高崎まつり単語

タカサキマツリ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

高崎まつりとは、群馬県高崎市で毎年開催されている夏祭りである。

概要

毎年、基本的に8月の1週の土日に行われる。
群馬県内で最大規模とも言われ、2日間開催される。(100周年時のみ、4日間行われた

高崎駅西口から、もてなし広場付近まで続く「シンフォニーロード」と呼ばれるを囲んだあたりまでの高崎市中心が開催場所となっている。

特徴として町ごとに山が出され、かなりの数の山を見ることができる。
もてなし広場では山が集まって、叩き合いも行われる。
は参加地域の半分ずつが毎回入れ替え制で行っている。
(ただし政80周年など10周年毎の記念時は、町内会の山が参加している。

以外には下記のような出し物がある。

  • 屋台・・・祭りの定番。同じような屋台がほとんどだが、中には変わった物も。
  • 祭・・・伝統工芸の体験や販売を行う
  • 大花火大会・・・1日に大量に花火が放たれる。
  • 波おどり・・・何故、波おどりを高崎まつりで踊るのか良くわからない。
  • 創作だるまみこし・・・創作だるまの小さめなみこし。奇抜なものが多く立つ。

山車について

町ごとに山の上には小太鼓2つ、大太鼓1つが置かれ、町ごとに違うメロディとなっている。
太鼓は子供が交代で行い、大人演奏、残りは山を引きまわすといった役割をしている。
もちろん子供大人祭りの日までかなりの練習を行って本番を迎えている。
ただし、近年は少子高齢化で、子供が居ない町は大人が頑っている模様。

高崎ばやし保存会によると「だれ、三てこ、数え歌くずし、三挺子、が枝 、はうれしや、一つや、かわり玉、おかぐち、かご丸、七草御大典囃子、おうま、 高崎田町」といったものが演奏されているとのこと。

ちなみに筆者が子供時代に演奏したのは三挺子、数え歌が枝、だれと記憶している。
数え歌三挺子→が枝→三挺子→だれ→・・・と繰り返して演奏する。
2日間もの間、太鼓と山を引くだけで遊んでいる暇はく大変ですが、祭りに参加している気分を味わうには一番かもしれません。

歴史について

現在の高崎まつりのはじまりは、1975年高崎ふるさとまつりとなる。
(前身としては、頼政神社の祭典や祭り高崎奉納祭といった祭りがある。)

高崎青年会議所が体となり、75周年を記念しての開催となった。
この祭り表のため、毎年開催されることとなる。

暫くの間、市民体の祭りが続いていたが、
85周年を記念し、「高崎まつり」と名。
祭りに参画することとなり、現在の高崎まつりとなった。

関連動画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/20(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/20(日) 17:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP