高村薫単語

タカムラカオル

2.2千文字の記事
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

高村薫(たかむら かおる)とは、日本小説家女性。正式な表記は「髙村薫」。北村薫ではない。

概要

1953年大阪生まれ。1989年、「リヴィエラを撃て」で第2回日本推理サスペンス大賞で最終補となり、翌年『を抱いてべ』で同賞の第3回大賞を受賞してデビュー

1992年、『リヴィエラを撃て』で日本推理作家協会賞日本冒険小説協会大賞を受賞。1993年、『マークスの山』で第109直木賞日本冒険小説協会大賞を受賞、「このミステリーがすごい!1位となり大きく知名度を上げる。1998年、『レディジョーカー』で毎日出版文化賞受賞、2度の「このミス1位く。

ディテールを緻密に書き込む硬質な文体で男たちが役の冒険小説サスペンスを書くという、それまでの女性作家イメージを大きく覆す作話題を呼んだ。似たような名前・同時期のデビューでたまに混同される北村薫女性的な作男性作家であるのとは対照的。また、初期作品では役に同性愛者が多いため、腐女子バイブル扱いされることも多い。当時からその文体・内容の重厚さ故に、作品が高く評価される一方で「読みづらい」「疲れる」というも多かった。

また、文庫化に際して全面的な加筆修正を行うことでも知られる。文庫化時に多少の加筆修正をすること自体はそうしい話ではないが、髙村の場合はその修正の度合いが尋常ではなく、作品全体を丸ごと書き直すレベルで手を入れるため、作品の文庫化が非常に遅い。通常単行本の文庫化は3年後がひとつの安だが、『マークスの山』は文庫化に10年、『照』は12年、『レディジョーカー』は13年、『子情歌』は11年を要している。短編集の『地を這う』はなぜか文庫版では収録作が1本減り、『わが手に拳銃を』に至っては7年後に文庫化されたときには『』というほぼ書き下ろしの別作品になってしまった。そのため読者泣かせの義者と言われる。その義ゆえか、未単行本化のままになっている連作や短篇も非常に多い。2018年に『冷血』の文庫版が単行本から僅か6年で出たときには、巻末に「稿」「加筆修正」の文字がなく、高村ファンの多くが「えっ!?稿してないの!?と驚いたとかなんとか

マークスの山』で直木賞を受賞した際に「自分はミステリーを書いてきたのではない」「ミステリーではなく小説として評価されたのが嬉しい」という趣旨の発言をし、一部のミステリー評論家の間で論議を呼んだ。本人の作も『レディジョーカー』を最後にミステリーからは離れ、2002年の『子情歌』以降は内省的な純文学方向へシフトし、それまでのファンを戸惑わせた。日経新聞で連載された『新リア王』は連載を途中で打ち切られることに。

2006年、『新リア王』で親鸞賞を、2010年には『太陽』で読売文学賞を、2017年には『土の記』で野間文芸賞・大佛次郎賞・毎日芸術賞を受賞。現在は2~4年に1作というスローペースで作品を発表している。

マークスの山』は1995年映画化、2010年ドラマ化。『を抱いてべ』は2012年映画化。『レディジョーカー』は2004年映画化、2013年ドラマ化されている。

作品リスト

小説

  1. を抱いて1990年新潮社1994年新潮文庫
  2. の火1991年新潮社1995年新潮文庫[上下巻]→1996年新潮社[訂版])
  3. わが手に拳銃1992年講談社
    → 1999年講談社文庫[旧作を下敷きに書き下ろし])
  4. リヴィエラを撃て1992年新潮社1997年新潮文庫[上下巻]→2007年双葉文庫[上下巻])
  5. マークスの山1993年早川書房2003年講談社文庫[上下巻]→2011年新潮文庫[上下巻])
  6. 地を這う1993年文藝春秋1999年、文文庫
  7. 1994年講談社2006年講談社文庫[上下巻]→2011年新潮文庫[上下巻])
  8. レディジョーカー1997年毎日新聞社[上下巻]→2010年新潮文庫[上中下巻])
  9. 子情歌2002年新潮社[上下巻]→2013年新潮文庫[上下巻])
  10. リア王2005年新潮社[上下巻])
  11. 太陽2009年新潮社[上下巻])
  12. 冷血2012年毎日新聞社[上下巻]→2018年新潮文庫[上下巻])
  13. 四人組がいた。2014年文藝春秋2018年、文文庫
  14. 土の記2016年新潮社[上下巻])
  15. らが少女A2019年毎日新聞出版)

エッセイ・時評・その他(単著)

  1. 半眼訥訥2000年文藝春秋2003年、文文庫
  2. 作家的時評集2000-20072007年朝日文庫
  3. 人生平成雑記帳2007-20092010年朝日文庫
  4. 続 閑人生平成雑記帳2009-20112011年朝日文庫
  5. 作家的時評集2008-20132013年毎日新聞社)
  6. 空海2015年新潮社
  7. 作家的覚書2017年、岩波新書
  8. 時代へ、世界へ、理想へ 同時代クロニクル2019→20202020年毎日新聞出版)
  9. 作家は時代の神経である コロナ禍クロニクル2020→20212021年毎日新聞出版)

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2020/05/27(水) 08:29:22 ID: WZBuDNf2UG

    >>1
    そりゃ荒らしを付けてないからですわ幸運でしたな

    ・・・と書き込もうとしたら5年前か
    リモートワーク隠れ蓑にコソコソあちこち荒らす時間を取れちゃったもいれば、リモートワークで問題カキコを監視する側が増員されたという話も聞く。

    人がに溢れている状況って、少なくともインターネット関連のアレを抑止するのに有効な状況だったんだな。
    (人がある所でその手の書き込みはしづらい)

  • 5ななしのよっしん

    2021/09/04(土) 10:14:12 ID: dduSoo/rko

    日本は今や何から何まで三流である。倫理が崩壊し、あらゆる分野で劣化が進む。このが老いてることに多くの人はうすうす気が付いてる。その現実を受け入れ、これまで培ってきた教育や技術を使って何とか持ちこたえるしかない。」

    あらゆる分野の何から何まで三流で劣化しているなら、「培ってきた教育や技術」とやらも三流で劣化しているはずなのに、老いだか劣化だかを持ちこたえさせるのに使える程度には劣化していないとか、一流作家様のカテゴリー分けはICAOのカテゴリーより分かりづらいですな。
    あるいは「自分はありとあらゆる劣化して三流で倫理が崩壊して老いている」とかいう一流作家様特有のオサレ自己紹介可能性が微レ存

  • 6ななしのよっしん

    2021/09/04(土) 10:17:51 ID: XxJ/3oqulU

    三流であることを受け入れて三流は三流なりに頑ればいい的なお話じゃないのか。知らんけど

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/09(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/09(木) 04:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP