黄泉単語

ヨミ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

黄泉(よみ)とは、以下のことをす。

  1. 死後の世界冥界、霊界など)のこと。本稿で記述する。
  2. 人物名。
  3. 曲名
  4. その他

概要

日本神話に登場する死後の世界。その中国の五行思想で、「地中の」を意味する。このため地下の世界説がある。日本書紀では黄泉、古事記では黄泉のと書かれている。前者は黄泉を単なる場所としているが、後者はれっきとしたとしている。このため古事記には黄泉(よもつかみ)という統治者が登場する。常世の世界死亡した人物は黄泉のへと転生し、生前と変わらず生活を送る。死後の世界とされているが、生きている人間も行く事が出来るという特異な点がある。ただし黄泉にある食べ物を食べると強制的に住人扱いとなり、生者の世界へ帰れなくなってしまう。時間の流れは黄泉の方がいという。

日本書紀では坂(よもつひらさか)、古事記では黄泉比良坂が現世と黄泉の界線になっており、黄泉の出入り口になっている。日本神話では死亡したイザナミを連れ戻そうと、イザナギがこの場所を通った。

黄泉は穢れており、膿んでいたりが湧いていたりとホラーテイストである。ゆえに罪や穢れが集まる場所とも言われている。「出雲土記」によると、の中で黄泉に至るへ入ると必ず死ぬとされる。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/24(木) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/24(木) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP