今注目のニュース
中川パラダイスさん「僕も不倫中」公言で妻激怒、「女の子大好き」これだけのリスク
日本ベンチャーの“空飛ぶバイク”、来年出荷 2023年には公道走行を目指す
周囲を気にせずに自分だけが起きられる!光と振動で起こしてくれる「アイマスクアラーム」

魔法使い単語

マホウツカイ

  • 12
  • 0
掲示板をみる(146)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

魔法使いとは、魔法の使える人物のことである。

概要

魔法使いは古くから小説や童話などで登場し、現在小説映画ドラマアニメゲームなど幅広いジャンルで題材となっている。

なお有名な都市伝説に「30歳まで童貞だったら魔法使いになれる」というものがあり、起2ちゃんねるで立ったスレッドである。と誤解される事が多いが、ネタの初出は実際には「自動アンケート作成」というサイトである。

様々な魔法使い

魔法使いは作品によって様々な呼び方があり、種類も多様である。

まどうし(魔導師・魔道師・魔導士・魔道士)

基本的に魔法使いと同じだが、漢字によって若干意味が異なる場合がある。

魔術師(マジシャン)

魔術師も基本的に魔法使いと同じだが、特に高い知識・技を持つ者として使われる場合がある。

ウィザード

ウィザード男性魔術師。wise=「賢い」からのであるため、ソーサラーやウォーロックよりも高い知識・技が強調される。

賢者(セイジ、ワイズマン)

ワイズマンは魔法使いや賢人、セイジ(セージ)も賢人という意味。
こちらの句も「特に高い知識・技を持つ魔法使い」をす言葉として使われる場合がある。
賢者 

魔女(ウィッチ)

黒魔術を使い、人に厄災を与える魔法を使うとされる人間
基本的に女性限定だが、古い用法では男もwitchと呼ばれることがある。たとえば指輪物語に登場するアングマルの魔王(男)は、Witch-king of Angmarという。
魔女

ウォーロック

ウォーロック男性魔術師古英語waeloga「誓約破り」「詐欺師」「悪魔」のであるため邪悪なイメージが強く、World of Warcraftでは悪魔を召喚する職種になっている。

ソーサラー

(悪霊の助けを借りた)魔術師・妖術師。女性形はソーサレス。

チャーマー

魅惑者。「魅的な人」という意味もある。→charm

基本的に魔法使いと同じだが、マジシャンやソーサラーなどにべて職業名になることはほとんどい。

メイガス

もとはゾロアスター教祭や、キリストを祝福した東方の三博士歴史的用。転じて、ファンタジー作品では高位の魔法使いをすことがある。複数形はメイジャイ(Magi)。

メイジ

メイガスから生したで、やはり高位で学究肌の魔法使いをすことが多い。

幻術士(イリュージョニスト)

相手に幻を見せ、「それが本当に起こった」ように錯覚させる。バキにおけるカマキリとのスパーリングみたいなモンだと思えばいい。

精霊使い(ドルイド、エレメンタリスト)

ドルイドはケルト社会における祭のこと。架の作品では、精霊を召喚したり変身して肉弾戦を挑むといった自然を操って戦う。

召喚士(サモナー、カンジャラー)

精霊やら何やらを召喚し、自身の使い魔として使役する術士。東洋の「陰陽師」もこれに当たる。
コンジャラー

なお、「召還」という言葉も存在しており、言葉の意味と作品の設定を踏まえないととても誤用しやすい。例えばファイナルファンタジー3では「召喚」が、ウィザードリィ4では「召還」が正しい使い方となる。

祈祷師(シャーマン)

祈祷によって様々な事を起こす。呪いだったり回復だったり。治療中心の場合は「ウィッチドクター(呪術医師)」とも呼ばれる。
シャーマン 

呪術士(カースメーカー)

祈祷師に近しい存在だが、こちらはどちらかと言うと「相手を呪ってマイナスを起こす」のがメインとなる。

死霊術士(ネクロマンサー)

ネクロマンサーは死者と交霊を試みる術士。フィクションでは悪霊、霊を操ったり、死体をゾンビ化して使役したりする。マイナスイメージが強いため、大半の作品では敵方扱い。

リッチ

生前強な魔法使いだったものがさらなるめてアンデッドと化した存在。大半の作品では敵だが、まれに味方ユニットキャラとして使える場合も。言は「死体」を表す英古「Lich」。

付与術士(エンチャンター)

元々のエンチャンター(enchanter)は魔法使いと同じだが、「ソード・ワールド2.0」「EverQuest」「ログ・ホライズン」などにて付与術士(付与術師)となっている。

この付与術士は物体に魔を吹き込んで操ったり、対の状態を強めたり弱めたりと、直接攻撃よりも補助的な魔法を得意とする。マジックアイテムの製造を行う作品もある。 

風水士(ジオマンサー)

を操ったり、地脈からを吸い上げて様々な事を起こす術士。

超能力者(サイオニック、サイキッカー)

「テレキネシス(念動)」、「パイロキネシス(発火)」といった超能力を駆使して戦う。

錬金術師(アルケミスト)

錬金術の副産物(品生成等)を用いて戦う。最近では某漫画の影からか、「役に立つ装備品や品を錬成する」を有する作品も多々見受けられる。

薬師(メディック、ハーバリスト)

薬師品による治療を行う回復担当。作品によってはあやしいを調合してドーピングを行えたりもする。

吟遊詩人(バード)

さまざまな効果のある呪歌を歌う支援役。縁の下の持ち的存在だが、「The Bard's Tail(吟遊詩人物語)」のようにタイトルに冠せられた上に役級の活躍を見せる作品もある。

魔法戦士(ウォリアーウィザード)

武器も魔法も扱える万選手だが、魔法使いよりも強い魔法は使えない器用貧乏にされがち。武器に魔法をかけて作った魔法で戦う作品もある。
魔法戦士

聖職者(クレリック、プリースト)

その世界における宗教僧侶加護による回復魔法などを扱うが、多くの作品では官と魔法使いの魔法は別系統と設定されている。官が魔法使いを異端者と見なしている作品もある。

関連動画

関連項目

関連タイトル・キャラクター

単独記事のある魔法使いキャラや、タイトルに魔法使いが入っていたり役級が魔法使いの作品など。
職業の一つとして魔法使いが出るだけのゲームまではタイトルに含めない。
魔法少女の作品一覧」の掲載対は除外。「魔女」や「錬金術」なども参照。 

キャラクター(クラス含む)

タイトル

曲名

ニコニコ動画

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 02:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP