高橋ナツコ 単語

34件

タカハシナツコ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

高橋ナツコとは、日本脚本家である。

概要

大学2年の時にNHK教育テレビシナリオに応募したことがきっかけで、教育テレビシナリオ仕事を始める。その後、民放バラエティ番組の構成作家を経て、アニメテレビドラマ脚本家となる。

2002年に『スパイラル -推理の絆-』で初めてテレビアニメシリーズ構成を務める。

担当したアニメ作品は評価の低いものが多く、高橋ナツコが関わっているというだけで放送前から出来が不安視されることすら少なくない。その理由としては「高橋ナツコの腕が悪いせいで質が落ちた」というの他に、「元々問題を抱えていて他の脚本家は参加を嫌がるような現場でも来てくれる便利屋的な扱いをされている」という説も一定の支持を集めている。

井端義秀氏の内部告発

2016年放送のアニメうどんの国の金色毛鞠』の監督を予定していたが、降となってしまった井端義秀氏のFacebookによる暴露(現在「年内で吐き出して新年を迎える」という彼の意向のみにより削除済みexitスクリーンショットこちらexitにてめられている)にて、高橋ナツコの一件が触れられている。
少なくともその一件では、表向きの降な理由が高橋ナツコとの衝突であり、その内容が

  • シナリオ作成が、次の段階「シナリオ打ち」に移行する一時間前に提出される状態を繰り返す
    (それ以前の業界の常識では、前日には上がっており、各員それを読みこんだ上で次の「シナリオ打ち」に臨む)
  • 自分で約束して設けた期限を一切守らず、遅れてシナリオを提出する
  • 「ただ原作を繋げただけ」「初登場のキャラクターがさも3度のような登場の仕方をする」など、内容も酷評
  • 期限を守らないにも関わらず「言い方!(が気に入らない)」と、その後も「最近のシナリオ打ちで監督以外の発言が減ったのは、監督がそんなに横暴なせいだ」と発言

という凄惨なものであった。この衝突を理由として、監督が決定してしまったという。

実際に関わった業界の関係者とはいえ、あくまで一人の発言だが、実際に監督が変わったのは事実であり、井端氏もこの発言自体を全く否定していない。それもあって、視聴者達からはこの発言は信用されている。

主な作品

アニメシリーズ構成

バラエティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
WhiteCUL[単語]

提供: すずくろ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/19(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/19(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP