鳳凰単語

ホウオウ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
伊藤若冲作『日出鳳凰図』
伊藤若冲『日出鳳凰図』
作画はくはくさん)

鳳凰とは、中国伝説上の霊である。

概要

」は雄を、「凰」は雌を表し、古くは「」と呼ばれた。

360種の羽を持つ動物の長であり、天子の治める平和な世にのみ姿を現すとされる。鳳凰が飛ぶ時には、その徳によっても起こらず、河川も溢れず、木も揺れないという。そして、鳳凰がを飛べば、他のもその後をついて飛び、鳳凰が死ねば多くのが嘆き悲しんだという。

古代中国の書物『礼記』では麒麟(霊)・応龍)とともに特別な瑞「四霊」(もしくは四瑞)のひとつであり、安を表すとされた。これは鳳凰が雌雄一対であることから、陰と陽の対立を持って調和をなすとする陰陽思想から来ている。

(アオギリ)という木にのみ巣を作り、の実と甘露のみを食物とした。

鳳凰は縁起のよいであることから、多くの美術品や建築物にその意が使われている。日本では平等院鳳凰堂宇治市)や鹿苑寺閣(金閣寺京都市)の屋根にあるものが有名。特に鳳凰堂屋上のものは2004年から発行の現行一万円札裏面にも描かれている。

姿かたち

孔雀に似ていて、5色に美しい。詳しい容姿については諸説ある。

中国最古の地理書『山経』では「の頭にツバメ、首が、尾は背中の五色にいている」とされた。別の説では前が麒麟、うしろが鹿のような姿とも。

江戸時代日本の書物『和三才図会』には、「前面はヒシクイ、後面は麒麟ツバメ、くちばしは、首は、尾は、額はコウノトリの先はオシドリ、の模様に背中を持ち、羽は5色で高さは4~5尺ある」と書かれている。

鳳凰と朱雀、フェニックス

鳳凰は本来つかさどる瑞とされたが、「万物は木・火・土・の5種類の元素から成る」とする五行思想の流行後は四方をつかさどるのうち南方を守護する「朱雀」と同一視され、火の属性を持つと見られるようになった。このため、フィクションなどで鳳凰がモチーフにされる際にも、火にからめて描写されることが多い。

またこのことから、西洋の不死鳥である「フェニックス」と混同されることもある。南星座である「ほうおう座」は "Phoenix" の訳に「鳳凰」をあてたものであるが、本来の鳳凰とは関係がない。

創作作品における鳳凰

その他の鳳凰

関連商品

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/31(土) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/31(土) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP