黒夜叉単語

クロヤシャ

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

黒夜叉とは、北斗の拳に登場する北斗の拳士である。

概要

ケンシロウの従者で羅殿の番人。背は非常に低い。ジュウケイより強いらしい。義・遊昇凄舞という破対策の技を持っている。

ヒョウケンシロウ対決で唐突に初登場。ケンシロウに代わりヒョウ対決し一度は破を破るが、ヒョウはそれの対策をしており、自壊羅糸で逆に腕をられる。めて破を仕掛けられ逆に倒されそうになるが、ケンシロウわれる。以降はケンシロウヒョウ対決を静かに見守った。

ヒョウ戦後は実質的にヒョウの従者になり、カイオウ陸戦隊との戦いにも参戦。瀕死になったことでヒョウより一足先に死出のについた。

その後、彼の遺体がどこに埋葬されたのかは不明。なお、ヒョウは死後、カイオウにより溶岩の中に埋葬される。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/27(木) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/27(木) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP