今注目のニュース
NHK、見逃し番組視聴サービス「TVer」に参加 26日から 受信契約の対象にはあたらず
セカオワ・Fukase、泥酔投稿にファン驚き 「危険な香りが…」
フォーリンラブ・バービーに起こった悲劇 「天罰下りました」

黄金の日日単語

オウゴンノヒビ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

黄金の日日とは、1978年に放送された第16作NHK大河ドラマである。

概要

安土桃山時代にルソンとの海外貿易で活躍した商人・呂宋助左衛門主人公とし、大河ドラマでは初めて庶民の線から戦国時代を描いた作品。史実では助左衛門にまつわる記録や伝承は非常に少なく、ルソンを拠点にした貿易関係以外はほぼドラマオリジナル設定である(石川五右衛門杉谷善住坊幼馴染という設定も本作の創作)。

また、戦国時代独立商業都市として発展したそのものが事実上もう一つの主人公となっており、戦国大名と対等以上に渡り合ったが、やがて織田信長豊臣秀吉の権増大によって圧迫され、キリスト教の迫と共に滅び去っていく栄枯盛衰も描かれた。

1965年に放送された第3作大河ドラマ「太記」でそれぞれ秀吉信長役で人気を博した緒形拳高橋幸治が、再び同役を演じたことでも話題となった(大河ドラマにおいて同じ役を、別の大河で再び演じるのはこれが初となる)。特に緒形拳秀吉は、序盤こそ「太記」と同様明朗活発な人物だが、権者となってからは徐々に闇落ちして、晩年には吐き気を催す邪悪とも言うべき冷酷で残悪役に変貌していく様が描かれた。

物語の前半で、助左衛門が航で遭難してルソンに漂着してからしばらくは、フィリピン舞台となる。これにあたり、NHK制作フィリピンでの大規模なロケを敢行。当時フィリピンは、太平洋戦争が糸を引いて日本との関係はあまり芳しいものではなかったが、本作のロケで全面協体制を行った結果、両の関係修復にも繋がった。

脚本家三谷幸喜は、この前年に放送された幕末舞台の「」と共に本作を大河ドラマの最高傑作と評しており、2016年大河ドラマ真田丸」では9代松本幸四郎(当時)が38年ぶりに助左衛門を演じて往年の大河ファンを歓喜させた。

スタッフ

キャスト

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP