黄泉がえり単語

ヨミガエリ

3.2千文字の記事
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

黄泉がえり(よみがえり)とは、梶尾真治SF小説である。

概要

タイトルは"死者が黄泉から帰って来る"[1]という意味で、熊本市およびその周辺エリアで亡くなった人が大量にってくるという超常現象と、それにより生じた人々の関わり合いを描く群像劇である。もともと1999年4月から約1年間「熊本日日新聞」の夕刊に連載されたもので、そのため作中には熊本県内に実在する地名や学校名などが数多く登場している(なお、作者の梶尾も熊本生まれ熊本育ち熊本在住である)。

単行本は2000年10月新潮社から刊行。2002年11月新潮文庫文庫化された。単行本化の際に、新聞連載時にはなかった超常現象に関するSF的な説明の描写が追加されている。文庫版も一時期は品切れになっていたが、後述の続編刊行時にカバーを新しくして増刷され、現在は新品で入手可

なお作品の後半では「益町下を走る布田川活断層の熊本市寄りの地域」で「震度7の揺れ」を観測する巨大地震が描かれている。2016年に発生した熊本地震[2]の際、この設定があまりに酷似していることが話題となり、梶尾もしい人から「予知だったのでは」と言われたことがあるという。その後、梶尾はこの地震を機に続編『黄泉がえりagain』を執筆。こちらも熊本日日新聞夕刊において、2017年7月から約1年連載され、2019年2月新潮文庫から文庫オリジナルで刊行された。

ほか、スピンオフ短編として「黄泉びと知らず」があり、同題の短編集(新潮文庫刊)に収録されている。「黄泉びと知らず」は2004年に第35回星雲賞日本短編部門を受賞。収録短編集は品切れだが、電子書籍で読める。

劇場映画版は2003年開され、行収入30億円の大ヒット記録した。原作小説とはストーリーが全く異なっており、どちらかといえばSFというより恋愛ファンタジー的な作品になっている。RUI柴咲コウ)の主題歌しずく」を覚えているという方も多いのではないだろうか。

あらすじ・登場人物

上記の通り映画小説ストーリーが別物であるため、それぞれ分けて記載する。

小説

1999年5月熊本市で火の玉らしきものの情報が肥之日報[3]に寄せられ、また、熊本地方を震とする震度1の地震が観測された。この後、死んだはずの人が熊本市内で次々にるという超常現象が起き、新聞記者川田はこの現について取材をしていくことになる。

小説・続編

熊本地震から1年3ヶが経った2017年7月熊本で再び黄泉がえり現が起きる。17年前の黄泉がえり現新聞記者として取材し、その後フリーライターとなった川田太のもとにも、2年前に逝去した母親黄泉がえってきた。その後川田は17年前に黄泉がえった相楽周平が失踪したことを知り、そのであるいずみと出会う。

映画

熊本県阿蘇山周辺で死んだ人がるという超常現象が起こる。厚生労働省職員の川田太は、自分の生まれ故郷でもある現地に派遣され、現について調を進める。やがて山中で巨大なクレーターが発見され、また現に対する研究も進められていく。

関連動画

関連商品

小説

映画

その他

関連項目

脚注

  1. *る(よみがえる)という動詞のにもなっている。
  2. *4月14日前震4月16日が本震
  3. *ローカル新聞社だが、住所熊本日日新聞のそれと同じ
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/05(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/05(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP