鬼殺の剣単語

キサツノツルギ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

鬼殺の剣(きさつのつるぎ/けん)とは、android向けのゲームアプリである(現在サービス終了済み)。

概要

韓国ゲーム会社テンナイン2020年4月24日リリース韓国内のみの配信で、日本版はい。このため鬼殺の剣の正しい読み仮名は不明。ちなみにテンナインは新会社で、鬼殺の剣が処女作であった。ハングルの名称はグィサルウィコム。

(ヒョルグイ)に家族を殺された少年達也が、狩りを専門とする隊に入ってを討つ」という処かで聞いたようなストーリー背景に、純和風世界観を前面に押し出す。韓国内のみの配信のため全編ハングルだが、漢字が表示されたり(漢字の下に訳と思われるハングルが小さく表示される)、必殺技使用時の台詞日本語で表記されたり、ホーム画面にいるキャラタッチすると日本語を喋ったりする。ちなみにプレイヤー名にはハングルと数字しか使えない模様。

システム

物語を進めるごとにバトルが挿入されるステージ方式を採用。しかし序盤は頻繁に入っていた会話シーンも先に進むにつれ少なくなり、物語の進行が遅れ始める。最終的には20戦こなさないと次の会話シーンに行けず、なかなか辛い仕様となっている。

バトルはよくあるオート進行であり、画面右端から現れる敵を2Dのキャラたちが迎え撃つ。スキルプレイヤーが任意のタイミングで撃つ事が出来る。分かる人に言えば、差し詰めプリコネだろうか。ちゃんと倍速、停止(中断)、連戦機があり、手堅い作りのようだ。スタミナ的なものとしておにぎりがある。これがくなると出撃不可となる。勝利すると経験値素材が入手出来、素材を使ってスキル武器を強化していく。敵はだけでなく、蜘蛛妖怪(?)、バイオハザードにいそうな生物兵器モドキなども出てくる。どのステージ雑魚敵16体、ボス1体の計17体で構成されている。前衛タイプキャラ全滅すると「」の文字が表示され、敗北。後衛の仲間が生き残っていようが強制的に敗北となりホーム画面に戻される。全体的な難易度は高く、しっかりレベルを上げたり装備を整えないと序盤から苦戦する。

キャラクターにはレア度が存在し、最高は5。最高レアには某漫画のそっくりさんが散見される。ガチャキャラと装備が一緒くたに排出される悪名高い闇鍋。ただ、ストーリーを進めると加入する配布キャラもいる。キャライラストを担当している絵師は一人しかいないようで、全体的に画が似通っている。武器として剣、などがあり各々装備させる事が出来る。

ホーム画面などで表示されるキャラクターLive2Dになっていて、ヌルヌルと動く。

突然のサービス終了

ソシャゲへ勇躍降り立った鬼殺の剣であったが、その生涯は非常に短かった。
 

  
週刊少年ジャンプで連載中の漫画鬼滅の刃」にキャラ世界観がそっくりだったのである。開されたキャラクター鬼滅の刃から直接パクったとしか思えないものばかりだった。
 
 
 
 
 
 
 

鬼滅の刃韓国でも人気であり発表当時から大問題となったが、テンナインは堂々と報道資料を配って宣伝。さらにテンナイン代表は「時代背景着物が似ているだけでパクリと呼ぶのは理がある(意訳)」とっており、強気の態度で非難に臨んだ。

リリース当日の4月24日韓国ゲームメディアGame mecca」が開発元のテンナイン電話取材を行ったところ、「と戦う世界観と、キャラクター和服を着ている点が似通っているように見えただけ」と盗作疑惑をバッサリ否定。これに対し韓国ネットユーザーたちは猛反発、「日本をパクるなんての恥」「恥ずかしい」「こんなゲームが作られた事が信じられない」「中国人が作ったのか?」と非難が噴出。グーグルプレイの評価は1.1(最低は1.0)になり、レビューには辛辣な言葉が並ぶなど炎上。信頼は地の底にまで失墜した。更に2019年9月韓国CodeCATリリースした「ソードマスターストーリー」のゲームシステムと酷似していた事からこれも盗作と疑われた。この騒動はツイッターを通じて日本にも伝わり、鬼滅殺のキャラクターを並べて間違い探しが行われた。余談だが、テンナイン住所2014年に設立されたソフト開発会社ジャスティスソフトと同一である。ソシャゲ事業参入に備えてテンナインを立ち上げたものと推測されるが、訴訟などで問題が大きくなった時にトカゲ尻尾きりをするためという見方もある。

このままサービスを続行するかに思われたが、リリースから3日後の4月27日サービス終了のお知らせを公式サイトに掲載。「これ以上ゲーム継続する事が出来ない」として4月29日午前10時全終了すると宣言し、「私たちのゲームを巡る問題点について、関係者の方々にお詫び申し上げます」と謝罪した。27日20時を以ってゲーム課金が停止し、返も受け付けるようになった。一説によると日本からの批判は想定済みだったが、内からの批判想定外だったらしい。翌28日、ツイッターでトレンド入りを果たすの快挙を成し遂げた。

そして宣言通りにサービス終了。ストアからアプリ削除され、わずか5日の命で生涯を終えた。盗作…それは何時の世にも存在し、人知れず消えていくもの。図らずも遭遇してしまった、この幻をどう評価すべきなのか…。

おまけ

人権派格闘漫画テコンダー朴」の広報アカウントが鬼殺の剣に言及しており、シュール独自の理論を展開して鬼滅の刃の起は鬼殺の剣だとしている。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/25(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/25(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP