今注目のニュース
    耳毛キュートなワイルドキャット「カラカル」の子猫。お腹がすいたときの鳴き声のピキピキ感がすごい(要音声)
    【あ、降り口ここや】高速のど真ん中で急停車し大事故を引き起こすも完全シカトする運転手!
    年収2000万の人は"満員電車を知らない"

    魔改造単語

    マカイゾウ

    掲示板をみる(115)
    • twitter
    • facebook
    • はてな
    • LINE

     

    マ・カ・イ・ゾ・ウ

    魔改造とは、単なる改造ではない。そこに、人のと夢とロマン若干謀さが入ったものである。

     

    概要

    言葉の初出は漫画プラモ狂四郎」(4巻、南郷快山との初対決)からであり、作中で模型同士が合体して人になったりと、スケールモデルアニメモデルの性を持たせる事を「魔改造」と呼んだ。実は合体したかのように見せて別の物にこっそりと入れ替えるトリックだった。

    それが転じて、模型以外に実機の改造まで含めて、通常有り得ない様な改造を施すことを魔改造と呼ぶようになったのである。

    ニコ動では実に広範な「有り得ないほど改造された物」をして使われているが、それ以前は匿名掲示板美少女フィギュア水着ヤスリ掛けし、全裸にして細部まで造形を加えたり、塗装して再現するなどの改造(技法自体はネットで広まる以前から一部の雑誌であったという。)や先に述べた模型改造してそう呼んでいた。(ニコ動民ではない人とのやりとりでは注意が必要かもしれない。)なお、タミヤ催の「人形改造コンテスト」の過去の入賞作の写真などを見ると分かるが、原(「ミリタリーミニチュア」というシリーズ名からわかる通り軍人のモデルばかりである)を全くとどめないまでに(この場合エロとは関係なく)フィギュア改造する、という行為は古くからおこなわれている。

    ニコ動におけるいわゆる「魔改造」は、実に多様である。模型フィギュア改造はもちろん、や二輪(大衆スポーツエンジン載せ換えや、本来の原に留まらない改造や、外見は普通だが中身がまったく別の物)や鉄道、既存の機械狂気を感じさせる驚くべきような改造をする事である。mugenなどゲームキャラゲームそれ自体の改造に加え、宇宙戦艦ヤマトに施される真田技師長による改造などが含まれる。

    現実社会においては、かなり古い兵器や、敵国から鹵獲した兵器を現代の運用が可なように原が思い出せないほどの改造を施しちゃっているイスラエル国防軍(IDF)のケースが代表的。
    中東戦争アラブ軍が大量に遺棄、あるいは鹵獲したT-54/55戦車とっぱらって(場合によってはエンジンまで載せ替えて)兵員輸送にしてしまったアチザリット英国から購入したセンチュリオン戦車取っ払って、密閉室の戦闘室を乗せ、対戦車ロケット対策にERA(爆発反応装甲)付けて、もはや原も思い出すのが困難なナグマホン、M48/M60戦車をこれでもかと改造したマガフなどのケースがある。英国面とは一味違う「そこまでやるか」感が漂うのがIDF兵器醍醐味といえるだろう。
    ガワ(外面)が変わらないのに中身が全然違う魔改造ケースもある。代表的な事例は航空自衛隊F-4EJファントムF-2導入をめぐるすったもんだの余波なのか、大体のF-4運用軍はF-16を購入するはずなのだが、日本は中身の装に取り掛かる。結果的にF-4EJとなって初期F-16と変わらない電子兵装(アヴィオニクス)、データリンク、対艦攻撃を手に入れた。(まぁ、導入時にあれこれ機取っ払ったのもあって元に戻したようなもの、という意見もありますが)。

    船の世界では、乗客や荷物の搭載量を増やすために船を改造するケースが多々ある。特にクルーズ船などでは船体をっ二つにぶった切って、その間にユニットを増設する、もしくは上部にユニットを増設するなど。ただし、船はバランスを崩して増設すると重心が高くなって転覆する危険性が高くなることから慎重に行わなければならないにも関わらず、計算もへったくりもなく秩序に行うケースが後を絶たない。その結果、改造を要因の一つとした難事故が多発している。(アルサラム・ボッカチオ98ドニャ・パス、セウォル号など) この場合は悪い意味で魔改造だといえる。

    日本国内のインターネットそのものについてもWIDEプロジェクトによる魔改造が頻繁に入っている。WIDEプロジェクト自身が学術団体であるために政府認のように思われてることが多いが、実質はまず改造を試してうまくいったらそのまま内のインターネットにそのまま転用するという形をとっており、上記におけるガワ(外面)が変わらないのに中身がいつの間にか差し替わっているという意味での魔改造に該当する。

    共通しているのは、どれも“通常では考え付かない”ような改造であると同時に、その発想と技術がなかなか真似出来ないものであるという点だ。

    関連動画

    関連項目

    掲示板

    急上昇ワード

    最終更新:2018/10/18(木) 13:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/10/18(木) 13:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP