今注目のニュース
電車で座っていた女性 隣で座る男性の「不審な行動」に怒りをおぼえた
【動画】葛飾北斎の「富嶽三十六景」を立体化した作品がスゴい!「量産化して欲しい、マジ欲しい!」など話題に!
このタクシー見たことある!細かい装備も完全再現です

高谷裕亮単語

タカヤヒロアキ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

高谷裕亮(たかや ひろあき、1981年11月13日-)とは、栃木県出身のプロ野球選手捕手)である。現在福岡ソフトバンクホークスに所属。

『高』の字は正確には『』である。

概要

小山北桜高校卒業後、社会人富士重工に進むが、故障で2年で退社。その後、大学に入り直したという苦労人。2006年大学生社会人ドラフト福岡ソフトバンクホークスから3巡名を受け、入団。


2007年(1年)からソフトバンク捕手事情が火のであったため、1年は12試合に出場。


2008年の活躍が覚ましく、7月上旬に一軍に昇格すると、7月15日プロ初の猛打賞7月16日にはプロ本塁打を放つなど活躍。正捕手として起用されたが、この年チームは最下位に沈んだ。


2009年先こそ正捕手で起用されたが信用を得られず、田上秀則の台頭で出番を失う。以降、山崎勝己2011年に加入した細川亨の後を拝して専ら3~4番手捕手として二軍にいるかベンチを温めるかの日々が続いた。


2012年も例年通りの3番手でスタートしたが、チーム全体の打撃不振のため、7月頃から打を買われて久々にスタメン出場の機会を得る。最初のうちこそ猛打賞を記録するなど打撃で貢献したが、守備面では大隣憲司武田翔太は好リードしたものの攝津正山田大樹とは息が合わず細川マスク時と防御率が2点違うという状態で、打率も徐々に下げ、8月下旬には細川に正捕手の地位を奪い返されることになった。それでも自己最多の64試合に出場、久々存在感を発揮した。


2013年から2014年はまた例年通り3番手捕手としてベンチに座り続ける日々が続いたが、捕手3人体制でベンチに安心感をもたらしつつ、二軍で期待の若手の出番を奪うこともなく、出場機会が全然くても腐らずベンチで待機し続ける高谷の存在は意外とチームに欠かせないものになっていた。


2015年細川亨山下斐紹の怪で2番手に繰り上がり、4月3日西武戦で2年ぶりのヒットとなる逆転の3点タイムリーツーベースを放ちお立ち台に上がった。5月には鶴岡慎也から正捕手の座を奪ったが、末に細川が復帰したため再び2番手に。しかし2012年も相性の良かった武田翔太正妻の座を確保し、以降は武田寺原隼人先発時にマスクを被った。最終的に自己最多を更新する93試合に出場した。


2016年は開幕から正捕手として活躍するが、7月に左膝の手術を受けてその後はリハビリに費やしたため、出場は37試合に留まった。


2017年細川亨東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍し出場機会が増えるかと思われたが、6月右手折し1ヶ離脱。さらに甲斐拓也の台頭もあり正捕手定着とはならなかったが、2015年に次ぐ92試合に出場した。


2018年は右肘の手術で開幕に出遅れたうえ、その間に甲斐がほぼ正捕手に定着したため、スタメンマスクは14試合に留まったが、試合終盤に甲斐代打が出された後のマスクを被る「抑え捕手」的な立ち位置をしっかり確保し73試合に出場した。
日本シリーズではいつも通り途中出場した第3戦で、中田廉からまさかのホームラン。5点リードの場面でのソロという勝敗に関係なさそうな一発だったが、その後1点差まで詰め寄られたため結果的に高谷ホームランチームシリーズ勝利をたぐり寄せることになった。

プレースタイル・人物

捕手としての武器は強肩。規定守備に到達した年では、2015年盗塁阻止率.442、2018年に.385マークしていずれもリーグ2位である(2017年は.194だが……)。2018年日本シリーズでは甲斐拓也が6連続盗塁阻止MVPを獲得したが、高谷もしっかり盗塁阻止を記録し広島に一度も盗塁を許さなかった。

プロ入り当初は「打てる捕手」という触れ込みで、打を期待されての起用も多かったが、何しろ若手時代の較対は打てないことで有名な的場直樹山崎勝己だったわけで、通算打率.191、7本塁打2018年終了時点)と、実際は打てる捕手とは言い難い。

武田翔太と相性がよく、先発時には基本的にスタメンマスクを被る。また、抑えのデニス・サファテの球を受ける捕手としての首からの信頼度は甲斐より上。山崎細川鶴岡といったライバルたちがチームを去った現在では、長年の経験を活かした守備捕手としてしっかりとした立ち位置を確保している。

2011年リーグ優勝時に、胴上げ輪の中ソフトバンクお父さんぬいぐるみを抱えていたことでその後しばらく「お父さん世話係」と言われていた。当時、チーム内でも「お父さん」と呼ばれていたらしい。

2018年からはジュリスベル・グラシアルホームランを打ったときに、ベンチでシャドボクシングボコボコにされる役を担当している。2019年に自身がホームランを打ったときには、逆にグラシアルをシャドボクシングボコボコにしていた。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ソフトバンク 応援歌のピコカキコ一覧#181 8806
8806

通算打撃成績

2018年終了時点)

年度 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2016年 37 103 81 12 20 0 0 2 16 0 10 1 10 1 12 4 .247 .333
2017年 92 195 175 9 36 4 0 1 20 0 5 2 12 1 30 1 .206 .258
2018年 73 57 52 5 9 1 0 1 4 0 3 0 1 1 11 1 .173 .204
NPB:12年 535 1066 938 72 179 27 1 7 90 1 42 5 76 5 215 16 .191 .254

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/17(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/17(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP