鶴見線単語

ツルミセン

1.3千文字の記事
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

鶴見線とは、神奈川県に存在するJR東日本鉄道路線の一つである。

概要

鶴見駅と扇町を結ぶ路線の他、浅野海芝浦駅を結ぶ支線、安善大川を結ぶ大川支線で構成される。全線が直流1.5kVで電化されている。

現在は全線において205系の3両編成で運転されているが、90年代中期頃まで支線には色い旧電車が往復していた。

鶴見線の沿線は埋立地であり、開業当初はほとんどの場所に地名が存在していなかった。そのため、どのが近くにあった工場などの施設や、この地に関係のある実業名前から取られたものとなっている。
たとえば「国道」「昭和」「芝」はいずれも地名ではなく、それぞれ第一京浜国道昭和電工、芝製作所(東芝の前身)に由来する名称である。

浅野のあたりまでは地を通過し、住宅も多いが、そこから先の沿線は小さな商店が点在する以外は工場しかないため、通勤・帰宅と昼休みの時間帯以外は利用客が少なく、すぐそこにある大都会の喧騒などまるで縁であるかのような時間が流れている。これが鶴見線が「都会の中のローカル線」とも言われる由縁である。

起点となる鶴見駅の他は無人駅である。そのため鶴見駅の乗換口には長きに渡って中間改札が設けられていた。しかし2022年3月1日に中間改札止され、同時に鶴見線の無人駅では自動券売機も止となった。
このため鶴見線内の無人駅から鶴見駅もしくは更に乗り換えてその先に向かう場合、切符購入による改札(以前の中間改札利用)の代替として、鶴見駅を除く鶴見線各に設置された乗明書発行機で明書を受け取り下で精算する方式に変更された。SuicaなどICカード乗車券の場合、無人駅では従来通り簡易Suica改札機による改札を行えるが、自動券売機はいのでチャージが出来なくなった。

なお南武支線との乗換である浜川崎駅は、開業時は別会社だったこともあり舎が分かれているため、もとより中間改札は設けられていない。
稀に駅員無人駅改札口に立つこともある。
扇町など一部のではが飼われており、電車の来ない間は駅員(普段からいる駅員らしき職員はJR貨物の貨物取扱のための作業員であり、改札業務は行わない)が餌をあげてたりする。のどかである。

駅一覧

※全列車に停する

鶴見線(本線
駅番号 乗り換え路線、○周辺施設
JI 01 鶴見駅 JR東日本 京浜東北線京浜東北線
JI 02 国道駅 第一京浜国道国道15号線
京急本線 花月園前駅
JI 03 鶴見小野駅  
JI 04 弁天橋駅 ○鶴見線営業所 
JI 05 浅野 JR東日本 鶴見線(支線)
JI 06 安善 JR東日本 鶴見線大川支線)
JI 07 武蔵白石駅  
JI 08 浜川崎駅 JR東日本 南武線南武支線
JI 09 昭和 昭和電工川崎事業所
JI 10 扇町  
支線
駅番号 乗り換え路線、○周辺施設
JI 05 浅野 JR東日本 鶴見線本線
JI 51 新芝 東芝事業所
JI 52 海芝浦駅 公園
東芝関係者以外は公園以外出場不可
大川支線
駅番号 乗り換え路線、○周辺施設
JI 06 安善 JR東日本 鶴見線本線
JI 61 大川  

関連動画

関連項目

外部リンク

JR東日本 鶴見線の駅exit

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/05(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/05(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP