーゼ変身する如月弦太朗高校2年生という史上初の高校生ライダー、そしてケンカも強いバッドボーイという設定である。そのためフォーゼ変身してもケンカの要領で戦うのだが、氏く「ケンカっぽい戦い方というとどうしてもモモタロスになってしまう」という問題があったという。そのため、例年以上に弦太朗役の福士蒼汰とのシンクロを大事にしているそうだ。
その上弦太朗は戦いと関係ない所でフォーゼ変身する事も多く、「この場面はフォーゼ)である必要があるのだろうか?」と疑問も抱いたそうだが、この演出が福士蒼汰と一心同体である氏の活躍の場が増えるのは言うまでもないだろう。

宇宙キター!」のあのポーズは「何かやって」と言われて「もう何も出ません!」というヤケクソ気味にやったポーズから生まれたらしい。

また、フォーゼにはアストロスイッチを用いた多数のモジュールを使い戦うが、「どうアクションすればいいのか困っている」モジュールもちらほら見受けられる。苦心の末のモジュールアクションを見るのも一

2012/2013年:ウィザード

中国武術エクストリームマーシャルアーツを組み合わせたショーアクション

ウィザードの特徴として、エクストリームマーシャルアーツ(以下XMA)を取り入れたトリッキーな動きが挙げられる。本格的なXMAシーンは専門のアクターが演じているが、その直前の動きや敵に蹴りを入れたり武器で攻撃をする間は高岩氏が演じている。
また中国武術も本格的に取り入れ、武器と足技を駆使した麗なアクションは近年のライダーとは一線を画した特徴と言える。スーツが従来演じてきたキャラクタースーツべて較的動きやすいのもこれらのアクションに拍を加えていると言っていいだろう。

ウィザードは両手に魔法指輪ウィザードリング」をはめているため、パンチができない(してはいけない)制約がある。これにはアクション監督

高「パーでもダメ?」
監「ダメです」
高「チョップもダメ?」
監「ダメ」
高「じゃあ肘は?」
監「肘はOK」

というやり取りがあったとか。この制約のため、高岩氏は「拳を握っているとパンチを出してしまう」ため、アクションの最中は常に手を開いている。

余談だがウィザードを演じるにあたって高岩氏はダイエットに取り組み、かなりの減量に成功した。先輩のようにリバウンドを起こさないか心配である

2013/2014年:鎧武

鎧武変身する葛葉紘汰中の人こそ類まれな運動神経を持つが戦いに関しては素人であり、序盤はを使った殺は素人丸出しの立ち回りだった。しかし戦いを重ねるにつれ殺が様になり、ジンバーレモンアームズではソニックアローを使った遠距離戦、カチドキアームズでは圧倒的な防御による堂々とした立ち回りと成長してきたと言える。特に武器が同じであるジンバーレモンエナジーロックシードライダーとは矢の撃ち合いになり、本作屈の名アクションシーンとなった。

昨年のウィザードではダイエットに取り組んだ高岩氏だが、鎧武を演じるにあたり筋を増強し一昨年以前のマッシブな体となった。

2014/2015年:ドライブ

ドライブ変身する泊進ノ介刑事であるため、警察が行う逮捕術のような格闘技を駆使して戦う。またドアの構え方は「ドライブ」というまさにそのまんまな名前の構えがあり、ヒーロー然としたポーズではない両手でを構えることにこだわった。

最終フォームであるタイプトライドロンは進ノ介が変身して戦うほかベルトさんと交代して戦うことも可で、もはやお芸となった複数の人格を演じ分けるキャラクターとなった。

余談だが仮面ライダードライブの画像がネタバレされ始めた頃に「ドライブ写真の手の形が毎年のライダー写真と似ているから今年も高岩さんが演じるのか」とにわかに噂が広がっていたことがある。そしてその通りにドライブ高岩氏が演じることとなった。お前らどこの探偵だ。

その他の特徴

ダンスアクションと高い所が苦手らしく、前者は何とかそれっぽく見える動きでカバーし、後者は何とか慢してアクションしている。
ちなみににはまった感じのアクションよりも、がむしゃらな動きが得意だとっている。 

近年は番組中や劇場版などで高岩氏が演じたキャラクターが同じ画面内で共演する機会が多く、その場合は基本的に最新作のキャラクターを担当し、他は代役を立てている(永徳渡辺淳電王やWなど多くの代役を演じている)。
例外としてモモタロスはあらゆる映像作品で高岩氏本人が演じており、ど代役を立てていない。

アクションの特徴2:電王アクションについて

2007年電王ではモモタロスに加え、「中身のキャラ」が異なる電王フォームを一人で演じ切った。当初は大変だと感じたらしいが、それぞれのキャラクターに特徴があったお陰でアクションの組み立て自体はうまくいったらしい。
とはいえ一年で7つ近いキャラコロコロ変えながらの戦闘は苦労の連続で「二十年近いキャリアの全てを使いきった」と雑誌にてった(詳細は後述)。
(近年ではこのような一つの作品での一人複数役はしい状況の為、この項で詳しく明記しています。)

ラットライナーフォー
主人公の良太郎を反映して、やや背での引けた動き。
しかし弱々しくも意志の強さを感じさせる若者らしい動きである。 

ソードフォーム&モモタロス
宮崎アクション監督からは「とにかく暴れて下さい。」と言われている。ただしチンピラにはならないようにとの定も受けている。モモタロス子供っぽさや破天荒さを随所に動きに取り入れ、解りやすい強さとある種の可らしさも感じさせ、それがこれまでライダーには関心のなかった女性にも受けた(インタビューでもあまり暴力的にならないように留意していることをっている)。
また、モモタロスのまぶたが半開きになっている表情はいテープを貼るという高岩氏のアイデアだとか。

ロッドフォー
得物が長いため一定の間合いを保ちつつ、ロッドで敵の足を引っかけるわ、倒れた相手をさらにボコボコに追撃するわとウラタロスらしい卑怯くさい動きが特徴的。そしてエロイエロイと共演者にさんざん言われる、くねり
高岩氏によると、ガンフォームが登場した頃にロッドとガンの動きが若干カブっていると感じ、そうこうしているうちにロッドフォームのくねりがだんだんしさを増し「何かオネェになってきたんですよ。」とイベントにて暴露し会場が騒然となった。それに合わせてデンライナー内の永徳さん演じるウラタロスのひねり具合もしさを増し、「デンライナーの中でも(ウラタロスが)チョロチョロし始めた(高岩氏)」とった。

アックスフォー
を落としてあまり動かず相手が来たら受け切り、押し返すパワー
よく見ると足の開き方がアギトキック時に近いかもしれない。アックスとガンを交互に見ると体格まで違って見える不思議。
大本のキンタロスを演じる岡元次郎氏は当初に「キンタロスどすこい系にはしたくないなー」とっていたらしく、どんな動きにするのかと観察していたら初登場回にて既にパーンいており、「結局どすこい系じゃん!」と高岩氏は心の中でツッコんだらしい(雑誌のインタビューにて)。

ガンフォー
ステップを踏みながらを乱射しまくる。くるくると回転したり、リュタロスの性格を反映しての座り込む動作が劇中では多々見られた。
ダンスアクションな為とにかく高岩氏が苦手(嫌い)なフォームとあらゆるメディア話題に出して辟易する(リュウタロス演じるおぐらとしひろ氏も同様に苦手)。撮影中はダンス先生にステップを習って、それっぽく見えるよう努していた。それでも軽快な動きで見事にリュウタロスらしい戦い方を見せた。

ウイングフォー
映画テレビ数話の限定フォーム。ジークのぴしっとした動きがそのまま戦闘スタイルになったかのようで、彼の性格を反映して背筋をピンと伸ばし後ろに手を組んで優に闊歩する。テレビでは(劇中の状況もあり)自分から向かっていったが本来の強さを見せつけた劇場版では片手や武器で敵をいなす等、カウンター重視の戦い方であった。
カウンターと聞くとカブトを思い出すが、ウイングフォームはカブト程素くはく、距離を取って基本的にゆっくりした流れるような動作が特徴的(片手をに掲げるなど似た部分はあったが)。

クライマックスフォーム&クライマックスフォー
高岩氏をめて伝説たらしめ、劇中内でもパワーアップなのに「キモい」「ダサい」呼ばわりされた前代未聞の伝説フォーム。頭がソード(皮が剥けたー!)で胸と両肩に各フォームのデンカメンがくっ付いており、喋る時は各顔がガタガタと動き体がそこに引っられる。
高岩氏は劇中にて各顔の部分をまるで意思を持っているかのごとく忠実に動かしつつ、さらにアクションをこなすとんでもない離れ業をやってのけた。初登場時の凄まじさは一見の価値有り。
「さら電」イベントでは各フォームに加えて素面でこのアクションを披露し、会場を熱狂の渦に巻き込んだ。
高岩氏の凄さをる上でっ先にこれが出てくる人は多い。ちなみに初めてこのフォームの詳細を知った時に高岩氏は「久々に泣きたくなった」らしい。
そして「電王」にて遂に背中ジークのデンカメン(モモタロスが言うところのビラビラ)がくっ付いた、「クライマックスフォーム」が登場。
まだやらせるのかと然となった高岩氏は表現方法に困った結果「正面からのカメラに対して後ろを向き背中を揺らしながらジークポーズを取り、モモタロスが喋るときは正面を向く」という方法で乗り切った。
本人は流石にこの動きはスタッフドン引きされるのでは?危惧していたらしいが、逆に大ウケだった模様。

NEW電王ストライクフォー
「さら電」にて初登場。幸太郎の性格を反映して澄ました態度の正統派剣劇アクション
登場時にさりげなくを鳴らして足を組んだり、軽やかなアクションを見せたりと幸太郎クールさ、あるいは若さが色濃く表れている。
が、実は登場時のポーズ(足を組んでを鳴らす)をNEW電王メインポーズにしたことを高岩氏は後々になって後悔したらしい。というのも、立ったまま片足を組むポーズは撮影時に時間がなく適当に決めたのだが、非常にバランスが悪く最初は危うく転びそうになったらしい(その時の体のグラつきを誤魔化す為にを鳴らしたのが、あのポーズの始まりとなった)。
加えて武器であるマチェーテディには相当な重量があり、それを抱えてアクションするには相当な苦労があったそそうである(ちなみに「電王」でメインでNEW電王を担当したのは伊藤慎氏で、同様の事を高岩氏との対談の際にっていた)。 

アクションの特徴その3:その他作品について

スーパー戦隊シリーズにおいてはレッドを演じる事が多いが、これまでのレッドの品行方正なイメージ良い意味で壊したのが高岩氏である。きっかけは「電磁戦隊メガレンジャー」でメガブルーを演じたことにあり、変身者の松風雅也演じる並木キャラや特徴を演技に取り入れる事を始めたのがこの作品からだそうだ。レッド以外のキャラクターを演じたことで演技の幅が広がり、その後演じたレッドイメージを大きく変えた。
中でも「魔法戦隊マジレンジャー」は平成ライダーシリーズが始まって以来久々スーパー戦隊シリーズ出演作であり、
マジレッド・小の「小学生みたいな動き」とからくる突猛進ぶりは、同じく小を演じた橋本が役を固めるきっかけになったという。

メタルヒーローシリーズの「ビーファイターカブト」ではビーファイターゲンジアクションを担当するというしいケースになった。

2013年3月23日より、宮城県石巻市石ノ森萬画館内で上映の「シージェッター海斗 特別編」にて、「カブト」にて加賀美新/仮面ライダーガタックを演じた佐藤祐基とのW演を務めている。
高岩氏は鳴海役。素面でのキレのあるアクションシージェッター海斗アテレコを披露している(海斗スーツアクトは担当していない。また、2013年3月の時点で石ノ森萬画館以外での上映は予定されていない)。

逸話

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP