高橋留美子 単語

548件

タカハシルミコ

1.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

高橋留美子(たかはし るみこ)とは、『週刊少年サンデー』を中心に、小学館系の漫画雑誌で活躍している漫画家である。女性

概要

1957年10月10日生まれ、新潟県新潟市出身。大学在学中に投稿した「勝手なやつら」が小学館新人コミック大賞で佳作を取り、そのままデビュー。その後、「うる星やつら」を『週刊少年サンデー』に連載、大ヒットする。

以降、「めぞん一刻ビッグコミックスピリッツ)」「らんま1/2」「犬夜叉」「境界のRINNE」など、定期連載の代表作品が全てテレビアニメ化され、大ヒットしているというとんでもない作家である。1995年には、累計発行部数1億冊突破を記録している。

年1回程度の頻度で『ビッグコミックオリジナル』にて短編を描いており、他誌執筆以外の理由では休載しないという化け物ぶりも健在。

2020年にて、綬褒章受章。

人物

阪神ファンである。一時期、ファンを止めていたようであるが現在は復帰している。

ネット上でアンチ巨人な人が巨人を表記する場合に使う「虚塵」はこの人が発案者らしい。

また、有限会社るーみっくプロダクション代表取締役という顔も併せ持つ。

影響

いわゆる、オタク世界に与えたは計り知れない。「この人が居たから今のオタク文化がある」と言ったら言い過ぎかもしれないが、この人が居なければ、「今のオタク文化」とは違うものになっていたかもしれない。

犬夜叉」の連載が長期化し、内容が堂々巡り的な側面を呈したせいか、ネット上(特に5ch)では批判的な意見も少なくない。長らく『サンデー』の看板作家っているところから、「老害」的に扱われることも。

ただ、批判的な人も昨今の連載状況や内容を意外なまでに把握してるケースがまま見受けられるところからして、ただ単にツンデレ気質なファンが多いだけかもしれない。

海外での人気も非常に高く、知名度では「ドラゴンボール」などに匹敵する。

代表的な作品

太字は大百科に記事のあるもの。

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/19(金) 10:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/19(金) 10:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP