黒子テツヤ単語

クロコテツヤ

3.5千文字の記事
掲示板をみる(150)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ネタバレ注意

この記事は、主人公異常に薄いため、記事全体が薄く淡い色で構成されています。見にくい方はCtr+Aで反転させると、多少見やすくなるかもしれません。

黒子テツヤ(くろこ テツヤ)とは、週刊少年ジャンプで連載していた漫画黒子のバスケ」の主人公である。

CV小野賢章TVアニメ) / 小清水亜美VOMIC

概要

TOP画からも分かる通り、異常なまでに影の薄いことが特徴。

プロフィール

私立高校1年生
身長:168cm、体重:57kg
誕生日:1月31日水瓶座
血液型:A型
背番号:11番(中:15番)
座右の銘:一期一会
好きな食べ物:バニラシェイク
趣味:読書人間観察
特技:簡単な手品

人物

中学校男子バスケットボール部出身であり、全中3連覇を成し遂げた「キセキの世代」と呼ばれる5人の天才からも一置かれた『幻の6人』。水色と瞳を持つ華奢少年

常に無表情かつローテンションであり、に対しても丁寧で話すなど礼儀正しく大人しい。しかし、 一方で熱い闘志と強いこだわりの持ちでもあり、言いたい事は丁寧ながらもストレートに発言する。また、立たないだけで実は行動的であり、気付かれない内によりも速く積極的な行動に出る事もある。さらに意外にも攻撃的であり、膝カックンや手刀、回転させたボールを鼻にらせたり、顔を押さえつけたり、背中アイス入れたり、足持って引きずったりなど、時に友人チームメイトに容赦ないツッコミを加えることもある。それでも基本的には冷静な性格であるため、直情的な火ストッパーとして働くことが多い。

中時代当初は運動の低さが災いし、長く三軍から上がることができず挫折しかかったが、一年のに偶然三軍が使っている体育館にのちに中学時代の相棒となる青峰大輝が足を運んだ事で一緒に練習するようになり、峰と同じく一年で一軍メンバーであった赤司征十郎にその才を発掘される。レギュラー時代は「勝つことがすべて」という理念を受け入れていたが、三年の全中時の「ある出来事」を切っ掛けに部の方針やチームの在り方に疑問を感じ、バスケ部を退部。その後、高校入学までバスケットボールから離れていた。

現在高校バスケ部に所属。現在相棒である火神大我とともにチーム全体が結束した上での勝利している。

プレイヤーとして

身体ぶっちゃけありえないほどものすごく低い。スタミナもく、練習中にもよくのびている。 更に、リコの分析く、現時点で既に限界値近くまで鍛えてしまっているので、今後の大幅な向上も期待できない。 バスケの技術も「ドリブルシュートは素人に毛が生えたようなもん(火談)」で、フリーにも関わらずレイアップシュートを外すほど。1on1なら相手が普通レベルの選手であれば、まず間違いなく負けるであろうレベルで、要するにめちゃめちゃ弱い

だが、自らの存在感の薄さに加え、持ち前の並外れた観察眼を利用して敵の視線や意識を自分以外に誘導する「視線誘導(ミスディレクション)」という手法を使い、「気が付くと通る」パスの中継役となり、麗なスティールとパスワークチーム得点に導く。 彼の技術は全てそのような連携及びサポートに特化したスタイルであり、故に中学時代もチームメイトからは「自分達とは異質な強さ」と認識されていた。

必殺技

主人公なだけあって、多くの必殺技を持つ。

黒子プレイスタイルの根幹を成す技術。元々は手品師などが用いる視覚テクニックの総称。 持ち前の「影が薄い」という体質を利用し、更に自身の並外れた観察眼によって他者の視線や意識を誘導することでその性質に拍を掛ける。この手法を応用することで相手に視認されずにコートを動くことができ、有効なスティールやパスを生み出すことが可となる。 但し、相手も徐々にその存在感に慣れていってしまうため、一試合40分間連続フル活用不可能という欠点がある。また、黒子だけに意識を集中させないを持つ高尾や、黒子存在感に慣れている相手などにも効き辛い。 そのため、同じ相手との二回以降の対戦では効減する。

ミスディレクションが切れた時に初めて使えるようになる黒子の切り札。見えない状態から「見えるようになった」ことを逆に利用して自分に視線を引きつけ、後述の「消えるドライブ」の火役をすることで他の仲間に「消えるドライブ」と同じ効果を与えてサポートをする技。ただし、ミスディレクションの効果が切れなければ発動できないため、試合終盤にしか使用できない。また、ミスディレクションのタネを自分から明かす事になるため、この技を使った相手には二度と通常のミスディレクションが通じなくなってしまう。他にも、シュートしようとする相手の視線を誘導し、シュートの精度を低下させることもできる。

遠心力をつけることで一気に速させ、コートのエンドラインからエンドラインまでをぶった切るほどのパスを出す。攻守が入れ替わる間に素く敵へ切り込めるカウンター技。

パスを中継するとき単にパスの方向を変えるだけでなく、底で押し込んでその速度を急に上げる。単にパスルートを読むだけでは防げなくなると言う効果を持つ、一種の力技。 強ゆえに受ける側の負担も大きく、当初は「キセキの世代」と火神のみが取れるパスであったが、他の部員たちも特訓で鍛えたことによってキャッチ出来るようになった。ただし、キャッチした時の衝撃が大きいため火以外のメンバーは何度も続けてキャッチすることは困難なようである。

大きく踏み込むを使ってボールしく螺旋回転(軸が進行方向に行)させることで威を上げた強化版の加速するパス。ボールに触れたプレイヤーの腕を弾き飛ばすほどの威を持つものの、威が強すぎるのために通常の加速するパスを取れるようになったメンバーは取れない。また体全体を使って投げるパスを回す必要があるため黒子への体の負荷が大きく、連続では使用できない。

IH決勝リーグ皇戦で峰に惨敗し、自分のスタイルが通用しないことを思い知らされた黒子が新しく考案したドライブボール以上に存在感のある味方選手(作中では火がこの役を担う)が相手の視界にいる時に、その視線をその選手に一だけ誘導して、その隙をついて斜めダックインして相手を抜き去るというもの。相手からすると黒子が消えていつの間にか後ろに抜かれたように感じる。黒子はそれまでほとんどボールを持つことはく、一ボールから離れるパスのみを専門としていたが、これにより「ボールを保持したまま」ミスディレクションを行えるようになった。「キセキの世代」である間や、を持つ高尾でさえも突破したが、峰には黒子一人に意識を集中することで突破を阻止されている。

黒子自身が得点を取れない』という弱点をするために体得したシュート。相田虎のマンツーマン導においては開しなかったものの、WC本戦一回戦の後、青峰大輝との特訓で『シュートの際にもパス同様を使ってしまう悪癖』を逆手に取った変則フォームを完成。そこから黒子自身の錬磨によって必殺のシュートへと昇した。左ボールを支え、右で上に押し出すようにして放つ変則フォームで、放ったボールが敵の視界から「消えた」後、ゴールリングに入る。原理としては、低い位置からシュートをすることによってDFの視線を下げさせ、そこからボール急上昇させることによってDFの視界から一ボールを外させる。さらに通常のシュートタイミングよりく、DFの視線を火へ誘導によってDFにはあたかもボールが消えたように見える。ただしDFがブロックしようとジャンプせずにバックステップして後ろに下がった場合は効果がない。また、黒子シュートセンス自体は並以下であるため、命中率は五割から六割程度である。

関連動画

黒子テツヤで関連動画検索exit_nicovideo

関連静画

黒子テツヤで関連静画検索

関連商品

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 148ななしのよっしん

    2022/04/09(土) 18:01:28 ID: Zj6QDszjUn

    他の奇跡の世代に隠れてるけどこいつも大概性格悪いよな

  • 149ななしのよっしん

    2022/05/01(日) 03:36:05 ID: ojEviJ8jUt

    は猛
    黒子間はいい性格してて
    の順でヤンキー度合い高くて
    赤司切れたナイフだな

  • 150ななしのよっしん

    2022/05/02(月) 22:24:16 ID: e+2g7lrHHW

    イグナイトパス出来る時点で非だよなw

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/06(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/06(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP