魔夜峰央 単語

21件

マヤミネオ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

魔夜峰央とは、日本新潟県出身の漫画家であり、家族バカである。

本名:山田峰夫
別名:ミーちゃん

概要

高校2年の夏休み中の8月28日より漫画を描き始め、大阪芸術大学入学したが二年で中退自称卒業)。1973年、本名にて『デラックスマーガレット』の『見知らぬ訪問者』でデビュー。後に現在ペンネームに。デビュー当初こそ、今でも得意としているオカルトホラーもしくはミステリー調のシリアス路線なのだが、『ラシャーヌ!』連載開始以降はギャグ路線へと方向転換を始める。そして、『ラシャーヌ!』と同時期に現在も続いている代表作『パタリロ!』の連載を開始。

以後、『パタリロ!』を続けつゲームキャラクターデザインを手がけたり(そのドサクサで『ラシャーヌ!』のキャラを出しているのはご嬌)、声優業や歌手業にチャレンジしたり、家族エッセ漫画を描いたりと、精的に活動中。『パタリロ!』で同性愛描写を使用しているのだが、作者自身はノンケである。

妻はバレエダンサー山田芳実。奇しくも出会った歳がマライヒとバンコランと同じであった。妻との間に一男一女をもうけており、その仲ましい様子ははみパタやエッセイなどで伺う事が出来る。そして、山田マリエも漫画家デビュー。だが、幼少の頃に彼が「ポーの心臓」「と木の」を必須書籍にしたこと、当時連載していた雑誌である「麗人」ので見事なまでの腐女子に育ってしまった。マリエ本人も世間的によろしくない趣味なので隠そうとしたが、田中圭一のインタビューを受けたことに加え、ミーちゃんのという理由で少なくとも業界内では隠せない模様。なお、息子マオプロバレエダンサーとして活動する一方、マリエと共にバレエ教室バレエを教えている。

悪魔妖怪関係の知識(田舎には何か潜んで欲しいという人文科学興味がきっかけ)と宝石知識(持ち運べる財産として調べ始めた趣味)に長けており、これらの知識が自身の作品で存分に生かされている。例えばミステリートリックに使ったりとか。

見たの特徴はタモリに似た格好をしている事。その魔夜アシスタントが「笑っていいとも!」の企画に出演した際、本人も乱入して来た。スタジオ混乱したに違いない。

しかし、リーマンショック庭の懐事情が厳しくなり、ついにはこれまで蓄えていた宝石を質に飛ばしても苦しさを脱する事が出来ず、妻・芳実のバレエスクールの収入でも庭を支えられるか微妙生活へと陥っていった。しかし、『翔んで埼玉』のリバイバルヒットにより貧乏から脱することが出来、続いて一度はパタリロ役にふさわしい腐れハンペン美形ではない俳優が見つからずに断念した「パタリロ!」の実写メディア化も行われ、好評であった。

関連動画

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP